災害リスクの影響(2017/09/12号)

◆◆ PRESEEK news ◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 
  ◆□◆初めてでも失敗しない不動産の買い方◆□◆
   第210号 平成29年09月12日   発行 株式会社プレシーク

━━━━━━━━━━━━━◆◆プレシークの不動産購入豆情報◆◆━━━━

読者のみなさま。こんにちは。
不動産購入応援サイト管理人の 柴田 誠 (しばたまこと)です。
今週のニュースメールをお送りいたします。

2017.9.9放送のNHKスペシャル
シリーズMEGA DRISIS 巨大危機2 ~脅威と闘う者たち~
第2集 異常気象・スーパー台風 予測不能の恐怖
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170909

番組紹介より--
地球温暖化の影響により、台風が日本列島の至近で
急速に猛烈な強さへと発達する危険性が警戒され始めている。
もし東京などの大都市を直撃すれば、河川の氾濫などにより、
最悪の場合、100万人規模の“大避難”が必要となるとみられる。
(中略)
大量の人々が逃げ遅れ、
ライフラインの途絶した環境に取り残されるという危機に陥る。
--

この番組を見た、率直な感想は、
下町6区のゼロメートル地帯、湾岸エリアで、
不動産を購入するのはリスクが高い、

高潮が押し寄せて埋め立て地を襲う映像、
豪雨による浸水が何日も引かずに孤立する映像を
見せられてしまったら、ここで暮らすことを
躊躇ってしまうだろうな、

地震と違って、天気予報などで予測ができるため、
危険なときは逃げることはできるが、

不動産を所有している場合、
災害にあいそうだから売ろうとしても当然間に合わない。

家を買おうとしている人が、
たまたま、この番組を見ている確率は低く、
また、買う時には、そこまで思いが至らない人も多く、
(建物のデザインや機能に気持ちが行ってしまう)
営業マンは売れなくなるので、
なるべく触れないように、目が届かないようにするため、
このリスクを知らずに買ってしまう人は多い。

(余談)
大震災前に、液状化リスクの高い埋め立て地で、
家を購入するなんてあり得ないと話していたら、
その地域で営業している市川市の業者から脅されました。
「殺すぞ」って。
(若い時分に交番を襲うような人だったのでリアリティあり)

さらに古くは、
傾斜地は土砂災害のリスクを警戒しなければならないと
話していたら、傾斜地が多い神戸市の業者より脅かされました。
「訴えるぞ」って。
(どうやって訴えるのでしょうか、営業妨害?)

この例で分かるように、不動産業者はリスクを隠します。
--

この先、温暖化が進めば、
この番組が架空の想定ではなく、大げさでもなく、
現実的に十分起こり得ると言ってもいいのは、
アメリカのハリケーン被害を見ても明らか。
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/083000328/

災害リスクが大きい地域に不動産を所有している人は、
災害が起きる前に売却してしまうこと、
これから購入する人は、
災害に強い地域を選ぶことをお勧めします。

所有している不動産の所在する地域、
これから購入しようとしている地域の
災害リスクをお知りになりたい方は、お気軽にご相談ください。
下記のようなレポートを作成いたします。

レポート例
https://www.dropbox.com/sh/p68279xg1uvwcil/AAB1krzeSlGsTKNsZfaRrF55a?dl=0

今日のコラム

資産価値が落ちづらい不動産とは
https://www.preseek.co.jp/%E8%B3%87%E7%94%A3%E4%BE%A1%E5%80%A4%E3%81%8C%E8%90%BD%E3%81%A1%E3%81%A5%E3%82%89%E3%81%84%E4%B8%8D%E5%8B%95%E7%94%A3%E3%81%A8%E3%81%AF/

競売・任意売却の対象にならないためには
https://www.preseek.co.jp/%E7%AB%B6%E5%A3%B2%E3%83%BB%E4%BB%BB%E6%84%8F%E5%A3%B2%E5%8D%B4%E3%81%AE%E5%AF%BE%E8%B1%A1%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB%E3%81%AF/

---------------------------------------------------------○---------○---
  今週の注目記事
---------------------------------------------------------○---------○---

不動産市場「実は危ないのは東京都市圏」
http://president.jp/articles/-/23016

市場は「五輪後」見据えた展開へ 湾岸エリアは中国人富裕層が逃げ出す事態!?
http://www.zakzak.co.jp/eco/news/170911/eco1709110002-n1.html

首都圏主要都市で「住みたい」街より「暮らしやすい」街を見極める5つのポイントとは?
https://ddnavi.com/review/399376/

「新築優遇」主義が中古不動産流通を破壊する
http://toyokeizai.net/articles/-/187160

下がる、下がる…と噂の不動産価格が本当に下がる「あるタイミング」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52822

住まいの土地選び、思わぬ落とし穴があちこちに
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO19958370U7A810C1000000?channel=DF250520172541

タワーマンション、なぜ危険でデメリットだらけでも日本人は住みたがる?膨大な修繕費負担
http://biz-journal.jp/2017/09/post_20467.html

節税どころか破産する「タワマン購入」「アパート経営」の悲惨な最期
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52680

人生後半の「住まい」問題、専門家と徹底討論
http://www.asahi.com/relife/article/11172356

その他コラム一覧
https://www.preseek.co.jp/category/%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0/

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 住宅購入セミナー「資産価値が目減りしにくい住宅購入」

1. 新築マンションは築15年で半額って本当?
  新築マンションは購入時から築15年にかけて大きく価値を落とし、
  それ以降は緩やかな低減となります。
  つまりマンションは築10年~15年が狙い目です。

2. 地盤に潜む大きなリスク!良い地盤と悪い地盤の判断基準って?
  家選びは土地選び。土地を選ぶことは大切です。
  買ってすぐ「町が液状化」はショック!
 「池」「沼」「谷」などの地名は要注意なんです。

3. 資産価値は「立地」で決まる
  資産価値は「立地」で決まります。
  郊外に建てた豪華な造りの家よりも、ローコスト住宅であっても
  より都心よりの住宅の方が資産価値が高いのです。

セミナー受講申し込み、住宅購入相談は下記より
詳細 https://house-adviser.jp/

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
【発行責任者】
柴田 誠(不動産コンサルティングマスター、宅建マイスター、ファイナンシャルプランナー)
昭和44年1月25日生まれ A型 船橋市立小室中→千葉県立八千代高
船橋市小室町にて、男の子二人と妻・母の五人暮らし

千葉県内45年の生活と25年の不動産営業から地域情報に精通し、
ファイナンシャルプランナー業務から住宅ローンに強い住宅購入アドバイザー。
セミナー・小冊子などによる初めての不動産購入者へのアドバイスに注力して、
住まいの購入サポートを中心に携わっています。
facebook:http://www.facebook.com/shibata.makoto
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
【初めてでも失敗しない不動産の買い方】
 発行システム  :まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ )
 解除はこちらから:http://www.mag2.com/m/0000137258.html

 ☆物件をお探しの方だけでなく、不動産・住宅ローンの相談もお気軽に。
【発行元】  株式会社プレシーク 千葉県知事(7)第10682号 
  〒277-0053 千葉県柏市酒井根5-2-1 TEL 04-7176-1611

不動産購入応援サイト https://www.preseek.jp/
仲介手数料“優遇”サービスの特典付き!
詳細はこちらより https://www.preseek.jp/buy/fee.pdf
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●



仲介手数料が安い中古マンション購入

サブコンテンツ

このページの先頭へ