不動産と住宅ローンのQ&A:建築条件付きにしてしまうのはやはりウワモノで儲けが出るからなんでしょうか。

土地だけを切り売りして欲しいのに建売だったり建築条件付きにしてしまうのは やはりウワモノで儲けが出るからなんでしょうか。
建売や建築条件付売地(通称:売建)がなぜ多いのかとご説明しますと、 地主さまなどが大き目の土地を売却する場合、分割や造成などの工事が必要になります。

そのような工事費用を地主さまが負担することは、思ったより大変になります。 (土地はあるけど現金はない) 一般の方が大きな土地を買うことは稀ですので、自然と不動産会社が買主になります。

このようにして購入した土地(造成前の土地を素地と言います)を 造成・分割して販売することになるのですが、不動産会社としましても、 この不景気の中で少しでも利益を稼ごうとするのは、商売をする上で当然のことになります。

土地だけの売却の場合、粗利で300万だとすれば、 それに建物の利益300万を合わせた合計600万を稼ぎたいと考えます。

ここで単純に利益を上乗せしますと土地から建築の場合と、 価格が変わらなくなりますので、それぞれ100万づつ利益を減らし、 合計400万の利益を確保する形で売り出します。

この結果、通常よりも200万前後安い土地と建物になります。

また、売却を確実(早く)するために、200万の値下げを主に土地で行います。 そして、建築条件付は通常の相場よりも安く売り出され、 良い土地はみな建築条件付となってしまいます。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ