通勤時間と電車事情

 不動産購入応援サイト「プレシーク」 -- http://www.preseek.jp/ --

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
 
   ◆□◆初めてでも失敗しない不動産の買い方◆□◆ 

   第42号  平成18年10月30日   発行 株式会社プレシーク

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□


 このメールマガジンは、不動産取引の知識を分かりやすくお伝えして、
 不動産購入をどのように進めていくのか、お伝えしております。

 1682人の読者のみなさま。こんにちは。
 不動産購入応援サイト管理人の 柴田 誠 です。

 「あ~あ、やめちゃった」

 ほとんどの方が住まいを購入する際、住宅ローンを利用します。
 この適用金利が決まるのは、申し込んだ日ではなく、
 実際に借りる日の金利が適用されるため、金利に違いが出ます。

 借りる日の金利が、当初の予定金利よりも下がっていれば、
 何も問題ないのですが、上昇傾向の今、借りる日の金利が
 高くなっていることもあります。

 そこで、新生銀行では、申し込んだ日と借りる日の金利に違いが出た場合、
 どちらか低い方を選んでよいというサービスを今年の夏から始めました。

 しかし、二ヶ月足らずで採算に合わないということから、
 この仕組みも中止にするそうです。

 せっかく良いサービスが出て、これが各銀行に拡がり、
 住宅ローンの常識が変わればと願っていたのに、ちょっとガッカリ。

 住宅ローン競争が激しくなり、各行ともいろいろなサービスを
 取り入れていく中、いつも最先端を走っていた新生銀行が、
 守りの姿勢に入ってしまったのもショックでした。

 これに懲りず、またチャレンジして欲しいものです。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【不動産購入サポート会員募集中】

 不動産購入サポート「プレシーク」とは、会員の方だけがご利用頂ける
 不動産購入のプレミアムサービスの総称です。

 不動産、住宅ローン、保険見直しなど、不動産を購入する際のさまざまな
 場面にあわせて、多彩なサービスをご用意しております。

 面談付きの正会員とメールサポートのネット会員。
 不動産購入に際してのセカンドオピニオン的な役割をするサービスです。

 詳細は http://www.preseek.jp/main/sapo.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【通勤時間と電車事情】


 鉄道ジャーナルだったか鉄道ファンだったかは忘れてしまいましたが、
 就寝前に、電車の雑誌をチラチラと眺めていたら、ここ数年、
 JRも私鉄も都心近郊部の通勤電車を続々と新型車両へと入れ替えています。

 JR常磐線に登場した2階建ての車両も数年で廃車になったとか、
 そういえば最近見かけていませんでした。新型の車両に入れ替わり、
 乗り心地も良くなり、いろいろな工夫もされております。

 先日、子供と一緒に見たDVD「乗り物探検隊・大阪通勤電車」でも、
 座席の向きが運転席のボタンひとつで、ロングシートとクロスシートを
 切り替えできたり、座席が天井から降りてきたりといろいろありました。

 このように鉄道会社各社では、通勤の混雑を緩和したり、
 快適な乗り心地を提供しようとしていますが、一方で、
 このような工夫や近代化が運行の遅れの原因となっている
 ケースもあると、日本経済新聞の調査結果で分かりました。
 

 ≪日本経済新聞より≫

 ・30分以上の列車遅延は、前年度2割増、15年前からは倍に。
  (少しの遅れなら、おそらくもっとでは。)
 
 ・輸送力増強のため運行本数を増やしたため、運転間隔が短くなり、
  少しの遅れが後続に影響を与える。

 ・沿線人口の伸びが乗客数を増加させ、乗り降りに時間がかかると、
  すぐに運行ダイヤに遅れが生じる。

 ・なるべく空間にゆとりを出そうと座席を減らしドアを増やした結果、
  ドアに物が挟まるケースが増加→開け閉めが増えて遅れる。

 ・路線が複雑になり、相互乗り入れが増えたことも一因。
  例:高崎の遅れが横浜まで影響するなど

 ・運行ダイヤのコンピューター管理もまだ未成熟で、人手に頼る部分も
  多く、かえって手間取るケースもある。

 ・車両もコンピューター制御が増えてきた。電車もパソコンと同様に
  突然動きが悪くなることがあり、その点検やリセットのために、
  列車を駅に止める時間が長くなることも。車両故障の遅延も2割増。


 沿線人口が多い路線では、朝の通勤時間帯に、電車の渋滞が起こる
 ケースがあります。車の渋滞と原理は同じで、前が詰まると後続は
 速度を落とさなくてはならず、それが連鎖します。

 住まいを探す際、我々不動産会社の営業マンは、通勤に必要な所要時間を
 鉄道会社から表示される時間でお伝えするしかありません。

 しかし、上記のように通勤時間帯は計算通りにならないこともありますので、
 余裕を持った計算をしておきましょう。駅での乗り換えも、
 混雑時は通常の乗り換え所要時間よりも多めに必要です。

 通勤に慣れている皆さまは、通勤電車の大変さに慣れて、
 当たり前のように受け入れておりますが、
 車通勤の私がたまに乗るととても大変だなと感じ、
 毎日通勤されている方に尊敬の念さえ覚えます。

 この大変さを、住まい探しをお手伝いする際に忘れないようにして、
 安易に通勤時間を延ばす提案をしないように心がけております。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 スマッチ!(リクルート運営)にてブログを始めました。

 ≪住宅購入応援人の『これは知っとけ!』≫
  http://sibata.blog.smatch.jp/

 ◆住みここち心理テスト
  http://sibata.blog.smatch.jp/archive/95

 ◇地震ハザードステーション
  http://sibata.blog.smatch.jp/archive/91

 ◆こんな働き方でいいのかな
  http://sibata.blog.smatch.jp/archive/88

 ◇やばいです
  http://sibata.blog.smatch.jp/archive/86

 同ブログ独自の記事も掲載しておりますので、ご興味がある方はどうぞ。
 なお、タイトルは運営会社の担当者が名づけ親で、
 小心者の私は「これは知っとけ!」と偉そうなタイトルは付けられません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行責任者】

 柴田 誠(不動産コンサルティング技能登録、ファイナンシャルプランナー)

・昭和44年1月25日生まれ A型 船橋市立小室中→千葉県立八千代高

・船橋市小室町にて、男の子二人と妻・母の五人暮らし

・千葉県内で37年の生活と15年の不動産営業から地域情報に精通し、ファイ
 ナンシャルプランナー業務から住宅ローンに強い不動産コンサルタント。
 セミナー・小冊子などによる初めての不動産購入者へのアドバイスに注力
 して、不動産購入のサポートを中心に携わっています。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【初めてでも失敗しない不動産の買い方】 

 購読中止・変更 :http://www.preseek.jp/
 発行システム  :まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ )
 解除はこちらから:http://www.mag2.com/m/0000137258.html

 ☆物件をお探しの方だけでなく、不動産・住宅ローンの相談もお気軽に。

【発行元】
 株式会社プレシーク 千葉県知事(5)第10682号 
 〒277-0053 千葉県柏市酒井根5-2-1 TEL 04-7176-1611
 ・旭化成不動産情報ネットワーク(へーベルハウス)会員
 ・MRD全国不動産情報(ミサワホーム)会員

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ