不動産と住宅ローンのQ&A:古家付きの土地購入時の不動産取得税

家を新築するにあたり、土地を購入しようと思っています。 良い条件の土地が見つかり、今週末にも契約というところまで話がすすんでおります。 その土地(130坪)には、木造平屋の家(68坪)が建っております。 今は空き家で誰も住んでおらず、取り壊して、そのあとに新築する予定です。

その際、古い家を壊す資金はこちらで出すという話しになっており、 知り合いの解体業者で安く壊してもらえるので、それを口頭で了解しています。 ただ土地の取得に際し、中古住宅も取得になり、 取得税が両方とられるのかどうかよく分かっていません。

このまま契約すると取得税は両方にとられるのでしょうか? またどれぐらいの金額になるのでしょう? 減免を受けられるとも聞いたのですが、よく分かりません。 どなたか詳しい方おられませんか?家を壊してもらって、 土地だけ取得する(その場合土地代は上がります)のとどちらが得なのでしょうか?
明らかに土地として購入し、建物に居住することなく 解体後新築する場合は、建物の不動産取得税はかかりません。

土地の不動産取得税は、新築する建物が規定の要件に合えば、軽減措置が受けられます。 一般的には取得税0円か、かなり低い金額になると思われます。

また、新築した建物も不動産取得税の対象ですが、こちらも軽減措置を受けられれば、 土地と同様かなり低い金額になるのではないかと思われます。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ