住宅ローン減税・新制度


 不動産購入応援サイト「プレシーク」 -- http://www.preseek.jp/ --

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

   ◆□◆初めてでも失敗しない不動産の買い方◆□◆

   第77号  平成20年12月10日   発行 株式会社プレシーク

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□


 1553人の読者のみなさま。こんにちは。
 不動産購入応援サイト管理人の 柴田 誠 です。


 今年も残すところあとわずか。
 例年12月は、一般的に不動産業界はヒマである。
 年末も押し迫って、家を探したり、売ったりしようとする人は少なく、
 その反動で、新年1~3月は忙しくなる。

 業界に限らず、今年の締めくくりと来年への期待を込めて、
 忘年会が開かれることが多いと思われるが、
 政治の世界はバタバタしている。

 特に住宅関連は景気対策との関連が強く、
 新年、もしくは、新年度以降の改正がどのようになるのか、
 関係業界のみならず、落ち着かない。

 ようやく、来年の目玉になるであろう
 「住宅ローン減税」の延長、新制度が見えてきた。


 ---------------------

 ・住宅ローン減税新制度

 2009年度与党税制改正大綱にて、
 住宅ローン減税の新制度詳細が見えてきた。
 特徴的なのは、一般住宅と長期優良住宅(いわゆる200年住宅)とで、
 控除率や住宅ローン残高の上限額が異なる
 二段階方式を採用していること。

 新制度で優遇を受けられるのは、
 平成21年から平成25年までに入居した人が対象。
 所得税から控除できる金額は、10年間の合計で最大600万円。
 所得税から控除しきれない分は住民税からも控除できる。
 (住民税控除額には上限あり)

 続き:http://www.preseek.jp/column/fp/081210.html


 ---------------------

 ・フラット50

 住宅ローン減税との関連が強い、
 長期優良住宅の普及の促進に関する法律(通称:200年住宅法)が
 11月28日、参議院の全会一致で可決し成立した。

 同法は、住宅の寿命を長期化させ、従来、
 資産価値の比重が土地に多く占められていたものを是正し、
 建物の資産性を高め、社会資産の充実、環境対策、
 個人の家計を改善することを図るものである。

 この超長期優良住宅(通称:200年住宅)は、
 従来の建築に比べ、2割超、コストが高くなる。
 この建築コストが高くなる分、毎月の返済額が増加し、
 理念に賛同しても実際には購入に踏み切れない人も多い。

 これでは理想を掲げても実現しない。
 このため、200年住宅の普及促進には、
 金融や税制の後押しが必要と考えられている。
 その一環が、住宅ローン減税での優遇であり、
 住宅ローンの返済期間長期化である。

 続き:http://www.preseek.jp/column/loan-news/081209.html


 ---------------------

 ・不動産業界

 2008年は、昨年からのサブプライムローン、
 今年のリーマンショックによる金融引き締めなどにより、
 上場企業の倒産が戦後最多となり、
 その中で、新興のマンション分譲業者が多数を占めた。

 なぜ、このような事態になったのか、
 景気対策、雇用安定のために、政治でも対応に動き出したが、
 どこまでカバーできるのか。

 根本的な景気回復がなければ厳しいと思われる。
 下記アドレスでは、不動産業界の大型倒産をまとめた。

 続き:http://www.preseek.jp/column/news/081130.html


 ---------------------

 ・ゆとりローンって

 今年厳しい状況に置かれたのは、不動産業界だけに留まらない。
 派遣や契約社員の解雇、内定の取り消しなど、
 雇用環境が悪化している。

 住まいを購入し、住宅ローンを組むのは、
 雇用が安定し、ある程度の収入が見込めることが前提である。

 長い年月にわたる住宅ローンの場合、
 購入時のことだけではなく、返済が完了するまでの
 状況をきちんと把握しなければならない。

 サブプライムローンと同様に、
 日本でも、先の見通しを甘く考えた結果がこれ。

 続き:http://www.preseek.jp/column/loan-news/081130.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメルマガに兄弟誌が誕生しました。

 ◆□ヨッシーの不動産営業日記□◆
 http://www.mag2.com/m/0000251565.html

 この日刊メールマガジン「ヨッシーの不動産営業日記」は、
 お客様や業界の皆さんのために不動産営業マンを正しく理解して頂くため、
 毎日、現場で起こるさまざまな出来事と日々の泣き言?をお伝えします。

 平成12年から不動産売買全般を経験してきました。
 それら経験をいかして、ナイスな不動産購入アドバイザーになるべく
 毎日邁進している筆者ですが、経験上、
 中小の“不動産屋のオヤジ”に詳しいです。。。

 不動産屋のオヤジといえば、
 黒いセルシオ、ゴルフ三昧、、、ってイメージありません? 

 あながち嘘じゃないんですが、もちろんそれだけじゃないですよ! 
 酸いも甘いもある、不動産の”プロ”の毎日、
 現場で起こるさまざまなできごとをこのメルマガでご笑覧あれ!

 □筆者吉野・プロフィール http://blog.smatch.jp/yossy/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【不動産購入サポート受付中】

 よりよい住まい探しを実現するには、購入希望者と営業担当者など
 不動産会社側とが深い信頼関係で結ばれていなければなりません。

 ところが、最近の日本では偽装問題が頻発するなど購入希望者の間に
 住宅不信が高まり、また、業界側にもリスク・トラブルを避けようと
 する過剰なまでの意識が働きはじめています。

 その中で購入希望者が最良の住まい探しを受けられるように、
 両者の橋渡し・調整役を務めるのが
 私たち不動産購入アドバイザーの仕事の一つです。

 不動産購入アドバイザーは購入希望者からの依頼を受けて、
 住まい探し全般(不動産、住宅ローン、家計)の相談に乗るほか、
 住まい探しの現場に購入希望者と一緒に携わり、
 購入希望者の要望や不安に思っている点についてサポートを行います。
 購入希望者にとって最適の住まい探しや住宅を選べるよう
 アドバイスすることが主な仕事です。

 詳細は http://www.preseek.jp/main/sapo.html

 柏 オフィス:プレシーク http://www.preseek.org/
 湘南オフィス:美湘ランド http://www.misholand.jp/
 城南オフィス:スタイルシステム http://www.style-system.net/
 川越オフィス:リフレティ http://www.reflety.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行責任者】

 柴田 誠(不動産コンサルティング技能登録、ファイナンシャルプランナー)

・昭和44年1月25日生まれ A型 船橋市立小室中→千葉県立八千代高
・船橋市小室町にて、男の子二人と妻・母の五人暮らし

・千葉県内で38年の生活と15年の不動産営業から地域情報に精通し、
 ファイナンシャルプランナー業務から住宅ローンに強い不動産コンサルタント。
 セミナー・小冊子などによる初めての不動産購入者へのアドバイスに注力して、
 不動産購入のサポートを中心に携わっています。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【初めてでも失敗しない不動産の買い方】 

 購読中止・変更 :http://www.preseek.jp/
 発行システム  :まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ )
 解除はこちらから:http://www.mag2.com/m/0000137258.html

 ☆物件をお探しの方だけでなく、不動産・住宅ローンの相談もお気軽に。

【発行元】
 株式会社プレシーク 千葉県知事(5)第10682号 
 〒277-0053 千葉県柏市酒井根5-2-1 TEL 04-7176-1611
 ・旭化成不動産情報ネットワーク(へーベルハウス)会員

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ