今とこれからの不動産市況

不動産購入応援サイト「プレシーク」 -- http://www.preseek.jp/ --

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
 
         ◆□◆初心者にも分かりやすい不動産購入◆□◆
      
               第9号 平成16年11月19日    発行 株式会社プレシーク 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

このメールマガジンは、不透明で分かりづらい不動産取引の知識を初心者にも
分かりやすくお伝えして、不動産購入をどのように進めていくのか、出来る限り
やさしく分かりやすいようにお伝えしていきたいと思っております。
ご質問などがございましたら、お気軽にお尋ね下さい。

【お知らせ】 弊社独自の不動産仲介サービス「不動産購入サポートパック」

 ◆サポート内容を大幅に見直し、充実させました。

 ◇不動産購入サポートパックによって得られる7つのメリット 

 1.不動産の専門家にいつでも相談できる 
 2.買主の立場に立ったプロに不動産取引を依頼できる 
 3.幅広い地域に詳しい担当者へ地域事情を聞ける 
 4.不動産取引に関わる各分野とのトータルプロデュースを受けられる 
 5.仲介手数料が安くなり、別途の諸費用も不要で、購入費用が抑えられる 
 6.ファイナンシャルプランナーに住宅ローンや保険の相談が出来る 
 7.住宅のコストを加えた新型ライフシミュレーションを受けられる

 詳しくは紹介ページで http://www.preseek.jp/main/sapo.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
【今とこれからの不動産市況】

 これはあくまでも私個人の不動産市況に関しての見解であり、
 外れることもあることを予めご了承下さい。

 あくまでもご参考程度に

◆一つめのポイント 人口減の需給関係悪化による不動産価格下落懸念

 まず、最近の地価動向で値上がり傾向にあるのは、マンションや一戸建ての
 開発によるものと思われます。お付き合いのある不動産業者の方とお話しま
 すと特に土地の供給が少なく、数少ない土地にお客様が殺到し、高めの値段
 設定でも売れてしまうそうです。

 これは利便性や環境などに優れている地域は顕著になっています。

 しかし、需要に合っていない不動産は、相変わらず値下がり傾向にあるのも
 事実です。今までは、都心回帰またはその延長線で利便性の向上が図れる地
 域での値上がり傾向で二極化と言われてきましたが、これからは、それを更
 に細かくした個々の不動産による個別化に移りつつあると思われます。

 実際の不動産現場でも、大きく見て同じような地域でも、個々の土地によっ
 て、単価が大きく変わってきています。

 地価(土地)に関しての状況は上記の通りですが、建売やマンションでは、
 少し状況が違います。

 先日、都内で分譲住宅をご希望のお客様を担当した時に感じたのですが、建
 売なら都内でも思ったより高くはないんだと思いました。

 建物などの個々の要素もあるのでしょうが、地価(土地)とのアンバランス
 さを感じたの事実です。

 マンションにしろ一戸建てにしろ、分譲業者にとっては、供給をストップさ
 せることは、事業を止めることと一緒ですから、供給を止めることは出来ま
 せん。

 現在は、一次取得者層の需要が多くありますから安定していますが、近い将
 来、一次取得者層が減ってきた時、供給過剰になり、値崩れすることもあり
 えると思います。

◆二つめのポイント 経済動向による不動産価格下落懸念

 この先の日本経済がどうなっていくか、ということに関しては、各専門家で
 も判断が分かられるところで、私としても、景気が良くなるとは思いません
 が、このまま小さい波を繰り返し、平行線で進むのか、景気悪化していくの
 かは分かりません。

 年金や海外情勢・原油価格の上昇など、これからの景気に懸念する事項はた
 くさんございますが、不動産価格にもっとも大きく影響するのは、消費税率
 のアップだと思われます。

 消費税率がこのままでいく間は、平行線で進むと思われますが、消費税率の
 引き上げを発表した後は、引き上げの開始まで駆け込みの需要が続き、引き
 上げ後は急激に冷え込むと思います。

 実際に、前回引き上げた時も同じような減少が起き、引き上げ後2ヶ月間は、
 お問い合わせが全くございませんでした。

 消費税率がいつどのくらい引き上げられ、その結果どのくらい不動産価格が
 下落するかは分かりませんので、引き上げ前後のどちらのタイミングで購入
 した方がいいか判断が難しいと思います。

 ※土地や一般の方が売主の中古住宅は非課税ですが、
  法人が売主の建物や建築、不動産取引に関わる諸費用は課税対象です。

 諸費用の消費税の金額と比べ、建物や建築の価格に掛かる消費税は多いです
 から、引き上げ後の分譲住宅や建築には大きな影響を及ぼし、購入後の建築
 ・分譲が前提の土地価格にも影響すると思われます。

◆まとめ

 一次取得者層の人口減や消費税率引き上げなどから、不動産相場の先行きは
 暗く、一部の個別要素に優れた不動産以外は、下落する恐れもあると思われ
 ます。

 購入のタイミングとしましては、ご購入希望の不動産が、需給関係の悪化に
 影響が出るようなものなのか、また、消費税率引き上げの影響が出るような
 ものなのかを考慮してご判断されるといいのではないでしょうか。

 確かに少しでも安く買いたい・購入後の資産価値減少を避けたいお気持ちは、
 みなさまに共通する思いだと思います。

 しかし、自宅のご購入の場合、不動産を資産としてより、生活の場として必
 要な物とお考えになることも大切です。

 ご家族の状況や人生全体のご計画などから、お金だけでは判断できないとこ
 ろが、より難しくさせるのですが、無理のないご購入なら、思い立ったが吉
 日というのも一理あると思います。

 不動産は、同じものがございません。みなさまにとって、より良い不動産が、
 いつ出てくるか分かりません。

 慌てる必要は全くないですが、より良い物件があり、無理のないご購入なら、
 今ご購入されても良いと思います。但し、消費税率の引き上げ発表までで、
 発表後は、駆け込み需要の嵐が去った後の需給悪化時が良いと思います。

【宣伝】

 実際、購入した方がいいか借りた方がいいか、具体的に検討してみたい方は、
 不動産購入無料相談をご利用下さい。

  http://www.preseek.jp/main/kounyuu.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【最新情報】生命保険見直しビギナーのための厳選情報サイト

 「はじめての保険見直し」 → http://www.hajiho.net

--------------------------------------------------------------------☆

【住宅ローンミニニュース】

・住友信託銀行では、住宅ローンを平成16年12月30日までにお借りの方に限り、
 3年固定を0.85%の金利で取り扱っています。3年経過後も、店頭金利より
 -0.9%優遇。諸条件有。

 詳しくは http://www.sumitomotrust.co.jp/BP/campaign_2/085/index.html

・三井住友銀行では、平成16年12月1日より平成17年2月28日までにお借りの方
 に限り、35年全期間固定を2.95%で取り扱っています。総融資枠限定で、
 枠いっぱいになりましたら、終了します。 

 詳しくは http://www.smbc.co.jp/kojin/campaign/souyushiwaku/index.html

----------------------------------------------------------------------

【お役立ちセミナー】  ○●○じょうずな土地選び講座○●○

  平成16年11月27日(土)開催!! 午後2時~4時30分  
  主催:旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)柏営業所

  詳細・その他の開催予定はこちら⇒
  http://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/tochi/seminar/index.shtml

  体験レポートはこちら⇒
  http://allabout.co.jp/Ad/202104/1/product/202104.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【最新不動産・住宅ローンQ&A】

 民間の銀行で住宅ローンを利用する際に、ローン保証料を必ず払う必要があ
 るようですが、代わりに保証人を立てることで保証料の支払いを免れることは
 可能でしょうか。

 この答えは http://www.preseek.jp/qa/qa1.html#qa36

----------------------------------------------------------------------

【柏周辺の不動産新着情報】はこちらへ http://blog.preseek.net/

--------------------------------------------------------------------☆

【ライフサポートニュース】

ライフサポートニュースでは、生活とお金に関する話題についてお得な情報や
役立つ知識をご紹介しております。
 
 第35号:表には裏があり、その逆も。   第34号:建物の維持管理。

 詳細は → http://www.preseek.jp/main/letter.html

ニュースレター送付時には、弊社では、テレビ・新聞・雑誌などで数多くのメ
ディアに取り上げられています「住まいと保険と資産管理(HIA)」のメールマ
ガジン(保険・住宅ローン)も併せてお送りしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【あとがき】

ここ数日、システムの入れ替えや見直しでホームページの更新が遅れがちに
なってしまいました。申し訳ございません。この見直しを期に新しい取り組み
の準備も進めております。その代表的なものとして、毎日の不動産新着情報を
メール(日報)にてお知らせするサービスです。千葉県の東葛地域でお探しの
方以外には、お役に立てず申し訳ございません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行責任者】

 柴田 誠(不動産コンサルティング技能登録、ファイナンシャルプランナー)
 ・昭和44年1月25日生まれ A型 船橋市立小室中→千葉県立八千代高
 ・船橋市小室町にて、男の子二人と妻・母の五人暮らし
 ・千葉県内で34年の生活と13年の不動産営業から地域情報に精通し、ファイ
  ナンシャルプランナー業務から住宅ローンに強い不動産コンサルタント。
  セミナー・小冊子などによる初めての不動産購入者へのアドバイスに注力
  して、不動産購入のサポートを中心に携わっています。 

 業務日誌をブログにて公開しております。http://blog.preseek.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【初心者にも分かりやすい不動産購入】 

 購読中止・変更 :http://www.preseek.jp/
 発行システム  :まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ )

 ☆物件をお探しの方だけでなく、不動産・住宅ローンで相談したい方も
  無料相談を受け付けております。

【発行元】
 株式会社プレシーク 千葉県知事(5)第10682号 
 〒277-0053 千葉県柏市酒井根5-2-1 TEL 04-7176-1611
 ・旭化成不動産情報ネットワーク(へーベルハウス)会員
 ・MRD全国不動産情報(ミサワホーム)会員

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ