業者に支払う報酬(仲介手数料)


 不動産購入応援サイト「プレシーク」 -- http://www.preseek.jp/ --

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

   ◆□◆初めてでも失敗しない不動産の買い方◆□◆

   第87号  平成21年8月23日   発行 株式会社プレシーク

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□


 読者のみなさま。こんにちは。
 不動産購入応援サイト管理人の 柴田 誠 です。


 昨日、今日と、町内の夏祭り、盆踊りが
 行われているところも多いと思います。
 弊社の目の前にある光ヶ丘団地(柏市)でも、
 自宅が小室町(船橋市)でも、行われております。

 住宅、不動産業界に身を置くと、
 土曜日、日曜日とも仕事のため、まず参加できません。

 お子供も小学生になると、親よりは友達に走るため、
 父親の役目も小さいですが、寂しさは同じですね。


 さて、秋のシーズンに入り、住まい探しを始めた方、
 始めようとしている方も多いと思います。

 新築のマンションや建売住宅を、
 売主(代理)である不動産業者から直接購入する方は不要ですが、
 土地、一戸建て、中古マンションなどを、
 不動産業者を通して購入する際、
 業者へ報酬を支払う必要があります。(一部例外あり)

 この報酬(仲介手数料)は、宅建業法で取り決めがありますが、
 いろいろ問題点もあり、過渡期にさしかかっています。

 問題は、業者との取り決めるタイミング。

 住まいを探す際、まず、皆さまはどうなさりますか?
 おそらく、自分たちが考えている住まいがないかな~と、
 不動産情報をチラシやネットなどで探す方が多いのではないでしょうか。

 そこで、興味を持った物件の問い合わせをし、
 業者と接触を持って、物件の見学、購入の申し込み、
 そして、契約という流れになります。

 さて、ここで問題です。

 業者に支払う報酬(仲介手数料)は、どの段階で取り決められるでしょうか?

 1.業者と接触をしたとき
 2.物件の見学をしたとき
 3.購入の申し込みをしたとき
 4.売買契約をしたとき

 おそらく大半は、よくて3、ひどいと4です。

 そして、業者から「報酬はこうなります」と一方的に説明を受け、
 そのまま、すぅーとか、う~ん?とかは分かりませんが、
 受け入れざる負えない状況になります。

 なぜ、受け入れなければならない状況になるのか。
 それは、もう後戻りができない状態になってから取り決めるからです。
 ※厳密には後戻りできますが、購入は見送ることになります。

 あるべき姿は1の段階で報酬の取り決めをすることです。
 これならば、報酬を納得のうえで依頼しますから、
 のちのち、こんなに報酬を支払うの?と疑念を思うことはありません。

 もし、報酬の支払いに不服があるなら、業者との接触をした際に、
 依頼をしなければいいだけですから。

 ここに報酬の取り決めだけでは収まらない問題点があります。

 問題の根っこ、本質は、住まい探しのあり方。
 これは、業者,業界だけではなく、行政、
 そして、消費者も含めた全体の問題。

 報酬の取り決め方から住まい探しのあり方まで、
 業者,業界側から変革の兆しはあります。
 今回の総選挙で、民主党のマニフェストにも、
 変革しようという内容が盛り込まれております。

 あとは、消費者が、従来通りでよしとするか、
 新しい住まい探しを希望するかで決まります。
 どちらを選ぶか、決めるのは消費者のみなさまです。
 (選挙のニュースを見過ぎなのか、口調が似てきました)

 業界側が変えようとしても、消費者の支持がなければ変わりません。
 逆も然り。
 現状に不満があれば、現状を支持しなければ変わります。
 変わらざる負えない。

 ただ、不動産の購入は一度きりになることも多く、
 報酬を支払わないことも多いので、
 不満を持っても、変えて欲しいという流れは
 起こりづらいのでしょうね。


 業者の報酬(仲介手数料)のコラムを掲載しました。
 http://www.preseek.jp/column/cost/090823.html

 ・追伸

 今夏からTwitter(ツイッター)を始めました。
 本家:http://twitter.com/preseek_shibata
 ブログ形式:http://twilog.org/preseek_shibata

 従来のサイトやブログとの違いは、
 ちょっとしたニュースや話題、個人的な関心事などはツイッター、
 しっかりしたコラムなどは、従来のサイト、ブログとなります。

 ぜひ、一度、どのような内容かご確認頂ければ幸いです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【住宅購入サポート受付中】

 不動産,住宅ローン,家計など、住まいを購入する際のさまざまな場面にあわせて
 多彩なサービスをご用意しております。まずは資料をご請求ください。

 ≪住宅購入サポートで得られる3つのメリット≫
 ◆仲介手数料優遇特典(費用の軽減)
  例:2,000万円の不動産取引の場合,最大283,500円の軽減!
 ◆ワンストップサービス(手間の軽減)
  不動産取引,FP,不動産調査などがひとつの窓口で取り扱い可能!
 ◆安心して住まいの購入(不安の軽減)
  3つの手法(調査,FP,建築)で不安を解消!

 詳細はこちらにてご確認ください住宅購入サポート
 http://www.preseek.jp/main/sapo.html

 住まい探しの主役は不動産ではありません。皆さまが主役です!
 不動産の優劣を比べるのではなく、生活との相性を見極めましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメルマガに兄弟誌が誕生しました。

 ◆□ヨッシーの不動産営業日記□◆
 http://www.mag2.com/m/0000251565.html

 この日刊メールマガジン「ヨッシーの不動産営業日記」は、
 お客様や業界の皆さんのために不動産営業マンを正しく理解して頂くため、
 毎日、現場で起こるさまざまな出来事と日々の泣き言?をお伝えします。

 平成12年から不動産売買全般を経験してきました。
 それら経験をいかして、ナイスな住宅購入アドバイザーになるべく
 毎日邁進している筆者ですが、経験上、
 中小の“不動産屋のオヤジ”に詳しいです。。。

 不動産屋のオヤジといえば、
 黒いセルシオ、ゴルフ三昧、、、ってイメージありません? 

 あながち嘘じゃないんですが、もちろんそれだけじゃないですよ! 
 酸いも甘いもある、不動産の”プロ”の毎日、
 現場で起こるさまざまなできごとをこのメルマガでご笑覧あれ!

 □筆者吉野・プロフィール http://real.preseek.info/profile/staff.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行責任者】

 柴田 誠(不動産コンサルティング技能登録、ファイナンシャルプランナー)

・昭和44年1月25日生まれ A型 船橋市立小室中→千葉県立八千代高
・船橋市小室町にて、男の子二人と妻・母の五人暮らし

・千葉県内で39年の生活と18年の不動産営業から地域情報に精通し、
 ファイナンシャルプランナー業務から住宅ローンに強い住宅購入アドバイザー。
 セミナー・小冊子などによる初めての不動産購入者へのアドバイスに注力して、
 住まいの購入サポートを中心に携わっています。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【初めてでも失敗しない不動産の買い方】 

 購読中止・変更 :http://www.preseek.jp/
 発行システム  :まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ )
 解除はこちらから:http://www.mag2.com/m/0000137258.html

 ☆物件をお探しの方だけでなく、不動産・住宅ローンの相談もお気軽に。

【発行元】
 株式会社プレシーク 千葉県知事(6)第10682号 
 〒277-0053 千葉県柏市酒井根5-2-1 TEL 04-7176-1611
 ・旭化成不動産情報ネットワーク(へーベルハウス)会員

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ