損しない住まい探し(2017/10/29号)

◆◆ PRESEEK news ◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 
  ◆□◆初めてでも失敗しない不動産の買い方◆□◆
   第217号 平成29年10月29日   発行 株式会社プレシーク

━━━━━━━━━━━━━◆◆プレシークの不動産購入豆情報◆◆━━━━

読者のみなさま。こんにちは。
不動産購入応援サイト管理人の 柴田 誠 (しばたまこと)です。
今週のニュースメールをお送りいたします。


今週も台風直撃であいにくの天候となりました。
行楽も住まい探しも思うように進まない方も多いと思います。
平日も雨が多いと、写真撮影ができなかったり、
なにかと不都合が多く、来週こそはと期待したいと思います。


今週の週刊ダイヤモンドでは、不動産の特集記事が掲載されました。
「損しない、マンション×戸建て×中古リノベ」

要所のみご紹介させていただきます。

新築マンションは、価格高騰により成約数が減少している。
高騰する新築マンションを買えない消費者の受け皿となった
中古マンションも買い手が付きにくくなった。

郊外の戸建ても現在は堅調だが、
今後、生産緑地の指定解除による宅地化が進めば、
住宅の需給バランスを一気に崩壊させる危険性がある。

「中古は絶対イヤ」
奥様の一言で新築マンションを探すも、
共働きのため駅から近い物件を探すと、
高くて手が出ない。

このギャップを埋めるのが近年増えている
「リノベーション」物件。

リフォームは現在の住居をベースに新装するもので、
リノベーションは一度、リセットして新規に作り直すものと区別されます。

このリノベーション物件には、以下の三種類があります。
1)リノベーション済み
2)自分でリノベ
3)ワンストップリノベ

それぞれに一長一短があり、
ご自身にあうスタイルにて選ぶことになります。

今後、住宅は、資産価値が維持される物件、
なだらかに下落する物件、無価値の物件という三極化が進むと言われる。

同誌では、中古マンション、戸建ての両方において、
損しない選び方を紹介しております。
また、リノベーションのタイプ別の説明もあります。

さすがに、これを書くとまずいので、
ご興味がある方は同誌をお手に取ってみてください。


おまけ)
今週のPRESIDENTでの定例企画の「金持ち、ビンボー」シリーズが掲載されました。
今回は老後生活にスポットを当てています。

今後の社会事情から住宅や教育などの家計、
住宅ローンの組み方や不動産の買い方まで幅広くカバーしております。


---------------------------------------------------------○---------○---
  今週の注目記事
---------------------------------------------------------○---------○---

マンションバブル崩壊、戸建て価格暴落の不気味な予兆
http://diamond.jp/articles/-/146564

絶対に修繕されないボロマンションも需要がある日本の悲惨な現実
http://www.mag2.com/p/news/238694

東京の不動産、「大暴落論」は全く根拠がない
http://toyokeizai.net/articles/-/193399

好条件のマンション登場。でも……今度は予想外の事実が判明!
https://lee.hpplus.jp/kurashinohint/756338/

その他コラム一覧
https://www.preseek.co.jp/category/%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0/

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 住宅購入セミナー「資産価値が目減りしにくい住宅購入」

1. 新築マンションは築15年で半額って本当?
  新築マンションは購入時から築15年にかけて大きく価値を落とし、
  それ以降は緩やかな低減となります。
  つまりマンションは築10年~15年が狙い目です。

2. 地盤に潜む大きなリスク!良い地盤と悪い地盤の判断基準って?
  家選びは土地選び。土地を選ぶことは大切です。
  買ってすぐ「町が液状化」はショック!
 「池」「沼」「谷」などの地名は要注意なんです。

3. 資産価値は「立地」で決まる
  資産価値は「立地」で決まります。
  郊外に建てた豪華な造りの家よりも、ローコスト住宅であっても
  より都心よりの住宅の方が資産価値が高いのです。

セミナー受講申し込み、住宅購入相談は下記より
詳細 https://house-adviser.jp/

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
【発行責任者】
柴田 誠(不動産コンサルティングマスター、宅建マイスター、ファイナンシャルプランナー)
昭和44年1月25日生まれ A型 船橋市立小室中→千葉県立八千代高
船橋市小室町にて、男の子二人と妻・母の五人暮らし

千葉県内45年の生活と25年の不動産営業から地域情報に精通し、
ファイナンシャルプランナー業務から住宅ローンに強い住宅購入アドバイザー。
セミナー・小冊子などによる初めての不動産購入者へのアドバイスに注力して、
住まいの購入サポートを中心に携わっています。
facebook:http://www.facebook.com/shibata.makoto
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
【初めてでも失敗しない不動産の買い方】
 発行システム  :まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ )
 解除はこちらから:http://www.mag2.com/m/0000137258.html

 ☆物件をお探しの方だけでなく、不動産・住宅ローンの相談もお気軽に。
【発行元】  株式会社プレシーク 千葉県知事(7)第10682号 
  〒277-0053 千葉県柏市酒井根5-2-1 TEL 04-7176-1611

不動産購入応援サイト https://www.preseek.jp/
仲介手数料“優遇”サービスの特典付き!
詳細はこちらより https://www.preseek.jp/buy/fee.pdf
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●



仲介手数料が安い中古マンション購入

サブコンテンツ

このページの先頭へ