ゼロ金利解除後の住宅ローン

 不動産購入応援サイト「プレシーク」 -- http://www.preseek.jp/ --

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
 
       ◆□◆初めてでも失敗しない不動産の買い方◆□◆ 

     第39号  平成18年8月1日   発行 株式会社プレシーク

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□


 このメールマガジンは、不動産取引の知識を分かりやすくお伝えして、
 不動産購入をどのように進めていくのか、お伝えしております。


 1622人の読者のみなさま。こんにちは。
 不動産購入応援サイト管理人の 柴田 誠 です。


 関東では、ようやく梅雨明けしましたが、最高気温が30度までいかず、
 すごしやすい日々です。仕事をするでも、子供が遊ぶでも、
 快適な気候ですが、夏らしくないと商売が・・・という方も。


 う~ん、いろいろな立場で考えると、難しいですね。
 住まい選びでも、一律には考えられず、皆様それぞれに
 最適な住まいは違います。


 昨日、旧国鉄汐留操車場を再開発した新しいオフィス街に行ってきました。
 ドラマに出てくるようなオフィス環境で、若い女性はこういう所で
 働きたいんだろうなと思わせられ、かくいう私も憧れています。


 ここにはお客さまと打ち合わせという本来の業務ではなく、
 某大手メディア?(ジャンルの特定が難しい)と新規事業の打ち合わせに
 行ってきたのですが、そこの担当者の方も、
 個性の時代に、同じような箱(建売やマンション?)を売る(買う)のは、
 これからの住宅業界(購入者も)に逆行しているのではないかと。


 不動産(物件)がまずありきの不動産・住宅業界から、
 個人(人)が中心に、きめ細かい新しいスタイルに変わると、
 予言?されていました。(こうあるべきという理想)
 やはり、時代をリードする会社の方は、私のような凡人とは違いますね。


 現実は、そういうスキルを持った(目覚めた)人が少ないとの嘆きもあり、
 そこで私に白羽の矢が立ったらしいです、たぶん。


 旭化成(へーベルハウス)の不動産情報ネットワークでも、
 先月、トップレベルの先鋭を集めた研究会が新宿で行われ、
 そこでも、物件ありきから、個性を重視した住まい探しへの変換として
 今後どうあるべきなのか、熱い議論がなされました。


 この個性を尊重した新しい住まい探しを体験したい方は、
 お近くの旭化成不動産情報ネットワーク加盟不動産会社へどうぞ。


 追伸:オフィスは新しさと斬新さでは汐留の勝ちかな。。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【不動産購入サポート会員募集中】

 不動産購入サポート「プレシーク」とは、会員の方だけがご利用頂ける
 不動産購入のプレミアムサービスの総称です。

 不動産、住宅ローン、保険見直しなど、不動産を購入する際のさまざまな
 場面にあわせて、多彩なサービスをご用意しております。

 面談付きの正会員とメールサポートのネット会員。
 不動産購入に際してのセカンドオピニオン的な役割をするサービスです。

 詳細は http://www.preseek.jp/main/sapo.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ゼロ金利解除後の住宅ローン】

 今月は、みなさん(特に業界が)注目の、ゼロ金利解除後初めての
 住宅ローン金利見直しがあり、大手都市銀行の金利が出揃いましたので、
 臨時号外として、速報とコメントをお伝えします。


 主要都市銀行の主な8月実行金利は、以下の通りです。
 (比較しやすいように全期間優遇適用後で表示します)


 ・3年固定 三菱東京UFJ:2.1%(+0.1)
       みずほ:2.0%(±0)
       三井住友:2.1%(±0.1)

 ・5年固定 三菱東京UFJ:2.65%(±0)
       みずほ:2.55%(±0)
       三井住友:2.6%(+0.05)

 ・10年固定 三菱東京UFJ:2.85%(-0.05)
       みずほ:3.05%(±0)
       三井住友:3.05%(±0)

 ・35年固定 三菱東京UFJ:3.27%(+0.03)
       みずほ:------
       三井住友:3.27%(+0.03)


 この結果を見て、どう感じられましたか?


 ゼロ金利解除に伴い、短期プライムレートが引き上げられ、
 金利が上がる上がると騒がれた割には、思ったよりも引き上げ幅は少なく、
 ほとんど変わらないと言えます。


 私の勝手な推測ですが、こうなった理由として

 1)庶民イジメのイメージを緩和するため
 2)8月の資金需要が少ない時期なので資金手当てができた
 3)住宅ローン競争の激化の結果、他行流れないようにするため

 と考えてみました。


 日本経済新聞では、次のように伝えております。

 ・ゼロ金利解除の影響がじわりと出てきた

 ・変動金利は10月に0.25%上がる見通し、8年ぶりの水準

 ・各銀行により戦略の違いが見える
  みずほ→短期固定客の取り込み狙いから金利据え置き
  三菱東京→適度な固定期間の需要から10年~20年の金利引き下げ
  三井住友→長期固定を他の大手より低くし取り込みを狙う

 ・FPの見解を紹介
  資金に余裕のある人は短期固定で繰り上げ返済を
  教育費の負担がある人は長期固定でリスク回避を


 論調としては、金利上昇に向かいますよ!
 確かに、これから上昇していくことは間違いないとは思います。


 しかし、今までが低すぎた(底といってもいい)のであって、
 動くとしたら上がるしかなかったのですから、当然といえば当然。


 また、今回程度の金利上昇なら、何も無い時でも、今までに何度も
 あったことですから、ゼロ金利解除の影響ではなく、
 単純な金融市場の影響ではないかと思います。
 これからもこの程度のことは頻繁に起こるでしょう。


 変動金利も10月に引き上げられるということですが、この程度の
 引き上げならば、不動産市場にも大きな影響はないと思います。
 それよりもこの引き上げ以降、どの程度上がるのか、
 それがいつになるのかを考えていく必要があります。


 もし、今回の金利上昇後、金利が微増減程度の安定になれば、
 やはり低金利水準であることは変わらず、いますぐ焦って購入に
 動き出す必要はないし、購入するにしても低金利で
 購入しやすい環境であるのは変わらない。


 この程度なら地価上昇の影響の方が購入環境には
 よっぽど大きな影響を与えています。


 しかし、金利上昇が急ピッチになり、高水準まで上昇してから
 安定するかもとご不安な方は、それなりの対策と動きをしても
 損をするわけではないので、ダメということではないですよ。
 保険と同じ考え方です。


 記事でも紹介されていたFPの言葉をそのものを単純に
 受け止めるのではなく、この両方の意見を総合すると真理が見えます。


 肝心なのは短期的なことだけを見て判断するのではなく、
 長期的な視野で考えましょうということ。そして、自分たちにあう
 住宅ローンの選定と対策をしましょうということです。


 単純に「金利上昇局面だから長期固定ですよ」という教科書に
 書かれていることをそのまま言うFPは、
 「金利が上昇するから早く買った方がいいですよ」と言う
 不動産や住宅の営業マンと同レベル。


 住宅ローンの選定そのものは実務的なテクニカルの話であって、
 本当に考えなければならないのは、今購入すべきなのか、
 購入しても大丈夫なのか、購入したい物件なのか、
 購入しても問題ない物件なのかを見極めることです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 不動産とくらしのコラム

 ◆意思表示について
  http://www.preseek.jp/column/column060722.html

 ◇地球温暖化と土地探し
  http://www.preseek.jp/column/column060723.html

 ◇通勤時間と住まい
  http://www.preseek.jp/column/column060725.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行責任者】

 柴田 誠(不動産コンサルティング技能登録、ファイナンシャルプランナー)

・昭和44年1月25日生まれ A型 船橋市立小室中→千葉県立八千代高

・船橋市小室町にて、男の子二人と妻・母の五人暮らし

・千葉県内で37年の生活と15年の不動産営業から地域情報に精通し、ファイ
 ナンシャルプランナー業務から住宅ローンに強い不動産コンサルタント。
 セミナー・小冊子などによる初めての不動産購入者へのアドバイスに注力
 して、不動産購入のサポートを中心に携わっています。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【初めてでも失敗しない不動産の買い方】 

 購読中止・変更 :http://www.preseek.jp/
 発行システム  :まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ )
 解除はこちらから:http://www.mag2.com/m/0000137258.html

 ☆物件をお探しの方だけでなく、不動産・住宅ローンの相談もお気軽に。

【発行元】
 株式会社プレシーク 千葉県知事(5)第10682号 
 〒277-0053 千葉県柏市酒井根5-2-1 TEL 04-7176-1611
 ・旭化成不動産情報ネットワーク(へーベルハウス)会員
 ・MRD全国不動産情報(ミサワホーム)会員

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ