土地・地域の見方

 不動産購入応援サイト「プレシーク」 -- http://www.preseek.jp/ --

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
 
         ◆□◆初めてでも失敗しない不動産の買い方◆□◆

          第34号  平成18年3月31日   発行 株式会社プレシーク 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

 このメールマガジンは、不動産取引の知識を分かりやすくお伝えして、
 不動産購入をどのように進めていくのか、お伝えしております。
 ご質問などがございましたら、お気軽にお尋ね下さい。

 1619人の読者のみなさま。こんにちは。
 不動産購入応援サイト管理人の 柴田 誠 です。

 今日で“平成17年度”が終わり、明日から“平成18年度”になります。
 私も皆さんも年が変わるという実感は、お正月の方があるかと思います。
 生活の変化では、この年度変わりの方があるのではないでしょうか。

 税制や社会制度なども、新年度になって適用されるケースが多く、
 新年度で一番身近なところでは、介護保険料や国民年金の値上げです。

 地価や株価が回復してくるなど、景気回復を感じさせるニュースも
 多いですが、この恩恵は一部の個人と法人と都会に限定され、
 一般の生活では、増税なども加え、厳しい状況が続きます。

 雇用情勢が、失業・解雇などの暗いニュースが出てこない分、
 不景気、不況という暗さまでは感じないのが救いです。

 また、旅行やレジャー、外食産業は好調なようですので、
 生活が出来ないというほど深刻さもないのかな。

 しかし、家計格差も生まれているとのことですので、
 これからの生活について、一度考えてみてはいかがでしょうか。

 コラム:気になる家計格差
 http://preseek.seesaa.net/article/15342750.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【後悔しない不動産購入マニュアル(CD-R)】

 不動産会社に問い合わせをする前に、最低知っておくべきポイントをこの
 CD-Rに分かりやすくまとめました。ハンドブック基礎編・実践編、不動産
 購入基礎知識、ニュースレター・メールマガジンバックナンバー収録。
 A4ファイルで450ページ超の情報量です。送料・税込みの3,000円です。

 詳しくは、http://www.preseek.jp/main/book.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【土地・地域の見方】

 各地を歩き回り、司馬遼太郎氏からも敬愛された民俗学者宮本常一が
 父から送られた言葉・教えに、土地や地域を見る際に役立つ言葉があります。

 1.汽車に乗ったら窓から外をよく見よ、田や畑に何が植えられているか、
   育ちがよいかわるいか、村の家が大きいか小さいか、瓦屋根か草葺きか、
   そういうこともよく見ることだ。

   駅へついたら人の乗りおりに注意せよ、そしてどういう服装をしている
   かに気をつけよ。また、駅の荷置場にどういう荷がおかれているかを
   よく見よ。そういうことでその土地が富んでいるか貧しいか、
   よく働くところかそうでないところかよくわかる。

 2.村でも町でも新しくたずねていったところはかならず高いところへ
   上ってみよ、そして方向を知り、目立つものを見よ。

   峠の上で村を見おろすようなことがあったら、お宮の森やお寺や目に
   つくものをまず見、家のあり方や田畑のあり方を見、周囲の山々を
   見ておけ、そして山の上で目をひいたものがあったら、そこへは
   かならずいって見ることだ。高いところでよく見ておいたら道に
   まようようなことはほとんどない。

 3.金があったら、その土地の名物や料理はたべておくのがよい。
   その土地の暮らしの高さがわかるものだ。

 4.時間のゆとりがあったら、できるだけ歩いてみることだ。
   いろいろのことを教えられる。

 (中略)

 10.人の見のこしたものを見るようにせよ。その中にいつも大事なものが
   あるはずだ。あせることはない。自分のえらんだ道をしっかり
   歩いていくことだ。

 (宮本常一『民俗学の旅』)

 時代背景の違いもあり、言葉はあてはまらなくても、根本は変わらなく、
 とても参考になる内容です。現代風、土地見学風に直してみますと、
 風景や人を見てその地域を知ること、高いところ(地図も参照)から
 大きく全体を見ること、五感などをフル活用して感じること
 となるのでしょうか。

 そして、最後の言葉は、住まい探しの基本に通じるかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 不動産とくらしのコラム

 ◆建物も二極化の傾向
  http://preseek.seesaa.net/article/14194883.html

 ◆量的緩和解除が決定し、これからの予測
  http://preseek.seesaa.net/article/14569778.html

 ◇書庫のある家
  http://preseek.seesaa.net/article/14306683.html

 ◇当初優遇か全期間優遇か
  http://preseek.seesaa.net/article/15036579.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【あとがき】

 不動産情報サイト「HOMES」に“不動産屋さんの本音を聞きたい!”
 という企画がございましたので、ちょっと参加してみました。

 ----不動産屋さんに7つの質問

 1.あなたの普段のお仕事は?
   不動産購入のサポート全般(相談、物件紹介、契約業務など)
   住宅ローンのサポート(相談、実行補助)

 2.不動産屋さん歴はどのくらいですか?
   不動産業務15年(弊社では3年)

 3.不動産屋さんになったきっかけ、理由はなんですか?
   宅建に合格したので

 4.仕事で「よかった」と思うのはどんなとき?
   お客様に満足する住まいを紹介できた時

 5.「こんなすごいお客様がいた!」というエピソードを教えてください
   購入資金が宝くじの当選金

 6.不動産屋さんとしてのあなたのポリシーは?
   マイナス材料もキチンとお知らせする

 7.住まいをお探しの方に、ひとことアドバイスをどうぞ!
   物件探しよりも信頼できる人探しが大切です。
 ----

 ここ数日、弊社会員さまへのサポート業務が多忙を極め、
 メルマガ発行が遅れてしまい、申し訳ございません。
 これからもよろしくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行責任者】

 柴田 誠(不動産コンサルティング技能登録、ファイナンシャルプランナー)
・昭和44年1月25日生まれ A型 船橋市立小室中→千葉県立八千代高
・船橋市小室町にて、男の子二人と妻・母の五人暮らし
・千葉県内で37年の生活と15年の不動産営業から地域情報に精通し、ファイ
 ナンシャルプランナー業務から住宅ローンに強い不動産コンサルタント。
 セミナー・小冊子などによる初めての不動産購入者へのアドバイスに注力
 して、不動産購入のサポートを中心に携わっています。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【初めてでも失敗しない不動産の買い方】 

 購読中止・変更 :http://www.preseek.jp/
 発行システム  :まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ )
 解除はこちらから:http://www.mag2.com/m/0000137258.html

 ☆物件をお探しの方だけでなく、不動産・住宅ローンの相談もお気軽に。

【発行元】
 株式会社プレシーク 千葉県知事(5)第10682号 
 〒277-0053 千葉県柏市酒井根5-2-1 TEL 04-7176-1611
 ・旭化成不動産情報ネットワーク(へーベルハウス)会員
 ・MRD全国不動産情報(ミサワホーム)会員

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ