人口動向からの探し方と購入時期

不動産購入応援サイト「プレシーク」 -- http://www.preseek.jp/ --

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
 
         ◆□◆初めてでも失敗しない不動産の買い方◆□◆
      
               第13号 平成17年1月30日   発行 株式会社プレシーク 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

このメールマガジンは、不透明で分かりづらい不動産取引の知識を初心者にも
分かりやすくお伝えして、不動産購入をどのように進めていくのか、出来る限
りやさしく分かりやすいようにお伝えしていきたいと思っております。
ご質問などがございましたら、お気軽にお尋ね下さい。

--------------------------------------------------------------------☆

【後悔しない不動産購入法(CD-R)】

 不動産会社に問い合わせをする前に、最低知っておくべきポイントをこの
 CD-Rに分かりやすくまとめました。ハンドブック基礎編・実践編、不動産
 購入基礎知識、ニュースレター・メールマガジンバックナンバー収録。
 無料相談の特典付きで、送料・税込みの3,000円です。

 詳しくは、http://www.preseek.jp/main/book.html 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
【人口動向からの探し方と購入時期】

 前回のメールマガジンでは、返済計画などから今買って大丈夫か、それが
 満足できる住まいになるのかを考えてみましょうとお話しました。これは、
 購入をされようとする個人の観点から考えてみることになります。

 そこで今回は、住まいを取り巻く社会的なことから、住まい探し・購入を
 するタイミングと選び方を考えてみたいと思います。

 ◆人口問題
 
 1.土地から

 現在、都市部を中心に地価が下げ止まり、地域によっては上昇に転じてい
 るところもございます。これは、利便性を求める需要と、その顧客層に向
 けた新築マンション・新築分譲住宅を供給する側の仕入れによるものです。

 その需要の中心となっているのが、職住接近と生活利便性の確保を目指した
 30代の第二次ベービーブーム世代と老後の生活に便利な地域に移る団塊の
 世代・ベービーブーム世代の方々です。

 現在は、この需要が旺盛なため不動産取引も活発に行われ、閉塞感はなく
 なっていますが、この需要が減少した時には、不動産市場は、下方に向かう
 ことになると思われます。

 しかし、現在の需要旺盛な時でも下がっている地域もあります。同じように
 需要が減退した時でも、上がるまではいかなくても下がらない地域も出ると
 思います。

 そして、この下がる下がらないの地域は、都心部からの単純な距離感から
 ではなく、地域の特徴などから多様化しています。これは、アクセス(交通)、
 近隣生活施設、環境など様々な要素で構成されてきます。

 このことから購入する時期と地域を考えてみますと、

 ・今すぐ購入する必要がない人、郊外で探している人は焦らず
 ・将来の売却もありえる人、今必要に迫られている人は地域特徴の見極め

 2.建物から

 私が不動産業界に入って15年近く経ちますが、その間、分譲される建物の
 間取りは、マンションなら60~70平米の3LDK、一戸建てなら90平米~100平米の
 4LDKが主流で、現在も少し広めになったとはいえ、その流れは変わりません。

 しかし、この15年間、建物に対する需要は、年々求める面積が広がり、
 多様化してきています。この傾向は今後も続くと思われます。

 社会にある建物のストックが年々増える中で、需要となる人口が減ってくる
 これからは、求められる面積が広がるでしょう。そして、均一的な間取りで
 部屋数を重視した建物より、一部屋あたりの広さを確保した建物が好まれる
 と思われます。

 また、独身の人やセカンドハウス的に使う人、老後に二人で生活する方など
 小さい建物の需要もあると考えられます。

 どちらにも共通しているのが、一部屋あたりの広さです。
 
 これから不動産を購入する際には、一部屋あたりの広さを重視し、
 限られた広さの中で部屋数を確保したい時は、生活の変化に対応できる
 建物にすることをお勧めします。

 参考)

 環境問題・ごみ問題などから、今までのように築20年もしたら資産価値が
 なくなるような建物から、耐久性を重視し建物を資産としてみていこうと
 いう流れに国の政策が変わりつつあります。

 これから中古住宅の流通環境も整備され、生活スタイルの変化などによる
 住み替えが活発になる際に、土地とともに建物も資産価値の重要な要素に
 なります。

 上記の間取り・広さ・可変性に加え、建物の構造やメンテナンスが大きく
 資産価値に反映されてきます。

 今号では、人口動向から考えたこれからの不動産状況を推察してみました。
 次号でも引き続き、社会情勢から考えた住まい探しについてお知らせします。
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ライフサポートニュース】

 ライフサポートニュースでは、生活とお金に関する話題についてお得な情報
 や役立つ知識をご紹介しております。
 
 第37号:購入時期、お正月パス、ガーデニング

 詳細は → http://www.preseek.jp/main/letter.html

--------------------------------------------------------------------☆

【最新不動産・住宅ローンQ&A】

  38.都市計画道路がかかる住まい
  37.仲介手数料の支払い時期について

 この答えは http://www.preseek.jp/main/qa.html

----------------------------------------------------------------------

【最新情報】生命保険見直しビギナーのための厳選情報サイト

 「はじめての保険見直し」 → http://www.hajiho.net

----------------------------------------------------------------------

【住宅ローンミニニュース】

・公庫買取型の住宅ローン「フラット35」に対する各銀行の取り組みが
 本格化してきたことにともない各銀行の金利も下がり使いやすくなりました。
 
 各銀行の金利は→ http://www.jyukou.go.jp/support/rate_index.html

 フラット35の特徴は、

 1.最長35年間の固定金利 2.所要資金の80%、5,000万円まで
 3.保証料、繰上げ返済手数料0円 4.建物検査による品質の確保

 その他詳細 → http://www.jyukou.go.jp/support/annai.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【お知らせ】 

 この度、東葛エリアで売り出されました不動産情報をタイムリーに配信する
 メールサービスを始めました。柏市、松戸市、我孫子市、流山市、鎌ヶ谷市、
 白井市の土地、中古住宅、中古マンションの新鮮な情報で住まい探しを応援
 します!(原則として毎週月曜、木曜、金曜の夜に配信します)

 サンプルを確認して申し込みをしたい方はここをクリック
  ↓ ↓
 http://www.preseek.jp/main/maga.html#jouhou

--------------------------------------------------------------------☆

【弊社独自の不動産仲介サービス「不動産購入サポートパック」】

 ◆サポート内容を大幅に見直し、充実させました。

 ◇不動産購入サポートパックによって得られる7つのメリット 

 1.不動産の専門家にいつでも相談できる 
 2.買主の立場に立ったプロに不動産取引を依頼できる 
 3.幅広い地域に詳しい担当者へ地域事情を聞ける 
 4.不動産取引に関わる各分野とのトータルプロデュースを受けられる 
 5.仲介手数料が安くなり、別途の諸費用も不要で、購入費用が抑えられる 
 6.ファイナンシャルプランナーに住宅ローンや保険の相談が出来る 
 7.住宅のコストを加えた新型ライフシミュレーションを受けられる

 詳しくは紹介ページで http://www.preseek.jp/main/sapo.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【あとがき】

 早くも1月が終わろうとしています。ついこの前お正月だった気がするので
 すが、時間が経つのは早いですね。私もこの1月で36歳になってしまいま
 した。酉年生まれの年男です。自分では、まだまだひよっこの若手という意
 識があるのですが、いいおじさんですね。先日お会いした方に、今年年男な
 んですと話しましたら、じゃ48歳ですねと返されてしまいました。世間に
 は、おじさんと写っているのを実感しました。さて、36歳になった今年、
 私個人として努力していきたいのは、健康に関してです。痩せて、禁煙して、
 温泉に入って?、初体験の人間ドックも。。倒れたら、生活が出来なくなる
 という切実な問題もあるのですが、誕生日を迎える度に、あと何年生きられ
 るのだろう、少しでも長く生きられるように健康体にならなくっちゃと思い
 ます。しかし、今日まで非健康体のままなのですが。。
 会社の面では、人員を補充しよりサービスを充実していきたいのと、今年春
 頃から始める新サービスを軌道に乗せていきたいです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行責任者】

 柴田 誠(不動産コンサルティング技能登録、ファイナンシャルプランナー)
・昭和44年1月25日生まれ A型 船橋市立小室中→千葉県立八千代高
・船橋市小室町にて、男の子二人と妻・母の五人暮らし
・千葉県内で34年の生活と13年の不動産営業から地域情報に精通し、ファイ
 ナンシャルプランナー業務から住宅ローンに強い不動産コンサルタント。
 セミナー・小冊子などによる初めての不動産購入者へのアドバイスに注力
 して、不動産購入のサポートを中心に携わっています。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【初めてでも失敗しない不動産の買い方】 

 購読中止・変更 :http://www.preseek.jp/
 発行システム  :まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ )

 ☆物件をお探しの方だけでなく、不動産・住宅ローンで相談したい方も
  無料相談を受け付けております。

【発行元】
 株式会社プレシーク 千葉県知事(5)第10682号 
 〒277-0053 千葉県柏市酒井根5-2-1 TEL 04-7176-1611
 ・旭化成不動産情報ネットワーク(へーベルハウス)会員
 ・MRD全国不動産情報(ミサワホーム)会員

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ