不動産と住宅ローンのQ&A:仲介業者さんが、売主の意向に頷いているというか…、こういうものなのでしょうか?

仲介業者さんが買主である当方以上に 売主である工務店さんに物凄く気を遣っているという事なんです。 買主の意向より、売主の意向に頷いているというか… 少し不信感を抱いてしまいましたが、こういうものなのでしょうか?
仲介会社は売主側の見方をするケースが多く見受けられます。

これは、この不動産会社や担当者がいけないこともそうですが、 それ以上に、行政(法律)に問題があります。何が問題かと言いますと、 不動産取引では、売主の立場に立つ会社と 買主の立場に立つ会社が同じでもいいと認めていることです。 本来、利益が相反する両方の立場に同じ会社が入ってはいけないのです。

例)弁護士の世界では当然この「双方代理」は、当然禁止されています。 被告と原告の双方の代理になることなど到底許されません。

あるべき姿の取引では、 買主=買主側不動産会社 → ← 売主側不動産会社=売主 とならなければなりません。

しかし、今回のような取引では、 買主 → 不動産会社 ← 売主 となってしまいます。

完璧に公平平等に不動産会社が対応してくれればまだいいのですが、 営利企業であり、人間がすることですから、どちらか傾いてしまいます。 その時に、仲介に入る不動産会社はどちらの味方をするかと言いますと、 売主側になってしまうのです。

なぜか、それは、今回の場合で言えば、この工務店さんはこの取引だけでなく、 これからの取引でもお客さんでいてくれるからです。

今回一回だけの取引のお客さんとこれからもずっとのお客さんとでは、 どちらに傾くが分かりますよね。

私が独立しようと思ったきっかけもこのことから始まっているのです。 高額の取引で不公平なことが起こっていることに憂いを感じ、 どちらか一方(買主の時もあれば売主の時もあります)の 立場に立った不動産会社になろう、仲介から代理の形へ 不動産取引を変えていこうとの思いから始まりました。

この代理の形を、エージェント制などという場合もあります。

ほんとにこの問題は、いち不動産会社、いち担当者の問題ではなく、 社会的な問題なのです。

だからといって、その通りにする必要はございません。 今回は物件のこともございますので、なんと言っていいか分かりませんが、 本当は買主側にしっかり立つ不動産会社が入る取引にしてもらいたいと願っております。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ