未来の年表・人口減少日本(2017/08/20号)

◆◆ PRESEEK news ◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 
  ◆□◆初めてでも失敗しない不動産の買い方◆□◆
   第208号 平成29年08月20日   発行 株式会社プレシーク

━━━━━━━━━━━━━◆◆プレシークの不動産購入豆情報◆◆━━━━

読者のみなさま。こんにちは。
不動産購入応援サイト管理人の 柴田 誠 (しばたまこと)です。
今週のニュースメールをお送りいたします。


郊外の住宅地ではお盆休みを避けて夏祭りが実施されることも多く、
実家がある千葉NTでも、会社の目の前の光ヶ丘団地でも、
昨日、今日と夏祭りが行われます。

これは、郊外の住宅地に暮らす世帯は、
お盆休みは、帰省や旅行などで家にいないことも多く、
人が集まりやすいようにタイミングをずらしているためです。

しかし、この夏祭りも、将来は実施することが危ぶまれています、
これは「人口減少」の影響によるものです。

今、話題の新書
「未来の年表・人口減少 日本でこれから起きること」
を読みました。

この中から、不動産、住宅にまつわる内容をご紹介いたします。

--
2022年「ひとり暮らし社会」が本格化する

人口減少なのに世帯数は増えることもあり、
大家族向けの大型物件よりもコンパクトな住宅の需要が増える。

2033年 全国の住宅の3戸に1戸が空き家になる

増大する「老いる家」のせいで街の景観は崩れ、
治安も悪化してゆく、住民の流出が加速し、地域社会が崩壊。
これは大都市部においても例外ではない。

駅からバス便など立地により、値下げしても厳しい地域も。
マンションの場合、空き家が多くなると管理も滞り、
価格の下落から、最悪はスラム化へと。

最大の要因は住宅の供給過剰にある。
行政などの制度面、業界の供給面、新築志向の需要面の
すべてが新築傾向にあり、供給は止まらないため、
今後も空き家の増大に歯止めがかからない。

2035年「未婚大国」が誕生する

先の「ひとり暮らし社会」と同様、
単身世帯向けの需要が増加し、住宅がコンパクト化へ。
--

この他にも、
介護、医療、食料、教育、社会インフラなど、
さまざまな問題が発生し、ゆくゆくは、地方はおろか、
日本全体が壊滅状態に陥る、かもと指摘しています。

人口に関しては、将来の予測が立てやすく、
その結果、どのような影響が出るのかも予想しやすい。

人口減少、高齢化などで、まったく影響がない、
というのは難しいと思います。

先行きの大きな流れを感じながら、
不動産に関して、暮らす地域に関して、住まいに関して、
ご判断されていかれると、被害も少なくなるのではないでしょうか。

補足:本日8月20日、
柏市光ヶ丘団地、千葉ニュータウン小室地区の夏祭りでは、
花火が打ち上げられる予定です。
お近くの方でぜひご鑑賞ください。

---------------------------------------------------------○---------○---
  今週の注目記事
---------------------------------------------------------○---------○---

1. ツタ覆う老朽マンション、解体できず 1人反対で暗礁
http://www.asahi.com/articles/ASK8B465VK8BUUPI003.html

2. 煙たいよ!「被害者の会」登録急増
https://mainichi.jp/articles/20170820/k00/00m/040/115000c

3. どの沿線に住むべきかを徹底調査! 路線別「不動産力」ランキング
「不動産力」は住民力+土地力 首都圏都心は高水準の路線揃い
http://diamond.jp/articles/-/126015

その他コラム一覧
https://www.preseek.co.jp/category/%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0/

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 住宅購入セミナー「資産価値が目減りしにくい住宅購入」

1. 新築マンションは築15年で半額って本当?
  新築マンションは購入時から築15年にかけて大きく価値を落とし、
  それ以降は緩やかな低減となります。
  つまりマンションは築10年~15年が狙い目です。

2. 地盤に潜む大きなリスク!良い地盤と悪い地盤の判断基準って?
  家選びは土地選び。土地を選ぶことは大切です。
  買ってすぐ「町が液状化」はショック!
 「池」「沼」「谷」などの地名は要注意なんです。

3. 資産価値は「立地」で決まる
  資産価値は「立地」で決まります。
  郊外に建てた豪華な造りの家よりも、ローコスト住宅であっても
  より都心よりの住宅の方が資産価値が高いのです。

セミナー受講申し込み、住宅購入相談は下記より
詳細 https://house-adviser.jp/

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
【発行責任者】
柴田 誠(不動産コンサルティングマスター、宅建マイスター、ファイナンシャルプランナー)
昭和44年1月25日生まれ A型 船橋市立小室中→千葉県立八千代高
船橋市小室町にて、男の子二人と妻・母の五人暮らし

千葉県内45年の生活と25年の不動産営業から地域情報に精通し、
ファイナンシャルプランナー業務から住宅ローンに強い住宅購入アドバイザー。
セミナー・小冊子などによる初めての不動産購入者へのアドバイスに注力して、
住まいの購入サポートを中心に携わっています。
facebook:http://www.facebook.com/shibata.makoto
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
【初めてでも失敗しない不動産の買い方】
 発行システム  :まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ )
 解除はこちらから:http://www.mag2.com/m/0000137258.html

 ☆物件をお探しの方だけでなく、不動産・住宅ローンの相談もお気軽に。
【発行元】  株式会社プレシーク 千葉県知事(7)第10682号 
  〒277-0053 千葉県柏市酒井根5-2-1 TEL 04-7176-1611

不動産購入応援サイト https://www.preseek.jp/
仲介手数料“優遇”サービスの特典付き!
詳細はこちらより https://www.preseek.jp/buy/fee.pdf
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●



仲介手数料が安い中古マンション購入

サブコンテンツ

このページの先頭へ