JR総武線

◇路線概要

 下総(上総)と武蔵(東京)を結ぶ路線から“総武”と名づけられる。正式には総武本線。総武本線は東京~千葉~成東~銚子までの本線と錦糸町~御茶ノ水の支線であり、総武線というのは千葉~御茶ノ水~中央線直通の緩行線(各駅停車、黄色)の通称での呼び名である。

 また、総武本線、成田線、外房・内房線と横須賀線を繋ぐ近郊通勤路線は総武快速と呼ばれる。千葉県の東京湾沿い、市川~船橋~千葉という主要部と東京を結ぶ、県内の主要路線。

総武本線:千葉~佐倉~成東~銚子間の郊外路線
総武線:千葉~錦糸町~御茶ノ水~中野の緩行線(黄色)
総武快速:成田・外房・内房~津田沼~東京~横須賀線

 路線図:東京・新宿←市川☆-本八幡-下総中山-西船橋-船橋☆-東船橋-津田沼☆-幕張本郷-幕張-新検見川-稲毛☆-西千葉-千葉☆→成田・佐倉・外房・内房方面 ☆印は総武快速停車駅

 総武快速と緩行線はそれぞれの複線を走行し、快速停車駅はそれぞれ緩行線用と快速線用の島式ホームになり、緩行線⇔快速の乗り換えには階段の上り下りが必要となるため不便。お茶の水駅のように同じ島式ホームに同方向の快速と緩行線が入ればとても便利なのだが、実現することはない。

 同区間でのキーになる駅は津田沼駅。緩行線は船橋側、快速線は幕張側に車庫があり、緩行線、快速共に津田沼駅始発が多い。緩行線では朝の通勤時間帯に東京メトロ東西線直通の始発も出る。

 千葉県の幹線になるため、各駅からの乗り換え路線も多い。

 本八幡駅:都営新宿線
 西船橋駅:武蔵野線、東西線、東葉高速鉄道
 船橋駅:東武野田線、京成電鉄
 津田沼駅:新京成電鉄
 幕張本郷駅:京成電鉄千葉線
 千葉駅:総武本線、内房線、外房線、千葉都市モノレール

 乗り換え客も含め、各駅の乗降客数も多く、また混雑率も高い。運行本数は多く、始発早く、終電遅い。

 市川~津田沼間は京成電鉄本線と並行している。東海道線の品川~横浜間の京浜急行との関係と似ている。総武快速が横須賀線と相互乗り入れをし、東京湾沿いを繋ぐのと同じく、京成線と京浜急行も相互乗り入れし、こちらは羽田と成田という空港を繋いでいる。

 2015年には、京葉線の新浦安駅から船橋駅を経て津田沼駅に乗り入れる「総武京葉接続新線」の整備着手する計画もある。

 ・新築戸建の購入採算ライン(総武線)(10.10.11)

市川本八幡
下総中山西船橋
船橋東船橋
津田沼 → 千葉

※総評

 江戸時代からの街道筋、東京湾沿いの漁村から戦後の住宅地開発という比較的古くからの街となり、道路事情や宅地事情はさほど良くない。沿線に共通して南側が海になることと総武線や主要道路が交差すること、近年の海沿いの商業施設・工場などの拡充に伴い、平日・土日問わず慢性的な渋滞が起こっている。

 当沿線の各駅から徒歩圏内の住宅地は、道路幅が狭く、敷地も狭い密集住宅地が多い。きれいな街並みの計画的な開発ではなく、下町のようなエリアが多い。しかし、緑は割りと多い。例外として、近年新しく設置され周辺と一体的な開発が行われた東船橋駅と幕張本郷駅の周辺は区画整理された整然とした街並みとなっている。ここは道路幅も広く閑静な住宅地。

 各駅ごとに歴史的な背景などから地域の特徴は様々である。ただし、どの駅にも共通しているのが、生活面での施設は充実しており、利便性は高い。また、各駅より乗り換え路線やバス便で広く住宅地が拡がっている。かなり住宅地として発展しているため、生活の便は悪くはない。ただし、車は必需になる。

 総武線は下総台地と関東平野の境を走り、南側は東京湾岸の低地の平野地、北側は下総台地の縁部にあたり低地から緩やかな傾斜地、バスなどで奥に入ると台地になる。南側は国道14号線を越えると近年(1000年単位~昭和)の埋立地が多く、地盤面に難がある。


仲介手数料半額・中古マンション
サブコンテンツ

このページの先頭へ