不動産と住宅ローンのQ&A:建築確認申請が下りていないのに、土地・建物セット契約になっているのです。

「建築条件付土地」で建築確認申請が下りていない(申請も出していない)のに、 「土地・建物セット」契約になっているのです。業法違反ですよね?
始めは土地と建物を分けた契約をして、建築確認が下りた後に、 土地付き一戸建ての1契約と差し替えることがあります。 私個人としては、同じことだから差し替える必要はないと思いますし、 それが法律で認められた方法通りなので、理に適っていると思います。

では、なぜこのようなことをするかと言いますと、売主業者にとって、 土地だけの転売だと不動産取得税が掛かり、 余計な費用が掛かるため(価格に転嫁されます)※、 仲介業者にとっては、土地付き一戸建ての方が売買価格が上がり、 仲介手数料が増えるために、1契約扱いにします。

※建売業者にとっての不動産取得税

以前は、土地所有者が建てなければ課税されましたが、法律が改正され、 現在は土地の転売後に住宅が建てば、不動産取得税は掛からなくなりました。

仲介手数料が増えることは、買主にとって不利なように感じられますが、 建物に関しても仲介に入りますので、土地だけの手数料で、 土地建物の両方の仕事をすることが、仲介業者にとって、 割に合わないという気持ちも分からずではありません。 (すいません、業者の気持ちも分かってしまいます)

また、仲介としては土地だけとし、 手数料も土地の分だけしか受領しない不動産業者もあるとは思いますが、 売主側より建物の分を紹介料などで受領している不動産業者もあります。(大手さんでも) (売主業者が意識しなくても、結局は紹介料も建物価格に転嫁されています)

※全ての業者がこうであるということではありません。 ほんとに土地だけの手数料で、建物までアフターすることもあります。 売主業者と親しくない場合や値引きなどで建物紹介料が出ないこともあります。

結局は、全ての諸費用まで含めた合計額で、 この物件を買いたいかどうかの判断になると思います。 今回のケースだけでなく、どの物件でも、 全部でいくらという点から考える必要があります。(土地の場合は建物まで考えて)



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ