つくばエクスプレス

◇路線概要

秋葉原~つくばの58.3kmを最短45分(快速)で結ぶ。略称TX。※秋葉原-南流山:20分、流山おおたかの森:25分、守谷:32分(いずれも快速での最短時間)

※運行種別
・快速(秋葉原-北千住間各駅、南流山、流山おおたかの森、守谷、つくば)
・区間快速(秋葉原-北千住間各駅、八潮、三郷中央、南流山、流山おおたかの森、柏の葉キャンパス、守谷-つくば間各駅)
・普通(各駅停車)

 つくばエクスプレス:公式サイト(運賃、時刻表、沿線ガイドなどはこちら)

 ・編成増強と南流山駅ホーム拡張(11.01.13)
 ・新築戸建の購入採算ライン(つくばエクスプレス)(10.10.11)
 ・つくばエクスプレス、ダイヤ改正し夜の運転増やす(10.09.18)
 ・つくばエクスプレス開業5年を過ぎての地域事情と住宅購入(10.08.25)
 ・つくばエクスプレスダイヤ改正(08.09.17)
 ・つくばエクスプレス沿線の現状(08.08.21)
 ・つくばエクスプレス開業1年(06.08.24)

秋葉原,北千住 ←南流山
流山セントラルパーク流山おおたかの森
柏の葉キャンパス柏たなか
守谷→ つくば

※総評

・生活や資産価値を考えると昼間2本/時間の“みらい平”と“みどりの”はきついか。他2駅は研究学園都市の支えがあり。 同様に“セントラルパーク”と“柏たなか”も少しマイナス評価も。マイナスの裏にはプラスもあるので、短絡的にではなく総合的にご判断を。

・なお、守谷以東の本数が少ないのは、秋葉原-守谷間が直流に対し、守谷-つくば間が交流になっており、交直両用の車両が少ないのが影響している。

・朝のダイヤ編成は普通から快速・区間快速へと乗り継ぎがしやすく組まれており、おおたかの森駅ではどちらかに、2本に1本は八潮駅で区間快速へ乗り継ぐことが出来るので、普通のみの停車駅でも時間短縮が可能。

・北千住、秋葉原での乗り換え路線沿線、新御徒町から大江戸線沿線へ通勤される方には利便性大。

・千葉県内の駅周辺は区画整理が遅れており、実質徒歩圏の宅地や住宅はほぼ皆無。旧住宅地のみでの住まい探し、開発の遅れ(供給不足)から周辺地価上昇。→供給が出始めたら地価は。。。

・大型商業施設が来年以降オープン予定も、沿線の商業施設は少ない。

(平成18年現在)


仲介手数料半額・中古マンション
サブコンテンツ

このページの先頭へ