「不動産は縁」は今でも有効(2017/11/26号)

◆◆ PRESEEK news ◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 
  ◆□◆初めてでも失敗しない不動産の買い方◆□◆
   第221号 平成29年11月26日   発行 株式会社プレシーク

━━━━━━━━━━━━━◆◆プレシークの不動産購入豆情報◆◆━━━━

読者のみなさま。こんにちは。
不動産購入応援サイト管理人の 柴田 誠 (しばたまこと)です。
今週のニュースメールをお送りいたします。


11月最後の週末も終わり、来週には12月に入ります。
この時期になると「1年、早いね」という言葉が
挨拶のように飛び交いますが、皆さまはいかがでしょうか。

12月1日に入ると、
あっという間の1年を振り返る新語、流行語大賞の発表と
来年の盛り上がりを左右するサッカーW杯の組み合わせ抽選があります。

どちらも相手を意識していないでしょうが、
メディアは、折角のネタなんだから、
数日ずれてくれればいいのに、なんて、
愚痴をこぼしているのでしょうか。


不動産の世界でも、なんで今、
と思うようなタイミングの難しさを感じることがあります。

今まで、しばらく売れていなかった物件に、
なぜか、バタバタとお客様が来て、
購入の希望が重なってしまった。

不動産は1つしかないため、
購入できる人以外は断念していただくことになります。

今まで、ずっと販売していたのだから、
少しずれていれば買えたのにと思います。

これとは逆に、
見学者も多く、強気に販売交渉をしていたら、
他に流れてしまい、誰もいなくなってしまった、
というようなこともあったりします。

不動産の売買、
特に流通(中古の戸建てやマンション、売地)では、
これはと思ったら買う、
これならいいかと思ったら売る、
というようなタイミング、判断が必要になる時があります。

古くからの言葉ですが、
「不動産は縁」は今でも生きています。


---------------------------------------------------------○---------○---
  今週の注目記事
---------------------------------------------------------○---------○---

想定利回りにダマされるな! 空室で泣きを見ないための賃貸経営術
http://www.toushin-1.jp/articles/-/4580

不動産契約の手間を削減、ブロックチェーンの可能性
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23853330U7A121C1000000/

建売住宅に欠陥 売り主の責任、どこまで追及できる?
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO23037990S7A101C1000000?channel=DF250520172541

中古マンション在庫膨らむ 高値で成約鈍化
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23825200S7A121C1920M00/

実は収納のためにローンを払ってた!?
https://sumaiweb.jp/archives/82692

不動産会社に行く前に予約がマストな理由って?
https://sumaiweb.jp/archives/81376

非公開の展望台と松虫姫伝説 終点・印旛日本医大駅“4つの謎”
http://bunshun.jp/articles/-/4924

「不動産屋の仲介手数料は値引きできない」はフェイクだった
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53568

「タダ同然の廃墟物件」に買い手が集まる理由
http://toyokeizai.net/articles/-/197678

せっかく貯めた頭金を運用に回し、全額ローンで住宅購入した男性の悲劇
http://diamond.jp/articles/-/150110

共働き夫婦はマンション購入で失敗しやすい
http://toyokeizai.net/articles/-/198033

その他コラム一覧
https://www.preseek.co.jp/category/%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0/

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 住宅購入セミナー「資産価値が目減りしにくい住宅購入」

1. 新築マンションは築15年で半額って本当?
  新築マンションは購入時から築15年にかけて大きく価値を落とし、
  それ以降は緩やかな低減となります。
  つまりマンションは築10年~15年が狙い目です。

2. 地盤に潜む大きなリスク!良い地盤と悪い地盤の判断基準って?
  家選びは土地選び。土地を選ぶことは大切です。
  買ってすぐ「町が液状化」はショック!
 「池」「沼」「谷」などの地名は要注意なんです。

3. 資産価値は「立地」で決まる
  資産価値は「立地」で決まります。
  郊外に建てた豪華な造りの家よりも、ローコスト住宅であっても
  より都心よりの住宅の方が資産価値が高いのです。

セミナー受講申し込み、住宅購入相談は下記より
詳細 https://house-adviser.jp/

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
【発行責任者】
柴田 誠(不動産コンサルティングマスター、宅建マイスター、ファイナンシャルプランナー)
昭和44年1月25日生まれ A型 船橋市立小室中→千葉県立八千代高
船橋市小室町にて、男の子二人と妻・母の五人暮らし

千葉県内45年の生活と25年の不動産営業から地域情報に精通し、
ファイナンシャルプランナー業務から住宅ローンに強い住宅購入アドバイザー。
セミナー・小冊子などによる初めての不動産購入者へのアドバイスに注力して、
住まいの購入サポートを中心に携わっています。
facebook:http://www.facebook.com/shibata.makoto
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
【初めてでも失敗しない不動産の買い方】
 発行システム  :まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ )
 解除はこちらから:http://www.mag2.com/m/0000137258.html

 ☆物件をお探しの方だけでなく、不動産・住宅ローンの相談もお気軽に。
【発行元】  株式会社プレシーク 千葉県知事(7)第10682号 
  〒277-0053 千葉県柏市酒井根5-2-1 TEL 04-7176-1611

不動産購入応援サイト https://www.preseek.jp/
仲介手数料“優遇”サービスの特典付き!
詳細はこちらより https://www.preseek.jp/buy/fee.pdf
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●



仲介手数料が安い中古マンション購入

サブコンテンツ

このページの先頭へ