不動産と住宅ローンのQ&A:権利証の受領時期

この度、初めて土地を購入することになりました。 明日、不動産屋と司法書士の所へ行って手続きをします。 その際、登記簿は直ぐに頂けないと聞きました。 土地購入(代金支払い)と引き換えに登記簿は頂けるものではないのですか?

土地購入の勉強不足でとても不安になっています。 御教示の程お願い致します。
不動産の取引をする際、所有権移転の登記を始め、各種登記がございますが、 どの登記の場合でも、法務局内の作業が完了するのに、 早くて1週間から長くて1ヶ月ほどかかります。

「権利証」の正式な名称は「登記済証」と言います。 その名の通りで、登記が済んだことを証する書類です。 そのため、登記が完了するまでは、権利証は出来ません。

もし、権利証を取引の時点で作成済みにするには、売主がお金の受領を待たずに、 不動産の権利を手放す必要がございます。 この場合、同時履行の原則から外れること、売主がお金を貰わずに、 不動産を手放すリスクから不公平になります。

取引時に、司法書士(不動産登記の専門家)が書類を確認し、 登記が問題なく出来ることを確かめた上で、買主は代金を支払います。 この場合、金銭の支払いと不動産を渡すことが同時になり、同時履行が守られます。 この場合、売主買主のリスクは同じです。

というのも、登記を申請すると、登記中となり、その間は、 一切の登記(閲覧や謄本確認でさえ)は受け付けられません。 (所有権移転登記が完了するまで) このことから、権利証を売主より受領し、登記を持ち込めば大丈夫です



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ