住まいを考えるに際して


 不動産購入応援サイト「プレシーク」 -- http://www.preseek.jp/ --

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

   ◆□◆初めてでも失敗しない不動産の買い方◆□◆

   第95号  平成21年12月4日   発行 株式会社プレシーク

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□


 読者のみなさま。こんにちは。
 不動産購入応援サイト管理人の 柴田 誠 です。

 今年も残すところあと一ヶ月になりました。
 今年一年、いかがでしたでしょうか。

 今年の秋には、政権交代が起き、来年から生活も変わりそう、
 と、思ったら、来年は小幅な変更にとどまり、
 本格的に変わるのは再来年になるのでしょうか。

 ここ数日、住宅、不動産にまつわる話題も多くございました。
 下記に気になった話題をピックアップ致します。

 ・日銀がデフレ対策をするらしい
  http://qurl.com/m7ny6

 ・「買い」より「売り」を優先させる。これは買い替えの重要なポイントだ。
  http://diamond.jp/series/buy_home/10003/

 ・これでいいのかな宅建免許制度?(何も実務を知らない新人でもOK)
  http://mashoufudousan.blog114.fc2.com/

 ・何十年?も前のようなお話。(軟禁営業)
  http://akutoku.seesaa.net/article/134201018.html

 ・マンションの空き家率が上昇した際の問題点。
  http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0912/01/news005.html

 ・新築住宅に固定資産税の新築減額特例の延長について、
  1年間に限り認める方針を固めた。
  http://qurl.com/nvbcj

 ・外部不経済
  http://qurl.com/14cnk

 ・地価の下落傾向は続くが下落幅は減少傾向
  http://tochi.mlit.go.jp/tocchi/look_rep/pdf/20091127a.pdf

 ・土地は、一からつくる建物とは違って
 「ある」ものの中から選ぶしかないから難しい。
  http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/blog-entry-521.html

 ・隣人の生活音に過剰反応ダメ
  http://bit.ly/61Ko4D

 ・手相で不動産の購入時期を判定
  http://takewo.sblo.jp/article/33800093.html

 ・消費者心理
  http://toshikazu.livedoor.biz/archives/55333984.html

 最近では、去年で不動産会社の破綻はある程度落ち着いた、
 と思っていた矢先の穴吹工務店倒産が、ちょっとインパクトありました。

 ここが倒産するなら、
 戸建て、マンションともに、超がつくくらい大きな会社でないと、
 何十年と持たないかもしれませんね。(残るところもあると思います)

 会社で選ぶのではなく、物そのもので選ばないと。
 例え、倒産しても、大丈夫、と割り切れる品質で。
 メンテナンスは自分でする、施工・分譲会社にやってもらおう、
 という期待は、過度に持つと、計算が狂ってしまうかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【住まいを考えるに際して】

 プラチナタウン(楡周平著)を読みました。

 破綻寸前の故郷・緑原町の町長を引き受ける羽目に陥った主人公が、
 奮闘して立て直すというストーリー。

 特段と、仕事に関係して読んだわけではなかったのですが、
 読んでみると、地方疲弊、財政赤字、介護、雇用から住宅問題に繋がっています。
 これを読みながら、これから住まい探しをする方に
 是非読んでもらいたいな、と思いました。

 ※すでに購入した方はショックを受けるかもしれません。
  (そこまで大げさではないかな)

 展開や実現性などは、あくまでも小説ではあるが、
 気をてらうことなく、現実に即し、
 住宅に関する部分は、実際に起きていることを取り入れ、
 リアルさに、ちょっと驚きました。

 不動産関係者は必読だと思います。
 この本を読んで、どう感じるのか、
 今後、住まい探しのお手伝いをどう取り組むのか。

 変わらない方、小説だからと流す方もいらっしゃると思いますが、
 頭ごなしの否定ではなく、こういうこともあるのかな
 と頭に残して欲しいと思います。

 もしかしたら、業界側の心理として、
 消費者に読まれるときつい、と思う方もいるかもしれません。

 だからこそ、これから購入する方は読むべきだと思います。
 住宅から人生まで考えさせられる良書だと思います。

 以下、気になるポイント(社会現象、問題)

 ・家族よりも仕事優先に30年働いて、家庭内別居、熟年離婚の危機。
 ・上司に些細なことで嫌われ左遷辞令。
 ・税金を食いつぶす役人たち、多額の借金で破綻寸前の行政団体。
 ・退職金、年金に加わる第三の老後資金は自宅の活用。
  リバースモーゲージ、売却、賃貸。
 ・マンションを購入し、住宅ローンの返済が終わった頃に、
  いくらで売れるか、あと何年使えるか。
 ・大規模団地や郊外の住宅地では高齢化が進み、
  空き家も増え、住居の虫喰い状態が始まっている。
 ・今後の住宅市場として中古住宅と貸し家が伸びる、
  そこにビジネスチャンスがある。
 ・老後をある程度快適に過ごすためにはお金が必要。
  残念ながら選別されてしまう。
 ・介護職員の低賃金問題と高い施設入居費用。
 ・スーパーにはその地域の生活レベル、町の文化が如実に表れる。
  住居を決める際に、最も効率的に、
  その土地の雰囲気を把握するにはスーパーを訪ねること。

 本書内では、具体的に、現実的に、詳しく書かれておりますので、
 一度、手にとって、住宅から老後のことまで、
 じっくり考えてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【住宅ローン情報】

 12月実行の住宅ローン適用金利の傾向

 短期:横ばい
 中期:やや上昇
 長期:やや低下

 11月は、長期金利の動向が乱高下し、読みにくい状況でした。
 このこともあってか、金利の動きも、バラバラです。
 来年は、どのような動きになるのか、ちょっと見えません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【住宅購入サポート受付中】

 不動産,住宅ローン,家計など、住まいを購入する際のさまざまな場面にあわせて
 多彩なサービスをご用意しております。まずは資料をご請求ください。

 ≪住宅購入サポートで得られる3つのメリット≫
 ◆仲介手数料優遇特典(費用の軽減)
 ◆ワンストップサービス(手間の軽減)
 ◆安心して住まいの購入(不安の軽減)

  詳細はこちらにてご確認ください住宅購入サポート
  http://www.preseek.jp/main/sapo.html

 住まい探しの主役は不動産ではありません。皆さまが主役です!
 不動産の優劣を比べるのではなく、生活との相性を見極めましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行責任者】

 柴田 誠(不動産コンサルティング技能登録、ファイナンシャルプランナー)

・昭和44年1月25日生まれ A型 船橋市立小室中→千葉県立八千代高
・船橋市小室町にて、男の子二人と妻・母の五人暮らし

・千葉県内で39年の生活と18年の不動産営業から地域情報に精通し、
 ファイナンシャルプランナー業務から住宅ローンに強い住宅購入アドバイザー。
 セミナー・小冊子などによる初めての不動産購入者へのアドバイスに注力して、
 住まいの購入サポートを中心に携わっています。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【初めてでも失敗しない不動産の買い方】 

 購読中止・変更 :http://www.preseek.jp/
 発行システム  :まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ )
 解除はこちらから:http://www.mag2.com/m/0000137258.html

 ☆物件をお探しの方だけでなく、不動産・住宅ローンの相談もお気軽に。

【発行元】
 株式会社プレシーク 千葉県知事(6)第10682号 
 〒277-0053 千葉県柏市酒井根5-2-1 TEL 04-7176-1611
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ