京成電鉄本線

◇路線概要

上野~高砂~船橋~八千代台~佐倉~成田を結ぶ京成電鉄の本線。東京と千葉を結ぶ総武線と重なる点も多い。京成電鉄は上野・千住方面から徐々に南へ近づき、小岩駅辺りから総武線と並走する。この状態は津田沼駅辺りまで続き、JR・京成共に佐倉・成田へ繋がるが、京成は津田沼から斜めに入り、JRは千葉駅経由で迂回している。

国府台~京成津田沼間は総武線と地域事情は同じ。国府台~海神までは京成が北側・JRが南側を走り、京成船橋~京成津田沼は京成が南側・JRが北側になる。※京成津田沼駅後、京成千葉線はそのままだが、京成電鉄本線は交差する。

JRと京成電鉄の相関関係は、神奈川でのJRと京浜急行との関係と同じ。JRは駅間が遠く、JRの隣までの駅間に京成電鉄は二つ程度の駅が入る。

地域的にはJRの駅がある地域が発展しているが、京成電鉄の核となる駅はJRと付随していない。京成の主要駅は京成八幡、京成船橋、京成津田沼となり、JRの市川、下総中山、西船橋、東船橋と関連しあう駅の充実度は低い。

京成電鉄本線には様々な速達列車が走るが、国府台~京成津田沼間は割りとシンプルな停車駅配置となっている。スカイライナー系を除く無料速達列車は、全ての列車が停車する京成八幡、京成船橋、京成津田沼と快速が停車する東中山、船橋競馬場、普通しか停まらないその他の駅の三区分となる。

京成電鉄本線と他路線との接続は、京成八幡での都営新宿線、京成船橋でのJR、京成津田沼での新京成電鉄と京成千葉線が現実的であり、JR武蔵野線・京葉線、東京メトロ東西線との相性は良くない。※京成勝田台での東葉高速鉄道(東西線)乗り換えは容易。京成電鉄は本線をそのまま進む京成上野行きと都営浅草線直通の列車に分かれる。

京成電鉄が存在感を示せているのは、京成津田沼駅以東であり、以西では総武線を中心に発展しており、京成電鉄が補完する役割に甘んじている。

 ・新築戸建の購入採算ライン(京成電鉄本線)(10.10.11)

国府台市川真間
菅野京成八幡
鬼越京成中山
東中山京成西船
海神京成船橋
大神宮下船橋競馬場
谷津→ 京成津田沼,成田空港

※総評

江戸時代からの街道筋、東京湾沿いの漁村から戦後の住宅地開発という比較的古くからの街となり、道路事情や宅地事情はさほど良くない。沿線に共通して南側が海になることと総武線や主要道路が交差すること、近年の海沿いの商業施設・工場などの拡充に伴い、平日・土日問わず慢性的な渋滞が起こっている。

当沿線の各駅から徒歩圏内の住宅地は、道路幅が狭く、敷地も狭い密集住宅地が多い。きれいな街並みの計画的な開発ではなく、下町のようなエリアが多い。しかし、緑は割りと多い。各駅ごとに歴史的な背景などから地域の特徴は様々である。ただし、どの駅にも共通しているのが、生活面での施設は充実しており、利便性は高い。

普通列車のみ停車する駅で特に、菅野、鬼越、海神、大神宮下、谷津などは住宅地の中に駅が密着した小規模駅。国府台は近隣に学校が多い通学駅、市川真間は総武線市川駅の補完、京成中山は法華経寺の門前と総武線下総中山駅の補完、東中山は中山競馬場の入口駅、京成西船は総武線西船橋駅の補完、船橋競馬場はららぽーとなどの商業施設の入口と京葉線南船橋駅の補完など。

総武線の駅と関連し合う駅の周辺地価は高くなり、逆に総武線の駅と距離があり、京成電鉄の駅が最寄り駅になる場合は割安感が出る。かなり住宅地として発展しているため、生活の便は悪くはない。JRとの兼ね合いや地価との関係などとの判断になる。

京成電鉄(総武線)の当該地点では下総台地と関東平野の境を走り、南側は東京湾岸の低地の平野地、北側は下総台地の縁部にあたり低地から緩やかな傾斜地、バスなどで奥に入ると台地になる。南側は国道14号線を越えると近年(1000年単位~昭和)の埋立地が多く、地盤面に難がある。


仲介手数料半額・中古マンション
サブコンテンツ

このページの先頭へ