買ってから泣かない街選びをヒントに


 不動産購入応援サイト「プレシーク」 -- http://www.preseek.jp/ --

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

   ◆□◆初めてでも失敗しない不動産の買い方◆□◆

   第112号  平成23年02月24日   発行 株式会社プレシーク

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

 読者のみなさま。こんにちは。
 不動産購入応援サイト管理人の 柴田 誠 です。

 あっという間に、2月も終わろうとしています。
 今年も2ヶ月が終わろうとしています。
 もう、年の6分の1が過ぎようとしています。

 月日が流れていくのは早いですね。
 このメルマガも、サイトのコラムも、
 ちょっと忙しくて、更新できないと、
 あらっというくらい、間隔が空いてしまいます。

 そこで、今日、ちょっと時間があったので、
 コラムを3本も書いてしまいました。

 1)買ってから泣かない街選びをヒントに

 名著「不動産でハッピー・リッチになる方法」で
 有名な不動産コンサルティングの山崎隆氏が、
 週刊ダイヤモンド(11.02.26)街選びの大原則のコラムにて、
 住宅購入後に起こりうるさまざまなことを考えて、
 貸せる、売れるを念頭に、街選びが大事で、
 将来も持続性がある街であるかがポイントと指摘しております。

 つづき:http://www.preseek.jp/column/judgment/110224.html

 2)南向きは損をする?

 週刊ダイヤモンド(11.02.26)で組まれた特集
「丸得マンション&管理」の記事の中で、
 “南向き信仰”は危ない、値崩れしない北向きマンション、
 というコラムが掲載されました。 

 記事の内容で書かれているポイントは、
 新規売り出し時の価格設定に影響する南北格差が、
 中古となった際、騰落率に影響する。
 北向きでもライフスタイルによっては影響も少なく、
 美しい“順光”の眺望が得られる、
 とくに、20階超の北向きは希少価値さえ出ているとのこと。 

 つづき:http://www.preseek.jp/column/search/110224.html

 3)変動金利のリスク

 住宅ローン利用者の90%超が
 変動金利を利用しているという話も出るくらい、
 変動金利に偏重ぎみな現状です。
 実際は、フラット35などの利用や併用などもあるでしょうから、
 ここまでではないと思われますが、
 変動金利利用が多いことには変わりありません。 

 なぜ、変動金利がここまで利用されるのか。 

 つづき:http://www.preseek.jp/column/loan/110224.html

 以上の3本です。

 この他に、前回発行してから書いたコラムは、

 4)埼玉大変,千葉心配

「不動産絶望未来(これからの住宅購入は“時間地価”で探せ!)」を読みました。
 本書の著者は、朝日新聞「AERA」編集部記者の山下努氏。平成22年12月発行。
 長年にわたる取材と、実際に著者が住宅購入した際の経験に基づき、
 今後の住宅購入に対して提言する内容です。 

 つづき:http://www.preseek.jp/column/judgment/110214.html

 5)住宅購入のスタート

 住まいを考えるに際して、購入すべきかどうか、
 一生賃貸、もしくは、とうめん賃貸でいずれは、
 の選択肢がまずありきで、購入することが大前提、正とは限りません。

 つづき:http://www.preseek.jp/column/search/110213.html

 6)いまどきの建物設備事情

 年々進化する建物設備と仕組み、流行に置いてかれぎみの今日この頃。
 みなさまにお知らせというより、自身の勉強のためにまとめてみました。

 つづき:http://www.preseek.jp/column/house/110212.html

 以上となります。
 よろしかったら、ご覧になってみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇2月のつぶやき

 2月にツイッター(http://twitter.com/#!/preseek_shibata)へ投稿した
 つぶやきのなかから、特にお伝えしたいものをピックアップしました。

・難しい理論はわからないけど、
 もしかしたら6月に長期金利が上昇トレンドに?
 だとしたら、6月までの住宅ローン実行
 (決済までの時間を考慮するとGWまでの購入)を目指すべき?
 『国債格下げでも金利安定の謎』

・年収240万円のご家庭に、
 どうして、4800万円とか3980万円の家を紹介するんだろう。
 月収20万円、家を買っちゃダメでしょ。

・老後の移住地ランキング第三位が千葉県だそうです。
 老後は房総でノンビリぽかぽかと過ごそう。

・『不動産に掘り出し物なし』と言われても探してしまうのが、
 自然な心理でしょうか。

・まだ、免許更新回数信仰があるんですね。
『不動産業者は免許番号の( )内の数字が
 大きいところを選ぶのがよいとされる』

・スタート前の検討の重要性!
『希望条件の優先順位にコンセンサスを得ておかないと、
 物件探しの際に評価基準がブレてなかなか決められない』

・ファミリー層でも同じような傾向が見えます。
『広い部屋より快適なアクセス重視! 
 仕事も遊びも大事にするシングル層の新・住まい観』

 この他のつぶやきは:http://twitter.com/#!/preseek_shibata

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【住宅購入サポート受付中】

 不動産,住宅ローン,家計など、住まいを購入する際のさまざまな場面にあわせて
 多彩なサービスをご用意しております。まずは資料をご請求ください。

 ≪住宅購入サポートで得られる3つのメリット≫
 ◆仲介手数料優遇特典(費用の軽減)
 ◆ワンストップサービス(手間の軽減)
 ◆安心して住まいの購入(不安の軽減)

  詳細はこちらにてご確認ください住宅購入サポート
  http://www.preseek.jp/main/sapo.html

 住まい探しの主役は不動産ではありません。皆さまが主役です!
 不動産の優劣を比べるのではなく、生活との相性を見極めましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行責任者】

 柴田 誠(不動産コンサルティング技能登録、ファイナンシャルプランナー)

・昭和44年1月25日生まれ A型 船橋市立小室中→千葉県立八千代高
・船橋市小室町にて、男の子二人と妻・母の五人暮らし

・千葉県内で40年の生活と19年の不動産営業から地域情報に精通し、
 ファイナンシャルプランナー業務から住宅ローンに強い住宅購入アドバイザー。
 セミナー・小冊子などによる初めての不動産購入者へのアドバイスに注力して、
 住まいの購入サポートを中心に携わっています。

 facebook:http://www.facebook.com/shibata.makoto

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【初めてでも失敗しない不動産の買い方】

 購読中止・変更 :http://www.preseek.jp/
 発行システム  :まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ )
 解除はこちらから:http://www.mag2.com/m/0000137258.html

 ☆物件をお探しの方だけでなく、不動産・住宅ローンの相談もお気軽に。

【発行元】
  株式会社プレシーク 千葉県知事(6)第10682号 
  〒277-0053 千葉県柏市酒井根5-2-1 TEL 04-7176-1611
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ