新年度の住宅市場


 不動産購入応援サイト「プレシーク」 -- http://www.preseek.jp/ --

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

   ◆□◆初めてでも失敗しない不動産の買い方◆□◆

   第82号  平成21年4月5日   発行 株式会社プレシーク

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□


 1345人の読者のみなさま。こんにちは。
 不動産購入応援サイト管理人の 柴田 誠 です。

 年度末の忙しさにかまけて、
 メールマガジンの発行がご無沙汰してしまいました。
 申し訳ございません。


 平成20年度も終わり、新年度が始まりましたね。
 桜は開花宣言をしてから花冷えの日が続き、なかなか満開になりません。
 今日も予報では暖かくなるとのことでしたが、
 今、外に出てみたら、まだ肌寒く感じます。

 弊社の地元では、各地で“さくら祭り”が開催されております。
 温暖化の影響か、近年は、開催される頃には、
 桜も散り始めていることも多かったのですが、
 今年は、まだ見ごろはこれからとなりそうです。


 さて、新年度は、大幅に拡充した住宅ローン減税が始まり、
 不景気VS購入バックアップ条件という需給関係になるのでしょうか。

 4月に入り、住宅ローンの金利は少し上昇しましたが、
 まだまだ低金利で推移しています。

 さらに、地価,不動産価格の下落、供給数の増加に加え、
 住宅ローン減税などの後押しなど、
 購入をしてもいいタイミングの世帯には、
 絶好の買い時が訪れています。

 ※ 買い時 → 買ったほうがいい ×
 ※ 購入してもいいかな → 絶好の買い時 ○

 しかし、雇用不安、収入減少など、生活面の不安は拭いされません。

 このネガティブな状況が、不動産市場の好状況を上回るなら、
 まだまだ不動産市場はまだまだ低迷するのでしょう。


 昨年末は、購入者の動きも鈍く、不動産業界にも暗雲が漂っていました。
 今年は、購入者も戻ってきており、動きは出ています。

 高額物件は分かりませんが、一般的な住宅市場は、
 かなり回復傾向にあるのではないかという感触です。

 値上がりするということは考えづらいのですが、
 価格は低迷しつつも、動きはあるという感じになりそうです。


 1.不動産コラム -------------------

 ・マンション購入の新しい判断基準

  同じような立場の2人の明暗は、購入したマンションの立地で分かれた。
  いざという時に持ち主を救ったのは意外な結果になっている。

  http://real.preseek.info/step2/090405.html

 ・平成21年度住宅関連税制改正

  住宅業界にとっては税制の改正が1年間の営業に大きな影響を与えます。
  特に今年度は、景気が低迷しており、
  住宅市場へのテコ入れで景気回復を図ろうと、
  総理いわく“史上最大の”住宅ローン減税が盛り込まれました。

  http://real.preseek.info/step5/090403.html

 ・ハウスメーカー倒産の影響

  急激に営業を拡大する会社が身の丈に合わず倒産することは多く、
  アーバンエステートを見ていて大丈夫かなと、何も根拠はないが、
  今までの経験値から気にはなっていた。

  http://real.preseek.info/step3/090326.html

 ・2009年の公示地価

  来年の公示地価は、リーマンショック後の景気後退などを反映して、
  もっと大きな下落幅を示すと思われる。
  ただし、これは実態とのタイムラグによるもので、
  これから来年にかけて下がるかどうかは分からない。

  http://real.preseek.info/step1/090324.html

 2.住宅ローンコラム -------------------

 ・住宅ローン平成21年4月分実行金利

  先月と比べ、各行とも0.1~0.2%の引き上げとなっております。
  3月中旬ころから長期金利がじわりと上昇した情勢を受けてのものです。

  http://loan.preseek.info/info/090402.html

 ・インフレとデフレ

  住宅ローンの説明をする際に金利の先行きについて聞かれる。
  教科書通りに、景気が悪いと金利は下がる・円高だと金利は下がる
  ・デフレだと金利は下がるといっている。

  http://loan.preseek.info/economy/090326.html

 ・おや、株価大幅高?

  最近はじりじり下げる場面が多く嫌な雰囲気だったが
  下値が固まってきたのかな。日経平均7000円は割らなかったし。
  G20が近く開かれ世界的景気対策が話し合われるようだし、
  劇的に変わることは無くても今までの対応が
  それなりに効果を上げつつあると評価されだしたのだろうか。

  http://loan.preseek.info/economy/090313.html

 ・いつの間にか1ドル100円に・・・

  為替はだいぶ円安傾向がはっきりしてきたようだ。
  一時は1ドル90円位で落ち着くかと思っていたが
  いつの間にか1ドル100円近辺まで戻ってきていた。

  http://loan.preseek.info/economy/090305.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【住宅購入サポート受付中】

 不動産,住宅ローン,家計など、住まいを購入する際のさまざまな場面にあわせて
 多彩なサービスをご用意しております。まずは資料をご請求ください。

 ≪住宅購入サポートで得られる3つのメリット≫
 ◆仲介手数料優遇特典(費用の軽減)
  例:2,000万円の不動産取引の場合,最大283,500円の軽減!
 ◆ワンストップサービス(手間の軽減)
  不動産取引,FP,不動産調査などがひとつの窓口で取り扱い可能!
 ◆安心して住まいの購入(不安の軽減)
  3つの手法(調査,FP,建築)で不安を解消!

 詳細はこちらにてご確認ください住宅購入サポート
 http://real.preseek.info/service/sapo.html

 住まい探しの主役は不動産ではありません。皆さまが主役です!
 不動産の優劣を比べるのではなく、生活との相性を見極めましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメルマガに兄弟誌が誕生しました。

 ◆□ヨッシーの不動産営業日記□◆
 http://www.mag2.com/m/0000251565.html

 この日刊メールマガジン「ヨッシーの不動産営業日記」は、
 お客様や業界の皆さんのために不動産営業マンを正しく理解して頂くため、
 毎日、現場で起こるさまざまな出来事と日々の泣き言?をお伝えします。

 平成12年から不動産売買全般を経験してきました。
 それら経験をいかして、ナイスな不動産購入アドバイザーになるべく
 毎日邁進している筆者ですが、経験上、
 中小の“不動産屋のオヤジ”に詳しいです。。。

 不動産屋のオヤジといえば、
 黒いセルシオ、ゴルフ三昧、、、ってイメージありません? 

 あながち嘘じゃないんですが、もちろんそれだけじゃないですよ! 
 酸いも甘いもある、不動産の”プロ”の毎日、
 現場で起こるさまざまなできごとをこのメルマガでご笑覧あれ!

 □筆者吉野・プロフィール http://real.preseek.info/profile/staff.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行責任者】

 柴田 誠(不動産コンサルティング技能登録、ファイナンシャルプランナー)

・昭和44年1月25日生まれ A型 船橋市立小室中→千葉県立八千代高
・船橋市小室町にて、男の子二人と妻・母の五人暮らし

・千葉県内で39年の生活と17年の不動産営業から地域情報に精通し、
 ファイナンシャルプランナー業務から住宅ローンに強い不動産コンサルタント。
 セミナー・小冊子などによる初めての不動産購入者へのアドバイスに注力して、
 不動産購入のサポートを中心に携わっています。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【初めてでも失敗しない不動産の買い方】 

 購読中止・変更 :http://www.preseek.jp/
 発行システム  :まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ )
 解除はこちらから:http://www.mag2.com/m/0000137258.html

 ☆物件をお探しの方だけでなく、不動産・住宅ローンの相談もお気軽に。

【発行元】
 株式会社プレシーク 千葉県知事(6)第10682号 
 〒277-0053 千葉県柏市酒井根5-2-1 TEL 04-7176-1611
 ・旭化成不動産情報ネットワーク(へーベルハウス)会員

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ