二世帯同居

 不動産購入応援サイト「プレシーク」 -- http://www.preseek.jp/ --

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
 
   ◆□◆初めてでも失敗しない不動産の買い方◆□◆ 

   第41号  平成18年9月24日   発行 株式会社プレシーク

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□


 このメールマガジンは、不動産取引の知識を分かりやすくお伝えして、
 不動産購入をどのように進めていくのか、お伝えしております。


 1681人の読者のみなさま。こんにちは。
 不動産購入応援サイト管理人の 柴田 誠 です。


 9月も終わりに近づき、風も冷たくなってきて、一気に秋へ移りましたね。
 夏の余韻で、つい薄着で寝てしまい、風邪が続いてしまったこの頃です。


 先日発表されました基準地価のニュースをご覧になった方も多いと思います。
 三大都市圏では、都心部を中心に、住宅地・商業地とも上昇した地点も多く、
 地価の下げ止まりから地価上昇局面へと移ったことがうかがえます。


 しかし、人口減・団塊ジュニアの需要減・消費税や金利などの社会情勢などから、
 このままの上昇傾向が長く続くとは思えません。
 短くて3~5年、長くて5~10年の間に地価動向の分岐点が訪れ、
 地価も安定・下落基調になるのではないでしょうか。


 この動向から考えれば、売り時ではあるかもしれませんが、
 買い時ではないかもしれませんね。


 ただ、住まいの購入は、資産価値の先行きだけでは考えられるものではなく、
 家族の状況、これからの人生全体から考えるべきもので、
 いつ買うべきなのか、今なのか、まだいいのかを見極めて判断して下さい。
 これは、金利動向や社会状況などにも同じことが言えます。


 もし、どうしたら良いのか分からないとお悩みの方は、
 身近で頼りなる先輩方々に相談してみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【不動産購入サポート会員募集中】

 不動産購入サポート「プレシーク」とは、会員の方だけがご利用頂ける
 不動産購入のプレミアムサービスの総称です。

 不動産、住宅ローン、保険見直しなど、不動産を購入する際のさまざまな
 場面にあわせて、多彩なサービスをご用意しております。

 面談付きの正会員とメールサポートのネット会員。
 不動産購入に際してのセカンドオピニオン的な役割をするサービスです。

 詳細は http://www.preseek.jp/main/sapo.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【二世帯同居】


 二世帯住宅とは、玄関から水周りまですべて各々の世帯で独立している
 形態で、二戸の共同住宅と同じ。アパートと違うのは、画一的な間取り
 ではなく、それぞれの希望を取り入れた間取りになっていること。


 それに対し、二世帯同居住宅は、大きな一戸の住宅で二世帯が共同生活を
 する形態で、単世帯の建物をより部屋数を多く、大きくした建物になる。


 この他に、一部共同、一部独立という形態の準二世帯住宅(?)もあります。
 どこまで独立させるか、何を共同利用するかは、世帯間での話し合いに
 なりますが、玄関か玄関と浴室は共同で、キッチンやリビングは独立と
 いうパターンが多いように思います。


 それぞれに良さ悪さはあると思いますが、どのタイプが適しているかは、
 各世帯の状況や考えなどにより異なります。


 このパターンの中から、一番希望されるのは、完全分離タイプ、
 逆に一番避けたいと言われるのが、同居タイプです。


 それぞれにメリット・デメリットはありますが、
 お金の面では、同居タイプが一番メリットがあります。


 二世帯住宅そのものでも、敷地の手当てや資金力から、
 それぞれ単世帯を持つより負担が少なくて済みますが、
 同居タイプの場合、さらに設備も重複が減り、建築コストが下がる。
 さらに入居後も重複する生活費が軽減できます。


 しかし、他人が必ずひとり同居するわけですから、
 いろいろと苦労も多く、ここが敬遠される理由です。


 実は、私の家は、二世帯で同居型の共同生活を送っています。
 この経験から、二世帯をご検討の方へと記事を書きましたので、
 ご参考にしてみてください。

 http://preseek.seesaa.net/article/24348649.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 不動産とくらしのコラム

 ◆小中学校の第三者評価
  http://preseek.seesaa.net/article/24045336.html

 ◇ホームロイヤーの家計版。
  http://preseek.seesaa.net/article/23886382.html

 ◆連帯保証と連帯債務の仕組み
  http://preseek.seesaa.net/article/23848494.html

 ◇火災保険のポイント
  http://preseek.seesaa.net/article/23586693.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行責任者】

 柴田 誠(不動産コンサルティング技能登録、ファイナンシャルプランナー)

・昭和44年1月25日生まれ A型 船橋市立小室中→千葉県立八千代高

・船橋市小室町にて、男の子二人と妻・母の五人暮らし

・千葉県内で37年の生活と15年の不動産営業から地域情報に精通し、ファイ
 ナンシャルプランナー業務から住宅ローンに強い不動産コンサルタント。
 セミナー・小冊子などによる初めての不動産購入者へのアドバイスに注力
 して、不動産購入のサポートを中心に携わっています。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【初めてでも失敗しない不動産の買い方】 

 購読中止・変更 :http://www.preseek.jp/
 発行システム  :まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ )
 解除はこちらから:http://www.mag2.com/m/0000137258.html

 ☆物件をお探しの方だけでなく、不動産・住宅ローンの相談もお気軽に。

【発行元】
 株式会社プレシーク 千葉県知事(5)第10682号 
 〒277-0053 千葉県柏市酒井根5-2-1 TEL 04-7176-1611
 ・旭化成不動産情報ネットワーク(へーベルハウス)会員
 ・MRD全国不動産情報(ミサワホーム)会員

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ