マンションの需給関係

不動産購入応援サイト「プレシーク」 -- http://www.preseek.jp/ --

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
 
         ◆□◆初めてでも失敗しない不動産の買い方◆□◆
      
               第15号 平成17年2月18日   発行 株式会社プレシーク 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

このメールマガジンは、不透明で分かりづらい不動産取引の知識を初心者にも
分かりやすくお伝えして、不動産購入をどのように進めていくのか、出来る限
りやさしく分かりやすいようにお伝えしていきたいと思っております。
ご質問などがございましたら、お気軽にお尋ね下さい。

--------------------------------------------------------------------☆

【後悔しない不動産購入マニュアル(CD-R)】

 不動産会社に問い合わせをする前に、最低知っておくべきポイントをこの
 CD-Rに分かりやすくまとめました。ハンドブック基礎編・実践編、不動産
 購入基礎知識、ニュースレター・メールマガジンバックナンバー収録。
 無料相談の特典付きで、送料・税込みの3,000円です。

 詳しくは、http://www.preseek.jp/main/book.html 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
【マンション供給状況】

 前号では、不動産の需給関係について、土地(地価)を中心にお話しました。
 今号では、16日の日本経済新聞に掲載されたマンション供給の記事をご紹介
 しながら、これからのマンションについて考えてみたいと思います。

 ◆不動産の需給関係(マンション)
 
 [日本経済新聞 05/02/16 ~都心も二極化が加速~]

  ・昨年の発売戸数は前年比3%増も、供給過剰懸念が台頭。堅調だった
   都心部でも明暗が鮮明になっている。

   →2005年問題。将来の中古マンション供給ストック増加。

  ・地価下落に伴う都心回帰進行で「都心では建てれば売れる」から
   都心でも地域によっては売れ行きに差が出始める。

   →ただ都心への距離が近いだけではなく、細かい地域特性で明暗。

  ・今年以降も大型物件の建設計画が目白押しで、供給過剰傾向が続き、
   消費者の需要も一巡して、飽きも広がる。

   →物件の選別。物件特性で見劣る場合、競争力低下。

  ・大阪、名古屋でも大型物件の供給ラッシュが起き、売れ残りも。

   →全国的な供給増加、マンションストックの増加。

  ・競争の激しい物件、見劣りする物件は、大幅値引きやサービス。

   →購入価格も安いけど、将来売却する際も安くなる。
    資産価値として考えるのではなく、生活スペースとして。

  ・発売直後に完売する物件もある。「駅近」や「安全」を売り物にした
   物件の需要は高い。今後は、間取りや共用施設といった商品企画の
   巧拙などで、売れ行きに差が出る。

   →商品企画に見劣る中古マンションは、さらに厳しくなる。

  ・仕入れ用地の減少により仕入れ値の高騰、住宅ローン減税の縮小など
   マンション事業者の経営環境は厳しい。

   →供給業者減少、業界再編へ。

  『まとめ』

  一度作られたマンションは、中古マンション市場にとって、供給ストック
  として社会に蓄積されていきます。市場では、今でもだぶつき感があり、
  中古マンションの流通価格は大幅に値崩れしています。(特に郊外)

  この市場環境の中、現在の新築マンション大量供給が続くと、さらに供給
  が増加し、中古マンションを売却しようとする方にとっては厳しい環境に
  なります。

  新築中古を問わず、マンションを購入してはいけないとは思いません。
  しかし、この状況を理解した上で、これからの生活を考えてから、購入し
  て下さい。

  ◆マンションの資産価値を過大に考えない。
  
  ◇競争力のあるマンションは、資産価値減少スピードが遅い。

  ◆将来の生活の変化に対応できるマンション。
   →住み替え(売却)しなくてすむように。

  ◇マンション維持コストと想定家賃の比較検討も。  
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ライフサポートニュース】

 ライフサポートニュースでは、生活とお金に関する話題についてお得な情報
 や役立つ知識をご紹介しております。
 
 第38号:欠陥住宅の責任について、温泉、お店紹介

 詳細は → http://www.preseek.jp/main/letter.html

--------------------------------------------------------------------☆

【住宅ローンミニニュース】

・公庫買取型の住宅ローン「フラット35」に対する各銀行の取り組みが
 本格化してきたことにともない各銀行の金利も下がり使いやすくなりました。
 
 各銀行の金利は→ http://www.jyukou.go.jp/support/rate_index.html

 フラット35の特徴は、

 1.最長35年間の固定金利 2.所要資金の80%、5,000万円まで
 3.保証料、繰上げ返済手数料0円 4.建物検査による品質の確保

 その他詳細 → http://www.jyukou.go.jp/support/annai.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【弊社独自の不動産仲介サービス「不動産購入サポートパック」】

 ◆サポート内容を大幅に見直し、充実させました。

 ◇不動産購入サポートパックによって得られる7つのメリット 

 1.不動産の専門家にいつでも相談できる 
 2.買主の立場に立ったプロに不動産取引を依頼できる 
 3.幅広い地域に詳しい担当者へ地域事情を聞ける 
 4.不動産取引に関わる各分野とのトータルプロデュースを受けられる 
 5.仲介手数料が安くなり、別途の諸費用も不要で、購入費用が抑えられる 
 6.ファイナンシャルプランナーに住宅ローンや保険の相談が出来る 
 7.住宅のコストを加えた新型ライフシミュレーションを受けられる

 詳しくは紹介ページで http://www.preseek.jp/main/sapo.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【あとがき】

 今回、不動産の需要と供給についての記事が日本経済新聞に掲載された
 ことをきっかけにメールマガジンを書いてみました。朝のテレビでこの
 記事を知り、前回とのメールマガジン内容から、あまりにもタイムリーな
 内容だったので、飛びついてしまいました。作文が苦手の私にとって、
 渡りに船とはこのことです。助かりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行責任者】

 柴田 誠(不動産コンサルティング技能登録、ファイナンシャルプランナー)
・昭和44年1月25日生まれ A型 船橋市立小室中→千葉県立八千代高
・船橋市小室町にて、男の子二人と妻・母の五人暮らし
・千葉県内で35年の生活と13年の不動産営業から地域情報に精通し、ファイ
 ナンシャルプランナー業務から住宅ローンに強い不動産コンサルタント。
 セミナー・小冊子などによる初めての不動産購入者へのアドバイスに注力
 して、不動産購入のサポートを中心に携わっています。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【初めてでも失敗しない不動産の買い方】 

 購読中止・変更 :http://www.preseek.jp/
 発行システム  :まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ )

 ☆物件をお探しの方だけでなく、不動産・住宅ローンの相談もお気軽に。

【発行元】
 株式会社プレシーク 千葉県知事(5)第10682号 
 〒277-0053 千葉県柏市酒井根5-2-1 TEL 04-7176-1611
 ・旭化成不動産情報ネットワーク(へーベルハウス)会員
 ・MRD全国不動産情報(ミサワホーム)会員

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ