空き家問題の解決は期待薄なら(2017/10/15号)

◆◆ PRESEEK news ◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 
  ◆□◆初めてでも失敗しない不動産の買い方◆□◆
   第215号 平成29年10月15日   発行 株式会社プレシーク

━━━━━━━━━━━━━◆◆プレシークの不動産購入豆情報◆◆━━━━

読者のみなさま。こんにちは。
不動産購入応援サイト管理人の 柴田 誠 (しばたまこと)です。
今週のニュースメールをお送りいたします。


10月10日公示され、来週に投票というスケジュールの総選挙。
中日?となる今週は、ネタ切れなのか、
選挙・政治がらみの話しやニュースが減少した気がします。

おそらく、野党の構成は変わるものの、
根本は変わることなく、解散前と同じ状況が続くことでしょう。

空き家・空き地の増加は、
家計、経済、地域活性、社会保障までつながる
大きな社会問題で、
子育て、教育問題並みに取り上げられるべきですが、
この問題を口に出す政党や政治屋は皆無です。


現在820万戸を超える空き家が、
今後、2150万戸に増加する試算がある。

空き家そのものが悪いわけではないが、
空き家は管理不全であるケースも多く、
災害時の被害拡大、犯罪の誘発、ゴミの投棄、
衛生面の悪化、景観の悪化、枝葉の越境など、
周辺に悪影響を及ぼしている。 

空き家の数が増えることにより、
地域自体のイメージ低下や衰退と繋がり、
ますます空き家が増えるという悪循環に陥ります。 

人口が急激に増えることは、
少子高齢化の改善が期待できない以上、
是非は別として移民政策などの
日本そのものを根幹から変えるしかないが、
それは現実的ではないことから、
不動産や住宅の需要が増やすことは難しい。 

毎年、何十万戸と住宅が新築され、
いくらか解体される建物があるものの、
住宅ストックが溜まり続ける状況はこれからも続きます。 

需要が増えない、供給(ストック含む)は増え続ける、
この部分から考えなければ、
空き家・空き地の増加が止まることはありません。

この状況が続くということは、
購入をご検討の際は、
売りやすい不動産を選ぶこと、
購入予算を減らすこと、
ムリして買わないことをお勧めします。

---------------------------------------------------------○---------○---
  今週の注目記事
---------------------------------------------------------○---------○---

9割以上のマンションが「修繕積立金破綻」の危機、回避の秘策は
http://diamond.jp/articles/-/145205

分譲中古物件で進む廃墟化 資産価値500万円が分岐点
http://www.zakzak.co.jp/eco/news/171009/eco1710090003-n1.html

一戸建てにシフトすべき?
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/215210

投資用マンション値下がり 7~9月、4四半期ぶり
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22052700Q7A011C1QM8000/

「住んだら地獄」な街ランキング――
TVのイメージとは大違い!? 買い物が不便、週末は大渋滞…
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171008-01408159-sspa-soci

その他コラム一覧
https://www.preseek.co.jp/category/%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0/

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 住宅購入セミナー「資産価値が目減りしにくい住宅購入」

1. 新築マンションは築15年で半額って本当?
  新築マンションは購入時から築15年にかけて大きく価値を落とし、
  それ以降は緩やかな低減となります。
  つまりマンションは築10年~15年が狙い目です。

2. 地盤に潜む大きなリスク!良い地盤と悪い地盤の判断基準って?
  家選びは土地選び。土地を選ぶことは大切です。
  買ってすぐ「町が液状化」はショック!
 「池」「沼」「谷」などの地名は要注意なんです。

3. 資産価値は「立地」で決まる
  資産価値は「立地」で決まります。
  郊外に建てた豪華な造りの家よりも、ローコスト住宅であっても
  より都心よりの住宅の方が資産価値が高いのです。

セミナー受講申し込み、住宅購入相談は下記より
詳細 https://house-adviser.jp/

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
【発行責任者】
柴田 誠(不動産コンサルティングマスター、宅建マイスター、ファイナンシャルプランナー)
昭和44年1月25日生まれ A型 船橋市立小室中→千葉県立八千代高
船橋市小室町にて、男の子二人と妻・母の五人暮らし

千葉県内45年の生活と25年の不動産営業から地域情報に精通し、
ファイナンシャルプランナー業務から住宅ローンに強い住宅購入アドバイザー。
セミナー・小冊子などによる初めての不動産購入者へのアドバイスに注力して、
住まいの購入サポートを中心に携わっています。
facebook:http://www.facebook.com/shibata.makoto
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
【初めてでも失敗しない不動産の買い方】
 発行システム  :まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ )
 解除はこちらから:http://www.mag2.com/m/0000137258.html

 ☆物件をお探しの方だけでなく、不動産・住宅ローンの相談もお気軽に。
【発行元】  株式会社プレシーク 千葉県知事(7)第10682号 
  〒277-0053 千葉県柏市酒井根5-2-1 TEL 04-7176-1611

不動産購入応援サイト https://www.preseek.jp/
仲介手数料“優遇”サービスの特典付き!
詳細はこちらより https://www.preseek.jp/buy/fee.pdf
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●



仲介手数料が安い中古マンション購入

サブコンテンツ

このページの先頭へ