土地の選び方セミナー

旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)主催の『土地の選び方セミナー』が開催されました(平成17年2月)。セミナーの内容をご紹介致します。

基礎編

1.住まいへの希望整理
まず、土地(住まい)探しを始める前に、住まいに対する希望点を整理しましょう。住まいに求める優先順位の確認。特に家族間での話し合いを事前にしっかりしましょう。

2.相場の捉え方
相場を捉える資料として、折込チラシ、住宅情報誌、公示地価、路線価などがございますが、各内容の特徴を考えて判断して下さい。

3.資金計画について、住宅ローン
自己資金は、万一に備えたお金を差し引いた現金。目安は総予算の15%要。もっと少なくても買えなくはないが、非常に辛い。

4.スケジュール
不動産会社の口車(セールス)に安易に乗らず、しっかり余裕を持っていく。慌てて焦って購入することがないように。土地探しから入居まで、思っているより時間がかかる。9ヶ月は見ておきたい。

5.情報収集
広告には、不動産会社が共同しておこなう集合(連合)チラシと単独の不動産会社が行うものがある。単独でのチラシは、流通市場に出す前の物件もあるので、チェック。

6.現地見学
現地見学の際は、物件の資料(通称、販売図面)を手に入れる。しかし、この販売図面がいい加減なことも多い。住宅営業の担当者が見れば、間違いをチェックできる。

応用編

1.相場の基準
相場の基準は・・北道路、4m道路、駅から徒歩10分。南道路は北道路に比べ、8%高い、東南角地なら12%高い。6m道路は4m道路に比べ、3%高い。駅からの距離は、1分増えるごとに1%減、1分減れば1%増。

2.建築条件付の売地
売主もしくは指定する建築会社で建築することを、土地の売買の条件にしている土地です。大手さんはまだしも、小さい会社の場合、建築内容に問題があることも多い。
3.売主の心理
売主の大半は、一般の方。不動産会社が査定した価格は適正であっても、価格の決定権は売主にあるので、一般の方は相場を無視した価格設定することもある。あくまでも、価格は売主の希望売却価格である。

4.不動産会社の心理
土地を売るより、新築や築浅の中古住宅を強く勧める。なぜなら、仲介手数料は、価格が高くなればなるほど、手数料が上がる。特に、新築の場合、売主からも手数料が入ることが多いため、さらに手数料が増える。出来る営業マンになればなるほど、この傾向が強まる。ほんとに、お客様にとってお薦めで勧めているか、注意が必要。

5.まとめ
物件が少ないエリアは、築が古い中古住宅も視野にいれる。→木造の流通耐用年数は20年、それ以降の物件は土地価格の場合も。解体費用を計算にいれて、判断してみる。土地を購入するときは、申込書を入れて、価格交渉をする。書面ではなく、口頭だけでは、価格交渉できない。申込書には法的拘束力はない。

セミナーでは、もっともっとたくさんのお話がありましたが、とても書面に全てを盛り込みきれませんでした。ご興味がある方は、ご参加してみて下さい。


競売不動産購入の個別セミナー

競売不動産は『勢い』『気合い』『やる気』の精神論だけでは落札できません。

実際に購入したいけど、なかなか落札しない方。それには理由(わけ)があります。物件の読み(値踏み)がきちんとできないと、何度入札しても落札までたどり着かないと思います。首都圏では、市場の3割も4割も安く落札されることはまずありません。

競売不動産は確実に、市場より安く購入できます。しかし、なんの戦略もなくただがむしゃらに入札しても、また、競売の現状を知らずに欲張りすぎても、思うような結果は出ません。

もし、今よりもプロに近づきたい、プロを超えたいと思われる方へ、落札者のプロである業者の手口を知りたい方は、ご参加してみてはいかがでしょうか。

もちろん、不動産競売はもちろんのこと、不動産の売買をしたことがない、競売だけではなく不動産全般について知りたい聞きたい、競売にはこだわっていないという方でも、ご参加いただけます。

競売に興味のある方、不動産投資を始めたい方、不動産を買いたい方、不動産を売りたい方、不動産に関するあらゆる事について学んでみませんか?

不動産投資やマイホーム取得を目的に、競売へ積極的に取組みたい方々のための「初級個別セミナー」のご案内です。

一般のサラリーマンやOLの方(増加中)へプロの講師が競売の基礎から実践までを分かりやすく解説いたします。また個別での開催により、受講者が講師と気軽に質問や相談ができるスタイルです。もちろん個別相談も受け付けております。

「競売不動産購入の個別セミナー」

今まで参加したセミナーでは、話を聞くだけ、人数が多すぎて質問が出来なかった(雰囲気も)というご感想をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

不動産競売流通協会では、そのような声を受け、セミナーをさらに進化させた「グループディスカッション方式(座談会)」を採用し、講師の話を聞きながら、その都度、気軽に質問をして、さらに、同じテーブルで一緒になった参加者とも情報交換(同じ立場の人がどのように考え動いているかという情報はさらに貴重)ができるというさまざまなメリットがあるセミナー(勉強会)を開催しております。

さらに特典として、参加者の方は、講師の方々の反省会(という飲み会)にも参加する権利が得られます。不動産実務での裏話や体験談、講師の人となりから武勇伝まで、さらに極秘情報まで得られるかもしれません。(こちらは参加費が別途必要です)

そんな貴重な機会があるなら、ぜひ参加してみたいと思われた方は、検索サイトで「981」と検索し、ポルシェのページではない方(不動産競売)のサイトからお申込みください。

また、参加したいけど日程が合わない、都内ではなく地元での参加を希望される方は、協会正会員の各不動産会社へお問い合わせをいただきまして、「不動産競売の個別セミナー」を受けたいとお申し出ください。

セミナーが集団授業方式、グループディスカッションが少人数教室とすれば、個別セミナーは個別指導(自宅なら家庭教師)と同じです。協会の講習や支部研修などでスキル向上に努める講師陣が、お客様だけの先生となって、競売に限らず不動産に関すること全般についてお話しさせていただきます。

個別セミナーですから、お客様の不動産経歴や知識に合わせることができます。地元のことに精通していますから、個別の競売物件についての解説は深くなります。もちろん、セミナー当日に、検討している競売物件を指定して説明を受けることもできます。

他の参加者がいませんから、お客様のペースでセミナーを進めることができ、質問も自由自在に行うことができます。

【こんな方におススメ】
・競売不動産に興味のある方
・入札をしたけどなかなか買えない方
・不動産投資やマイホーム取得をお考えの方
・競売にかぎらず不動産に興味がある方

【主な講義内容】
(1)競売不動産のメリットとリスク
(2)競売不動産の検討から購入までの流れ
(3)3点セットとは?
(4)競売不動産の選び方とポイント
(5)投資をするならマンション?1棟もの?
(6)競売以外の不動産全般
(7)住宅ローンなどのファイナンス全般

■個別セミナーですからご希望に応じて内容は変わります。

【開催概要】
日時:随時(完全予約制)
時間に制限はありませんが一般的には約2時間程度となります。
場所:各会員のオフィスもしくはご自宅

■担当エリア(千葉県)
千葉地方裁判所・松戸支部管轄エリア(柏市、松戸市周辺)
 プレシーク(お申込みフォーム)
千葉地方裁判所管轄エリア(船橋市、市川市、習志野市、千葉市他)
 ヤシカ

信頼できる「不動産の先生」に出会えるチャンスです♪
この機会を逃すべからずです!


不動産仲介・インスペクション

サブコンテンツ

このページの先頭へ