住宅ローン完済の道のりは長い(15/4/26号)

【プレシーク】住宅ローン完済の道のりは長い(15/4/26号)
◆◆ PRESEEK news ◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 
  ◆□◆初めてでも失敗しない不動産の買い方◆□◆
   第154号 平成27年04月26日   発行 株式会社プレシーク

━━━━━━━━━━━━━◆◆プレシークの不動産購入豆情報◆◆━━━━

読者のみなさま。こんにちは。
不動産購入応援サイト管理人の 柴田 誠 (しばたまこと)です。


私は現在46歳、小学生5年生・10歳の時に、
千葉ニュータウンの千葉県供給公社が建てた建売住宅で暮らし始めました。

今でもそこは実家として母が暮らしており、現46歳-居住開始10歳で、
今年の3月にて築36年が経過したことになります。

現在、住宅ローンの借入期間は最長35年までが一般的です。

もし、35年返済の住宅ローンを組んで実家を購入した場合、
繰り上げ返済をしていなければ、昨年でようやく完済したことになります。 

(親から見て)
今の家に引っ越してから、
子供が小学校、中学、高校、大学、就職、結婚し、孫ができて、
さらに孫が保育園、小学校、中学校、高校に入学した、
とここまでの人生が過ぎて、
ようやく、住宅ローンを返し終えたことになる。 


実に長いものです、35年は。
いろいろなことがありました。
それだけ過ごして、ようやくの完済です。 

(親にとって)住宅ローンを完済し、借金がなくなって、
ようやく正真正銘の自己所有の家となりました。

その家を見てみると、隙間風が入り冬寒くて夏暑い、耐震性もなく、
とりあえず暮らしてはいけるものの、価値はないものになっている。
※土地分はかろうじて価値あり。 


ここで、今後の住処を考えた場合、次の三択になります。 

1.(だましだまし)このまま暮らす
2.建て替える
3.住み替える

もう80歳目前では資金的に「2.建て替える」の選択はありません。
「3.住み替える」にしても、土地の売却代金だけでは、
新しい家を購入するには資金が不足します。 

結局、消去法で「1.(だましだまし)このまま暮らす」しか選択の余地はありません。 

どうしてこのようなことになってしまうのか。

続きは下のコラムにて、

■耐用年数の短さは社会の重大問題
 http://www.preseek.jp/column/house/150426.html


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

  ≪新着コラム≫

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


【計画】住宅ローンの負担は身軽な状態で
 http://www.preseek.jp/column/loan/150426.html

【返済】ノンリコースローンは普及するか
 http://www.preseek.jp/column/loan/150425.html

【自治】マンション運営方法との相性
 http://www.preseek.jp/column/search/150425.html

【情報】災害リスクと不動産価格の関係
 http://www.preseek.jp/column/search/150422.html

【監視】不動産流通・仲介もグローバル化へ
 http://www.preseek.jp/column/news/150422.html

【登記】マンション(区分所有建物)の登記簿
 http://www.preseek.jp/column/knowledge/150419.html


━━【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「中古マンション購入・売却パック」諸経費込みの割安明朗料金!
 土地・戸建ての方にも支援サービスあります(仲介手数料優遇!)
 不動産取引をご検討中の方は、ぜひこの機会をご利用ください!
  ⇒ http://www.preseek.jp/buy/fee.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「お客様マイページ」
 中古マンション:http://www.preseek.co.jp/
 土地・戸建て:http://www.fairprize.jp/

「お客様マイページ」とは、おすすめ物件を見ることができるほか、
 気になる物件、新着や価格変更、おススメ物件の情報管理、
 弊社からの会員限定サービスの案内などを一元管理できます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今年のGW休暇は、
4/29昭和の日が週の真ん中、水曜日にあたったため、
前半はほぼ日常通りで、
後半の5/2~5/6が五連休という感じになるでしょうか。

社会人となってから、土日週末、祝日は仕事となる
不動産業界で働いているため、一般的なお休みの感覚は未知の世界です。

GWスタートの今週末は、ほぼ好天に恵まれております。
道路も混雑しており、楽しい時間をお過ごしになられているのかと思われます。


弊社では、GWも通常通りの営業を予定しております。
お住まい探しのご相談、お問い合わせなど、お気軽にお尋ねください。
※スタッフは休みのため、お電話は繋がりにくく、メールでのご連絡が確実です。

--

【発行責任者】
 柴田 誠(不動産コンサルティングマスター、宅建マイスター、ファイナンシャルプランナー)
 ・昭和44年1月25日生まれ A型 船橋市立小室中→千葉県立八千代高
 ・船橋市小室町にて、男の子二人と妻・母の五人暮らし

 ・千葉県内で40年の生活と19年の不動産営業から地域情報に精通し、
  ファイナンシャルプランナー業務から住宅ローンに強い住宅購入アドバイザー。
  セミナー・小冊子などによる初めての不動産購入者へのアドバイスに注力して、
  住まいの購入サポートを中心に携わっています。
  facebook:http://www.facebook.com/shibata.makoto

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【初めてでも失敗しない不動産の買い方】

 購読中止・変更 :http://www.preseek.jp/
 発行システム  :まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ )
 解除はこちらから:http://www.mag2.com/m/0000137258.html

 ☆物件をお探しの方だけでなく、不動産・住宅ローンの相談もお気軽に。
【発行元】
  株式会社プレシーク 千葉県知事(7)第10682号 
  〒277-0053 千葉県柏市酒井根5-2-1 TEL 04-7176-1611
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ