不動産投資は戸建ての時代へ(2017/11/12号)

◆◆ PRESEEK news ◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 
  ◆□◆初めてでも失敗しない不動産の買い方◆□◆
   第219号 平成29年11月12日   発行 株式会社プレシーク

━━━━━━━━━━━━━◆◆プレシークの不動産購入豆情報◆◆━━━━

読者のみなさま。こんにちは。
不動産購入応援サイト管理人の 柴田 誠 (しばたまこと)です。
今週のニュースメールをお送りいたします。


昨日、売却をご依頼いただきました現場で、
お問い合わせをいただきましたお客様をお待ちしておりましたところ、
現場の前にクルマが3台も停まり、
車内から人がぞろぞろ降りてきました。

何事かと思って見ていたら、
現場をご見学にお越しになられたお客様ご一行でした。

電話でお問い合わせをいただきましたままに、
現場でお待ちしておりましたが、
通常のご見学では、ご家族、もしくは、
親御さんも含めた2家族までというケースがほとんどで、
これだけ多くのお客様が、
一気に詰めかけるというのは驚いた次第です。

まさに、ご一行という印象でしたが、
皆さまは、不動産投資をご検討されている方々です。

不動産投資の勉強会に参加されている皆さまで、
実際に現地を見てみましょう、ということで、
丸一日、たくさんの現場を見て回られているようです。

勉強会の主催者2人を含め、総勢で15人くらい、
玄関に靴が入りきれず、外まで靴が並びました。

ここ最近は、一棟のアパートやマンション、
分譲マンションの1住戸よりも、
手ごろな戸建て賃貸が流行っているようです。

投資家の皆さまの視点では、
アパートやマンションは大量供給が続き、
空家も多くて、稼働率の悪化と賃料の低下から、
投資しづらくなっているようです。

それに引き換え、
戸建ては賃貸供給が少なく、
需要は多いため、賃貸経営の安定度が高く、
また、古くなれば土地で売ってしまえば、
という出口戦略もあるようです。

先日、神奈川県座間市のアパートを現場に、
悲惨な事件がございました。

アパートの場合、入居者の質も落ちる傾向にあることから、
家族向けの戸建ての方がリスクが少ない、
というお考えもあるようです。

---------------------------------------------------------○---------○---
  今週の注目記事
---------------------------------------------------------○---------○---

中古マンションに掘り出し物などない。「好立地なのに安い」ワケ
http://www.mag2.com/p/news/326676

「賃貸vs持ち家」論争 家を買うといいのは“こんな人”
https://moneyforward.com/media/house/33141/

35歳以上は切り捨て? 子育て世帯優先のUR都市機構に殺される人々
http://www.mag2.com/p/news/243871

「買ったほうがトク」持ち家派に欠けるバランスシートの概念
https://www.news-postseven.com/archives/20171104_626434.html

「テック」ブームに新風!「不動産テック」とは?
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20171107-OYT8T50112.html?from=ytop_os2

その他コラム一覧
https://www.preseek.co.jp/category/%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0/

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 住宅購入セミナー「資産価値が目減りしにくい住宅購入」

1. 新築マンションは築15年で半額って本当?
  新築マンションは購入時から築15年にかけて大きく価値を落とし、
  それ以降は緩やかな低減となります。
  つまりマンションは築10年~15年が狙い目です。

2. 地盤に潜む大きなリスク!良い地盤と悪い地盤の判断基準って?
  家選びは土地選び。土地を選ぶことは大切です。
  買ってすぐ「町が液状化」はショック!
 「池」「沼」「谷」などの地名は要注意なんです。

3. 資産価値は「立地」で決まる
  資産価値は「立地」で決まります。
  郊外に建てた豪華な造りの家よりも、ローコスト住宅であっても
  より都心よりの住宅の方が資産価値が高いのです。

セミナー受講申し込み、住宅購入相談は下記より
詳細 https://house-adviser.jp/

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
【発行責任者】
柴田 誠(不動産コンサルティングマスター、宅建マイスター、ファイナンシャルプランナー)
昭和44年1月25日生まれ A型 船橋市立小室中→千葉県立八千代高
船橋市小室町にて、男の子二人と妻・母の五人暮らし

千葉県内45年の生活と25年の不動産営業から地域情報に精通し、
ファイナンシャルプランナー業務から住宅ローンに強い住宅購入アドバイザー。
セミナー・小冊子などによる初めての不動産購入者へのアドバイスに注力して、
住まいの購入サポートを中心に携わっています。
facebook:http://www.facebook.com/shibata.makoto
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
【初めてでも失敗しない不動産の買い方】
 発行システム  :まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ )
 解除はこちらから:http://www.mag2.com/m/0000137258.html

 ☆物件をお探しの方だけでなく、不動産・住宅ローンの相談もお気軽に。
【発行元】  株式会社プレシーク 千葉県知事(7)第10682号 
  〒277-0053 千葉県柏市酒井根5-2-1 TEL 04-7176-1611

不動産購入応援サイト https://www.preseek.jp/
仲介手数料“優遇”サービスの特典付き!
詳細はこちらより https://www.preseek.jp/buy/fee.pdf
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●



仲介手数料が安い中古マンション購入

サブコンテンツ

このページの先頭へ