不動産売買ガイドブック進呈のご案内(2016/10/28号)

◆◆ PRESEEK news ◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 
  ◆□◆初めてでも失敗しない不動産の買い方◆□◆
   第180号 平成28年10月28日   発行 株式会社プレシーク

━━━━━━━━━━━━━◆◆プレシークの不動産購入豆情報◆◆━━━━

読者のみなさま。こんにちは。
不動産購入応援サイト管理人の 柴田 誠 (しばたまこと)です。

■「ガイドブック」プレゼントのご案内

宅建業(俗に不動産屋)を営業するに際して、
知事(もしくは国土交通大臣)より免許が必要となります。

この免許の交付を受けるにあたり「営業供託金(1社1,000万円)」を
東京法務局に供託する必要があります。

営業供託金の役割は、不動産業者が支払うべき弁済金の一部を担うことにより
消費者の保護を図り、不動産取引の安全性を高めるものです。

しかし、東京法務局に個々に供託金を収めることが業務的に現実的でないこと、
開業時に資本金の他、供託金を別途用意するのは厳しいことから、
ほとんどの会社が宅建業法で定められた「保証協会」を利用することになります。

詳細:http://www.hosyo.or.jp/

この保証協会は、弁済業務の他に、会員(不動産業者)の研修や
消費者からの苦情処理などを担っております。

このように、日々の研鑽と消費者保護の制度により、
不動産取引の安全を確保するために活動しておりますが、
苦情処理、弁済などに至ることなく、
日々の不動産取引が行われることが理想です。

そのために、保証協会では、消費者向けに、
住まいを購入・売却するときの流れや関連する手続き、知識などを
解説したガイドブックを発行しております。

この秋、このガイドブックが、
「家本(いえほん)」としてリニューアルされました。

家本(買うとき・売るとき編)目次
http://www.zentaku.or.jp/public/publication/pdf/iehon_sale.pdf
家本別冊(インスペクション・瑕疵保険編)目次
http://www.zentaku.or.jp/public/publication/pdf/iehon_inspection.pdf

この家本を2冊セットを、ご希望の方へ進呈いたします。
ご希望の方は、下記サイトにて会員登録をお願いいたします。
http://www.prefee.com/

公的機関の発行ですが、プロから見てもよくできていると思われます。
お気軽にお申し付けください。

--お知らせ--

弊社では10月より、不動産仲介に伴う報酬を改訂いたしました。
俗に3%と言われますが、あくまでも法定上限で、実際には自由に取り決めできます。

詳細:http://www.preseek.jp/buy/fee.pdf

報酬以外の不動産売買に必要となる諸経費なども含め、
お気軽にお問い合わせください。よろしくお願い致します。

---------------------------------------------------------○---------○---
【今週の注目記事】

1. 「タワマン節税」けん制、高層階は増税へ
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO08745040U6A021C1EE8000/

補足:固定資産税だけでなく、管理費等も所在階毎に負担金額を変えるべきです。

2. 空き家増と人口減で「家を持たない」時代が来る
https://kariage-japan.com/kariageta/417/

補足:使わない不動産は売る、買うなら予算を抑えることが肝。

3. 将来は社会問題に!? 「破綻」が近づく日本のマンション
http://gentosha-go.com/articles/-/5382

補足:売った後はどうなってもいいというデベロッパーの意識が問題。

4. あなたの家が危ない~熊本地震からの警告~
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20161009

補足:いわゆる「間崩れ」、古からの言い伝えは核心をついている。

その他の注目記事は
facebook:http://www.facebook.com/shibata.makoto

---------------------------------------------------------○---------○---
【今週のコラム】

5. 「物件ありき症候群」に気を付けよう!
https://www.preseek.jp/column/search/161023.html

補足:家>生活・・×、、家<生活・・○、、ということです。

おまけ.セルフインスペクションアプリ「SelFin(セルフィン)β版」がリリース。
http://www.rchukai.com/selfin
本アプリで、消費者自ら各種リスクを判断できる環境を実現いたします。
不動産の価値やリスク等は、スペックでおよそ判断がつきます。
スペックを入力するだけで、対象不動産の判定をするツールです。

その他コラム一覧
https://www.preseek.jp/column/columnmap.html

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 住宅購入セミナー「資産価値が目減りしにくい住宅購入」

1. 新築マンションは築15年で半額って本当?
  新築マンションは購入時から築15年にかけて大きく価値を落とし、
  それ以降は緩やかな低減となります。
  つまりマンションは築10年~15年が狙い目です。

2. 地盤に潜む大きなリスク!良い地盤と悪い地盤の判断基準って?
  家選びは土地選び。土地を選ぶことは大切です。
  買ってすぐ「町が液状化」はショック!
 「池」「沼」「谷」などの地名は要注意なんです。

3. 資産価値は「立地」で決まる
  資産価値は「立地」で決まります。
  郊外に建てた豪華な造りの家よりも、ローコスト住宅であっても
  より都心よりの住宅の方が資産価値が高いのです。

セミナー受講申し込み、住宅購入相談は下記より
詳細 https://house-adviser.jp/

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 ~不動産売却の失敗実例特集~

「依頼した会社がやる気なし、愛想なし」
https://www.preseek.jp/column/market/160616.html
売主側の担当者が悪いと、
買主側は積極的に紹介しなくなり、
結果、好条件の買主を取り逃がすことになります。

「消費者の利益よりも自社・本人の成績」
https://www.preseek.jp/column/market/160615.html
成績のためなら「新しい判断(嘘)」は当然です。

売主様がかわいそうですが、
ご自身でその業者を選定したのでしょうから致し方ありません。
いかに依頼する先が大事か、ということです。

---------------------------------------------------------○---------○---
  好条件での売却を実現する方法
---------------------------------------------------------○---------○---

1. 一般媒介で2社に依頼する
2. 営業スタイルが違う会社を組み合わせて依頼する
3. 付加価値サービスがある会社に依頼する

詳細はサイトにてご確認ください。
https://kashiwa-fudosan.com/

◇大手不動産会社の「囲込み営業の実態」?!

売却依頼をされても他社には紹介されたくない!
情報を隠してしまえ!!

同じ不動産会社としては悲しいことですが、現実に「囲込み営業」は存在します。

テレビ東京のニュース番組でも取り上げられました。
 ↓  ↓  ↓
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/feature/post_90647/

■このような被害に遭わず、好条件での売却を実現するノウハウを公開しております。
https://kashiwa-fudosan.com/

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 【競売不動産購入の個別セミナー】

競売不動産は『勢い』・『気合い』・『やる気』の精神論だけでは落札できません。

実際に購入したいけど、なかなか落札しない方。それには理由(わけ)があります。
物件の読み(値踏み)がきちんとできないと、何度入札しても落札までたどり着かないと思います。
首都圏では、市場の3割も4割も安く落札されることはまずありません。

競売不動産は確実に、市場より安く購入できます。
しかし、なんの戦略もなくただがむしゃらに入札しても、
また、競売の現状を知らずに欲張りすぎても、思うような結果は出ません。

もし、今よりもプロに近づきたい、プロを超えたいと思われる方へ、
落札者のプロである業者の手口を知りたい方は、ご参加してみてはいかがでしょうか。

もちろん、不動産競売はもちろんのこと、不動産の売買をしたことがない、
競売だけではなく不動産全般について知りたい聞きたい、
競売にはこだわっていないという方でも、ご参加いただけます。

競売に興味のある方、不動産投資を始めたい方、不動産を買いたい方、
不動産を売りたい方、不動産に関するあらゆる事について学んでみませんか?

不動産投資やマイホーム取得を目的に、
競売へ積極的に取組みたい方々のための「初級個別セミナー」のご案内です。

一般のサラリーマンやOLの方(増加中)へ
プロの講師が競売の基礎から実践までを分かりやすく解説いたします。
また個別での開催により、受講者が講師と気軽に質問や相談ができるスタイルです。
もちろん個別相談も受け付けております。

セミナー詳細やお申込みはこちらから(千葉県限定)
https://pre-seek.com/

■千葉県以外の方はこちらからどうぞ。
 このセミナーは不動産競売流通協会(FKR) http://fkr.or.jp 後援にて、
 全国の会員会社にて対応が可能です。(個別セミナー・個別相談)
  【加盟店一覧】 http://981.jp/ftl/conciergeInfo.action

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
【発行責任者】
柴田 誠(不動産コンサルティングマスター、宅建マイスター、ファイナンシャルプランナー)
昭和44年1月25日生まれ A型 船橋市立小室中→千葉県立八千代高
船橋市小室町にて、男の子二人と妻・母の五人暮らし

千葉県内45年の生活と25年の不動産営業から地域情報に精通し、
ファイナンシャルプランナー業務から住宅ローンに強い住宅購入アドバイザー。
セミナー・小冊子などによる初めての不動産購入者へのアドバイスに注力して、
住まいの購入サポートを中心に携わっています。
facebook:http://www.facebook.com/shibata.makoto
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
【初めてでも失敗しない不動産の買い方】
 発行システム  :まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ )
 解除はこちらから:http://www.mag2.com/m/0000137258.html

 ☆物件をお探しの方だけでなく、不動産・住宅ローンの相談もお気軽に。
【発行元】  株式会社プレシーク 千葉県知事(7)第10682号 
  〒277-0053 千葉県柏市酒井根5-2-1 TEL 04-7176-1611

不動産購入応援サイト https://www.preseek.jp/
仲介手数料“優遇”サービスの特典付き!
詳細はこちらより https://www.preseek.jp/buy/fee.pdf
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●



仲介手数料が安い中古マンション購入

サブコンテンツ

このページの先頭へ