災害リスクと住居の立地(2017/10/22号)

◆◆ PRESEEK news ◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 
  ◆□◆初めてでも失敗しない不動産の買い方◆□◆
   第216号 平成29年10月22日   発行 株式会社プレシーク

━━━━━━━━━━━━━◆◆プレシークの不動産購入豆情報◆◆━━━━

読者のみなさま。こんにちは。
不動産購入応援サイト管理人の 柴田 誠 (しばたまこと)です。
今週のニュースメールをお送りいたします。


台風直撃の総選挙投票日となりました。
午前、午後の予定の間、お昼頃に投票所へ行くと、
悪天候ですが、大勢の方が投票にお出かけされておりました。
今まで以上に多かったように感じました。

飲食店、ショッピングモール、リサイクルショップ、
ゴルフ練習場、などなどの駐車場には多くの車が停まり、
道もいつも以上の混雑で、
日本の方はまじめなのか、台風にも負けない行動力です。

仕事中のためニュースに触れていないことから、
今回の台風でどれだけの被害が出ているのか、
まったくわかりませんが、
台風の際、どのような被害があるのか、
思いつくままに書いてみました。

1.浸水被害

ウェザーニュース社では
「災害レベルの大雨に警戒を」と表記し、
関東では24日9時までに最大総雨量200-300mmと予想しております。

先ほど、小川の橋を越えましたが、
溢れ出すギリギリまで水位が上昇していました。
降雨がこれからも増すため、周辺に溢れ出すのは避けられないと思われます。

ハザードマップや周辺地形などから、
自宅や行動範囲で浸水被害の危険性がどの程度か確認できます。
ハザードマップ総合:https://disaportal.gsi.go.jp/

2.風害

台風の場合、暴風を伴うことが多くなります。
周辺に飛びそうな人工物や樹木などがないかどうか(被害)
自宅の建物や庭から飛んでいきそうなものがないかどうか(被害と加害)、
チェックが必要です。

3.土砂災害

千葉県でも多くの市町村で土砂災害の警戒情報が発令中です。
https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/rainstorm/12/12225/#dosha

現段階では4段階中3番目ですが、
避難準備から避難へと移行しつつあり、
含水があるため、雨が止んでも危険性は維持されることがあります。

4.高潮、高波

詳細は不明ですが、今年発生している黒潮大蛇行は、
高潮被害の危険性を高めるとのことです。
もちろん、台風の暴風のため高波も注意が必要です。

これらの危険性を、台風が来た当日に言われても、
応急の処置までで、根本的に被害を回避できるかどうかは天任せになります。

自然災害に、人が対抗するには
事前の準備しかありません。

しかも、数日前のレベルではなく、
そもそも住居をどこに構えるか、
という災害リスクと居住立地の選択と判断になります。

これから購入される方は、
いざという時に困らないよう、立地を選ぶ際、
便利さだけでなく安全性も検討項目に加えてください。

---------------------------------------------------------○---------○---
  今週の注目記事
---------------------------------------------------------○---------○---

土地を選ぶ際には知っておきたい !
「準防火地域」で家を建てると建築費が高くなる?
https://zuuonline.com/archives/177330

追跡!マンション修繕工事の闇 狙われるあなたの積立金
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4049/index.html

その他コラム一覧
https://www.preseek.co.jp/category/%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0/

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 住宅購入セミナー「資産価値が目減りしにくい住宅購入」

1. 新築マンションは築15年で半額って本当?
  新築マンションは購入時から築15年にかけて大きく価値を落とし、
  それ以降は緩やかな低減となります。
  つまりマンションは築10年~15年が狙い目です。

2. 地盤に潜む大きなリスク!良い地盤と悪い地盤の判断基準って?
  家選びは土地選び。土地を選ぶことは大切です。
  買ってすぐ「町が液状化」はショック!
 「池」「沼」「谷」などの地名は要注意なんです。

3. 資産価値は「立地」で決まる
  資産価値は「立地」で決まります。
  郊外に建てた豪華な造りの家よりも、ローコスト住宅であっても
  より都心よりの住宅の方が資産価値が高いのです。

セミナー受講申し込み、住宅購入相談は下記より
詳細 https://house-adviser.jp/

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
【発行責任者】
柴田 誠(不動産コンサルティングマスター、宅建マイスター、ファイナンシャルプランナー)
昭和44年1月25日生まれ A型 船橋市立小室中→千葉県立八千代高
船橋市小室町にて、男の子二人と妻・母の五人暮らし

千葉県内45年の生活と25年の不動産営業から地域情報に精通し、
ファイナンシャルプランナー業務から住宅ローンに強い住宅購入アドバイザー。
セミナー・小冊子などによる初めての不動産購入者へのアドバイスに注力して、
住まいの購入サポートを中心に携わっています。
facebook:http://www.facebook.com/shibata.makoto
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
【初めてでも失敗しない不動産の買い方】
 発行システム  :まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ )
 解除はこちらから:http://www.mag2.com/m/0000137258.html

 ☆物件をお探しの方だけでなく、不動産・住宅ローンの相談もお気軽に。
【発行元】  株式会社プレシーク 千葉県知事(7)第10682号 
  〒277-0053 千葉県柏市酒井根5-2-1 TEL 04-7176-1611

不動産購入応援サイト https://www.preseek.jp/
仲介手数料“優遇”サービスの特典付き!
詳細はこちらより https://www.preseek.jp/buy/fee.pdf
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●



仲介手数料が安い中古マンション購入

サブコンテンツ

このページの先頭へ