ネット・サイトを信頼し過ぎると怖い(2017/04/16号)

【プレシーク】ネット・サイトを信頼し過ぎると怖い(2017/04/16号)
◆◆ PRESEEK news ◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 
  ◆□◆初めてでも失敗しない不動産の買い方◆□◆
   第196号 平成29年04月16日   発行 株式会社プレシーク

━━━━━━━━━━━━━◆◆プレシークの不動産購入豆情報◆◆━━━━

読者のみなさま。こんにちは。
不動産購入応援サイト管理人の 柴田 誠 (しばたまこと)です。
今週のニュースメールをお送りいたします。

米国のシリア爆撃から、空母打撃群の朝鮮半島近海への派遣、
トランプ大統領の行動パターンから、
北朝鮮との武力衝突があるのではないかと報じられております。

武力衝突から戦争へと進んでしまえば、
日本にも大きく影響があると思われますが、
日本国内の雰囲気(メディアや街中)では普段と変わらないことから、
最悪のケースは回避されるのかと感じています。

■紛争戦争が長引くと世相不安などから不動産市場は低迷します。
 その結果、不動産価格の下落傾向が加速してしまいます。
(日本経済も短期的には混乱するのでしょうか)

シリア、アフガニスタンと立て続けに米国は爆撃しましたが、
両国そのものと戦争状態にあるわけでもないのに、
なぜ、米国は爆撃をしてもいいのでしょうか。

自国の危機を回避するのは当然かもしれませんが、
他国の領土を勝手に爆撃してもいいという権利はないと思います。

また、北朝鮮の問題で、
中国は対話で解決すべきで武力行使はいけないと牽制していますが、
では、なぜ、南沙諸島に軍事基地を作るのか、
日ごろの言動と矛盾しています。

自分の都合で、好き勝手に振る舞うのは、
国だけではなく、日常の人間関係でもあります、
もちろん、相反するエゴが衝突する不動産の取引でもあります。

自身の希望、要望、状況から有利な条件を引き出そうというのは、
平常の商取引ですから問題ありません。

しかし、自身のことばかりを押し付けるのではなく、
相手の状況や社会情勢なども加味して交渉する方が、
結果として良い結果を得られることも往々にしてあります。

戦争紛争の国家間から日常の商取引まで、
相手を尊重しあい平和的に進んでいくことを願います。

それでは、本日の本題に入ります。

■ネット・サイトを信頼し過ぎると怖い

乳児が「乳児ボツリヌス症」で亡くなるというニュースが報じられました。

問題になっているのが、料理レシピサイトで
健康被害の可能性があるレシピが多く掲載されていたことです。

サイトは一般の方でも投稿できるもので、
運営会社がレシピを開発したわけではありませんが、
上場企業が運営するサイトということで、
信頼性が高いと思われ、安全だと信じてしまいやすいことから、
サイト運営に対しての責任を求める声が出ています。

同社は経常利益を40億円超もたたき出していることから、
管理栄養士を採用して投稿される内容に問題がないか
チェックする費用を捻出しても良かったのかもしれません。

昨年のDeNAの医療情報サイトや、
世界で政治や国際問題まで発展してしまうフェイクニュースなど、
間違った情報が信頼性が高く見えることも多くなり、
サイトを利用する側にも注意は必要と思われます。

不動産の分野でも、多くの情報が配信されております。
近年、不動産投資も盛んになり、
個人が経験値でサイトに情報を掲載することも多くなりました。

不動産では個々に様々なケースがあり、
一つ一つの状況に合わせながら適切な対応をしていくのですが、
少ない経験(投資家でも売買の経験はプロより少ない)から断定されると、
サイトを閲覧した方は、その情報を思い込んでしまいます。

その結果、情報を信じ込みすぎて、
プロの意見を聞かなくなると、怖い結果が待ち受けています。
(プロは報酬を得る代わりに知識・スキルを提供し責任を負います)

今回、誰もが知るような大きな会社や有名サイトでも、
誤った情報が多く掲載されることもあることがわかり、
大きい会社、有名なサイト、というだけで
信頼してしまうのも危険なことが分かりました。

ご自身で学びきることも難しいことからプロを活用すべきです。
病気や健康なら医師、法律なら弁護士などなどと同じです。

---------------------------------------------------------○---------○---
  今週の注目記事
---------------------------------------------------------○---------○---

1. 「 駅近の方が家の価格が高い」は本当か?
http://www.toushin-1.jp/articles/-/2841

2. 1981年と2000年。
「中古住宅で失敗」したくないなら、この2つの年数だけは覚えて!
https://sumaiweb.jp/archives/53682

3. アパートの「造り過ぎ」はなぜ止まらないのか
http://toyokeizai.net/articles/-/166067

4. 大地震 あなたの家はどうなる? 
  ~見えてきた“地盤リスク”~ 
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170409

5. 「立ち退き物件」に群がるマンション開発業者
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL07HSB_X00C17A4000000/

その他コラム一覧
https://www.preseek.co.jp/category/%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0/

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 住宅購入セミナー「資産価値が目減りしにくい住宅購入」

1. 新築マンションは築15年で半額って本当?
  新築マンションは購入時から築15年にかけて大きく価値を落とし、
  それ以降は緩やかな低減となります。
  つまりマンションは築10年~15年が狙い目です。

2. 地盤に潜む大きなリスク!良い地盤と悪い地盤の判断基準って?
  家選びは土地選び。土地を選ぶことは大切です。
  買ってすぐ「町が液状化」はショック!
 「池」「沼」「谷」などの地名は要注意なんです。

3. 資産価値は「立地」で決まる
  資産価値は「立地」で決まります。
  郊外に建てた豪華な造りの家よりも、ローコスト住宅であっても
  より都心よりの住宅の方が資産価値が高いのです。

セミナー受講申し込み、住宅購入相談は下記より
詳細 https://house-adviser.jp/

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 【競売不動産購入の個別セミナー】

競売不動産は『勢い』・『気合い』・『やる気』の精神論だけでは落札できません。

実際に購入したいけど、なかなか落札しない方。それには理由(わけ)があります。
物件の読み(値踏み)がきちんとできないと、何度入札しても落札までたどり着かないと思います。
首都圏では、市場の3割も4割も安く落札されることはまずありません。

競売不動産は確実に、市場より安く購入できます。
しかし、なんの戦略もなくただがむしゃらに入札しても、
また、競売の現状を知らずに欲張りすぎても、思うような結果は出ません。

もし、今よりもプロに近づきたい、プロを超えたいと思われる方へ、
落札者のプロである業者の手口を知りたい方は、ご参加してみてはいかがでしょうか。

もちろん、不動産競売はもちろんのこと、不動産の売買をしたことがない、
競売だけではなく不動産全般について知りたい聞きたい、
競売にはこだわっていないという方でも、ご参加いただけます。

競売に興味のある方、不動産投資を始めたい方、不動産を買いたい方、
不動産を売りたい方、不動産に関するあらゆる事について学んでみませんか?

不動産投資やマイホーム取得を目的に、
競売へ積極的に取組みたい方々のための「初級個別セミナー」のご案内です。

一般のサラリーマンやOLの方(増加中)へ
プロの講師が競売の基礎から実践までを分かりやすく解説いたします。
また個別での開催により、受講者が講師と気軽に質問や相談ができるスタイルです。
もちろん個別相談も受け付けております。

セミナー詳細やお申込みはこちらから(千葉県限定)
https://pre-seek.com/

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
【発行責任者】
柴田 誠(不動産コンサルティングマスター、宅建マイスター、ファイナンシャルプランナー)
昭和44年1月25日生まれ A型 船橋市立小室中→千葉県立八千代高
船橋市小室町にて、男の子二人と妻・母の五人暮らし

千葉県内45年の生活と25年の不動産営業から地域情報に精通し、
ファイナンシャルプランナー業務から住宅ローンに強い住宅購入アドバイザー。
セミナー・小冊子などによる初めての不動産購入者へのアドバイスに注力して、
住まいの購入サポートを中心に携わっています。
facebook:http://www.facebook.com/shibata.makoto
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
【初めてでも失敗しない不動産の買い方】
 発行システム  :まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ )
 解除はこちらから:http://www.mag2.com/m/0000137258.html

 ☆物件をお探しの方だけでなく、不動産・住宅ローンの相談もお気軽に。
【発行元】  株式会社プレシーク 千葉県知事(7)第10682号 
  〒277-0053 千葉県柏市酒井根5-2-1 TEL 04-7176-1611

不動産購入応援サイト https://www.preseek.jp/
仲介手数料“優遇”サービスの特典付き!
詳細はこちらより https://www.preseek.jp/buy/fee.pdf
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●



仲介手数料が安い中古マンション購入

サブコンテンツ

このページの先頭へ