2009年は買い時、ただし前提あり


 不動産購入応援サイト「プレシーク」 -- http://www.preseek.jp/ --

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

   ◆□◆初めてでも失敗しない不動産の買い方◆□◆

   第79号  平成21年1月8日   発行 株式会社プレシーク

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□


 1537人の読者のみなさま。あけましておめでとうございます。
 不動産購入応援サイト管理人の 柴田 誠 です。
 本年もよろしくお願い致します。


 TVで、年越し派遣村のニュースを見るたびに、
 今年が厳しい1年になりそうなことをひしひしと感じます。

 昨日お会いした知人も、本人を始め、働き手三人全員が
 求職中という状態で、厳しい状況ではありましたが、
 住まいがある分、なんとかしのげると申しておりました。

 しかし、もし、多額の返済となる住宅ローンを背負っていたら、
 こうは言ってられなかったかもしれません。

 住まいの購入は、購入の仕方次第で、
 守ってくれるものにもなれば、
 逆に、重荷になって苦しめられることがあります。

 住宅ローンの返済は、長い年月にわたるものですから、
 すべての期間の景気や社会情勢を読みきることはできません。

 もし、不安で不安で仕方のないのであれば、
 無理に購入することはないと思います。

 家を購入することは強制されるものではないのですから。

 ---------------------

 2009年、日本経済は厳しい局面になるのでしょう。
 景気回復時期は、エコノミストにより様々ですが、
 どんなに短くても今年の夏までは続くと思われます。

 景気が悪い=家を購入する状況にはない、というのが、
 一般的な感覚だと思いますし、それが正直なところでしょう。

 しかし、景気が悪い、購入者が減少するということは、
 市場や情勢から見ると「買い時」になります。

 株も同様ですが、買いの力が弱くて、
 価格が下落している時こそ購入するタイミングです。
 ただ、いくら安くても、倒産してしまう会社の株を買うのはダメ。
 不動産でも、安い物件を購入して、粗悪品をつかんでしまってはダメ。
 買い時でも、買っていいもの、買ってはいけないものに分かれます。

 ---------------------

 2009年が買い時な要因は次の通りです。

 ・金利が低水準で推移している

 ・住宅ローン減税の拡充が予定されている

 ・不動産価格の低下傾向である

 ・在庫数が増え選択肢が拡がっている

 以上が社会的な要因での買い時です。

 私がそれ以上に買い時だと思うのは、
 最悪な状況の中で購入するという点です。

 景気が良い時は、気も緩み、
 ついつい自分の身の丈に合わない大きな買い物をしがちです。

 購入したときは、収入も多くて、住宅ローンの返済にも困らなかったが、
 景気が悪くなって、収入が減り、返済に窮することになります。

 景気が悪くて収入が少ない時に購入すれば、
 景気が良くなれば収入が増えて、家計に余裕が生まれます。
 その分を繰上返済や貯蓄に充てることができます。

 これこそが、購入するベストタイミングなのです。

 ---------------------

 買い手市場の今なら有利な条件で購入できます。
 収入も低下しているときを基準に考えて購入しますから、
 長期に渡る返済にも耐えられる筋肉質な家計になります。

 不動産を購入するなら、まさに今なのです。
 ただし、住まいを購入する必然性があることが大前提です。
 買い時だからといって、買うべきとはなりません。

 あくまでも、購入する必然性があり、
 購入したい気持ちがある方にとってです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメルマガに兄弟誌が誕生しました。

 ◆□ヨッシーの不動産営業日記□◆
 http://www.mag2.com/m/0000251565.html

 この日刊メールマガジン「ヨッシーの不動産営業日記」は、
 お客様や業界の皆さんのために不動産営業マンを正しく理解して頂くため、
 毎日、現場で起こるさまざまな出来事と日々の泣き言?をお伝えします。

 平成12年から不動産売買全般を経験してきました。
 それら経験をいかして、ナイスな不動産購入アドバイザーになるべく
 毎日邁進している筆者ですが、経験上、
 中小の“不動産屋のオヤジ”に詳しいです。。。

 不動産屋のオヤジといえば、
 黒いセルシオ、ゴルフ三昧、、、ってイメージありません? 

 あながち嘘じゃないんですが、もちろんそれだけじゃないですよ! 
 酸いも甘いもある、不動産の”プロ”の毎日、
 現場で起こるさまざまなできごとをこのメルマガでご笑覧あれ!

 □筆者吉野・プロフィール http://blog.smatch.jp/yossy/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【不動産購入サポート受付中】

 よりよい住まい探しを実現するには、購入希望者と営業担当者など
 不動産会社側とが深い信頼関係で結ばれていなければなりません。

 ところが、最近の日本では偽装問題が頻発するなど購入希望者の間に
 住宅不信が高まり、また、業界側にもリスク・トラブルを避けようと
 する過剰なまでの意識が働きはじめています。

 その中で購入希望者が最良の住まい探しを受けられるように、
 両者の橋渡し・調整役を務めるのが
 私たち不動産購入アドバイザーの仕事の一つです。

 不動産購入アドバイザーは購入希望者からの依頼を受けて、
 住まい探し全般(不動産、住宅ローン、家計)の相談に乗るほか、
 住まい探しの現場に購入希望者と一緒に携わり、
 購入希望者の要望や不安に思っている点についてサポートを行います。
 購入希望者にとって最適の住まい探しや住宅を選べるよう
 アドバイスすることが主な仕事です。

 詳細は http://www.preseek.jp/main/sapo.html

 柏 オフィス:プレシーク http://www.preseek.org/
 湘南オフィス:美湘ランド http://www.misholand.jp/
 城南オフィス:スタイルシステム http://www.style-system.net/
 川越オフィス:リフレティ http://www.reflety.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行責任者】

 柴田 誠(不動産コンサルティング技能登録、ファイナンシャルプランナー)

・昭和44年1月25日生まれ A型 船橋市立小室中→千葉県立八千代高
・船橋市小室町にて、男の子二人と妻・母の五人暮らし

・千葉県内で38年の生活と15年の不動産営業から地域情報に精通し、
 ファイナンシャルプランナー業務から住宅ローンに強い不動産コンサルタント。
 セミナー・小冊子などによる初めての不動産購入者へのアドバイスに注力して、
 不動産購入のサポートを中心に携わっています。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【初めてでも失敗しない不動産の買い方】 

 購読中止・変更 :http://www.preseek.jp/
 発行システム  :まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ )
 解除はこちらから:http://www.mag2.com/m/0000137258.html

 ☆物件をお探しの方だけでなく、不動産・住宅ローンの相談もお気軽に。

【発行元】
 株式会社プレシーク 千葉県知事(5)第10682号 
 〒277-0053 千葉県柏市酒井根5-2-1 TEL 04-7176-1611
 ・旭化成不動産情報ネットワーク(へーベルハウス)会員

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ