自然には逆らわずに (2016/01/17号)

【プレシーク】自然には逆らわずに (2016/01/17号)
◆◆ PRESEEK news ◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 
  ◆□◆初めてでも失敗しない不動産の買い方◆□◆
   第171号 平成28年01月17日   発行 株式会社プレシーク

━━━━━━━━━━━━━◆◆プレシークの不動産購入豆情報◆◆━━━━

読者のみなさま。こんにちは。
不動産購入応援サイト管理人の 柴田 誠 (しばたまこと)です。

21年前の早朝、阪神淡路大震災が発生いたしました。
高速道路がなぎ倒され、ビルが倒壊していく映像は鮮明に覚えています。 

阪神淡路大震災は、大都市の直下型地震で地震の規模としては
東日本大震災よりもかなり小さいのですが、被害は甚大なものがございました。 

これは、都市部の特徴である、平野低地(地盤)、建物の密集(都市計画)、
昭和期からの建物やライフラインの老朽化などが合わさったものです。 

客観的に言えば、災害リスクを避ける、減らすことも、
災害が起きる前の行動や考え方でできるのではないか。 

阪神淡路大震災では、地震発生時間が早朝であったということもあり、
建物の倒壊と火災による被害が大きくなりました。 

揺れにくい地域など、災害リスクの小さい地域(地盤など)で暮らし、
揺れそのものを減らす。 

都市計画を見て、延焼リスク、災害時の緊急車両通行、
避難場所までのルートなどを考えて、町の安全度を考える。 

耐震性が高い建物、防火性能が優れた建物に暮らす。
災害による被害を軽減するために、
日頃から意識を持ってメンテナンスや点検を怠らない。 

災害そのものは自然現象ですが、
被害を大きくするか、小さく抑えるかは、
人的な要素で大きく占められています。 

さらに、昨年の偽装問題や年始から発覚しているミス・エラーなど、
人が関与する部分で100%の信頼はできません。 

地球・自然に、人の力で対抗しようというのは、
おこがましいのかもしれません。 

自然が相手であれば、自然を見ること。
建物などの人工物よりは、
地形、地盤などの自然的な要素を強く意識した方が、
被害は少ないのではないかと、個人的には思います。 

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 ≪新着コラム≫

「不動産評価を分解してみると」
https://www.preseek.jp/column/market/160116.html
現在の日本の不動産市場では、
一般的に不動産価格を土地と建物に分けて考えている。
さらに、土地と建物それぞれに価格の構成要素があります。

「申年は飛び跳ねる、年始から株下落に金利低下」
https://www.preseek.jp/column/loan-news/160115.html
「申年(さるどし)は飛び跳ねる」とは言い得て妙で、
新年から半月が経過して、とんでもないことが次々と起こっております。 

「引渡し猶予の流れと注意点」
https://www.preseek.jp/column/knowledge/160113.html
引渡し猶予(引き渡し猶予)とは、不動産売買契約において、
代金決済日とは別に、引渡し時期を決済後の特定日(特定の期間)に
特約で定めることを言います。

「老後生活には借金なしの住宅所有が前提」
https://www.preseek.jp/column/fp/160111.html
国民年金からの老齢年金給付額は、65歳を受給開始で
満額は年間78万円、月額だと6.5万円です。
これだけではとても生活できないために、
老後の生活は自己で備えることが必要になります。

「欠陥住宅トラブルは買う人だけが被害者ではない」
https://www.preseek.jp/column/house/160108.html
どの会社に、どのような責任があり、
どの程度の負担を追うのか、どういう処置を取るのか。
被害者となった所有者・住民の方々に、穏やかな生活がいつ訪れるのか

「2016年、波乱の幕開けとなりました」
https://www.preseek.jp/column/market/160106.html
2016年、世界同時株安という波乱の幕開けとなりました。
昨年末は株高で終わり、生活実感とは違って、
富裕層や大企業などでは好景気なのかなと思っていましたが、
今年の厳しい状況を物語るような始まりです。

その他コラム一覧
https://www.preseek.jp/column/columnmap.html

━━【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

不動産購入応援サイト http://www.preseek.jp/
(取引支援サービス)
仲介手数料“優遇”サービスの特典付き!
詳細はこちらより http://www.preseek.jp/buy/fee.pdf

■売却を成功させる秘訣はこちら http://www.presale.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【柏市】なつかしの味 支那そば ふなとり(ラーメン)
http://www.preseek.jp/city/kashiwa/life/151227.html

【中央区】銀座 天一 日本橋室町店(てんぷら)
http://www.preseek.jp/city/next/life/151221.html

【柏市】肉の万世 柏店
http://www.preseek.jp/city/kashiwa/life/151220.html

【流山市】びっくりドンキー南柏店
http://www.preseek.jp/city/nagareyama/life/151219.html

【松戸市】串カツ田中/松戸店
http://www.preseek.jp/city/matsudo/life/151217.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そういえば、先日、
「三井のリハウスでは、今後、宅建の資格がないものに単独で営業させない」
という報道がありました。

先日の悲惨なスキーツアーバスの転落事故。
免許は所持していたようですが、大型バスの運転経験はわずか4回とのこと。
免許を持っていても、人命を預かるのには不十分だった。

人生に大きな影響を与える不動産売買。
これを無資格(かつ未経験)の人に担当させることそのものが間違っている。

報道された内容は、当然のことで、
逆に、今まではどうだったのか、他の会社ではどうなのか。

そもそも、無資格者に営業を許す行政そのものの過ち。
今回の事故のようにセンセーショナルな騒ぎにならないので行政も動かない。

せめて、宅建とは別に、取り扱い品目による営業資格制度は必要です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行責任者】
柴田 誠(不動産コンサルティングマスター、宅建マイスター、ファイナンシャルプランナー)
昭和44年1月25日生まれ A型 船橋市立小室中→千葉県立八千代高
船橋市小室町にて、男の子二人と妻・母の五人暮らし

千葉県内45年の生活と25年の不動産営業から地域情報に精通し、
ファイナンシャルプランナー業務から住宅ローンに強い住宅購入アドバイザー。
セミナー・小冊子などによる初めての不動産購入者へのアドバイスに注力して、
住まいの購入サポートを中心に携わっています。
facebook:http://www.facebook.com/shibata.makoto

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【初めてでも失敗しない不動産の買い方】
 購読中止・変更 :https://www.preseek.jp/
 発行システム  :まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ )
 解除はこちらから:http://www.mag2.com/m/0000137258.html

 ☆物件をお探しの方だけでなく、不動産・住宅ローンの相談もお気軽に。
【発行元】  株式会社プレシーク 千葉県知事(7)第10682号 
  〒277-0053 千葉県柏市酒井根5-2-1 TEL 04-7176-1611
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



仲介手数料が安い中古マンション購入

サブコンテンツ

このページの先頭へ