10年後の残価率(減価率)を見て


 不動産購入応援サイト「プレシーク」 -- http://www.preseek.jp/ --

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

   ◆□◆初めてでも失敗しない不動産の買い方◆□◆

   第111号  平成23年02月10日   発行 株式会社プレシーク

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

 読者のみなさま。こんにちは。
 不動産購入応援サイト管理人の 柴田 誠 です。

 3連休、首都圏では、雪が積もりそうです。
 クルマの運転、大丈夫かな。

 タイヤは履きかえたばかりだけど、
 ノーマルタイヤだから、
 積もり方によっては、
 電車通勤になるかもです。

 そのクルマですが、
 今日現在、14.5万キロ。

 次回の車検は、来年1月なので、
 年内には、次のクルマを購入しようかと思っています。

 今朝、日経新聞を読んでいたら、
 1面広告で
「クラウンアスリート、残価設定プランで、お支払いらくらく」
 という感じの内容で掲載されておりました。 

 この残価設定プランの支払いで
 負担を軽くした販売方法は目新しくないですが、
 このような広告を見るたびに、
 3年後の残価設定って大丈夫なのかしら、
 と、思ってしまいます。 

 クルマのプロが設定するんだから、
 まぁ間違いないでしょうが、
 もし、三年後の査定がどんと落ちていたらどうしようと、
 小心者の私には購入できません。 

 ただ、好きな車種なので、
 ものは試しとシミュレーションしたら、
 最初の頭金だけで
 想定している予算(乗り出し100~120万円)を超えてしまい、
 庶民には遠い夢のまた夢。 

 わたしは、いつか新車に乗ることができるのかしらんと、
 遠い目となってしまいました... 

 さて、本題の不動産の話に戻りますが、
 先日発売された雑誌(週刊ダイヤモンド別冊2011/2/14)に、
 主要駅の新築・中古別、マンション・戸建て
 4価表が掲載されておりました。

 この表を見ると、
 10年後に価値がどの程度下がるのかがわかり、
 残価率を見ると、駅力もわかります。 

 主な駅の残価率(計算はマンションにて、単位は%)は、
 コラム「10年後の残価率(減価率)を見て」にて
 http://www.preseek.jp/column/market/110210.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇1月のつぶやき

1月にツイッター(http://twitter.com/#!/preseek_shibata)へ投稿した
つぶやきのなかから、特にお伝えしたいものをピックアップしました。

・うちの団地の管理組合に、子供からこんな投稿がありました。
「私はペットを飼えないルールを守っているけど、
 大人の人がそのルールをやぶって、
 犬などを飼っている人がいるのでそれはずるいと思います。」
 自己利益のみ考える大人と、
 社会の規律を守り秩序を維持しようとする子供。

・超大手仲介業者が「自社の客を優先する」と。
 すごい営業力です。
 お客さまに
「数百万損してもいいから、お宅の客を優先してくれ」
 って、言わせてしまうんだから。
 お見逸れしましたm(_ _)m

・中古物件の場合、
 希望する築年数より、
 すこーし条件を緩和(古く)すると、
 予算内で買える。
 下げ止まり感も受けられるケースも。

・新築して間もない建て売り住宅で、
 雨が染み込んだ重みで天井が落ちた事例が、
 書籍などで紹介されているけど、
 ほんとにそんな悲惨なことってあるんですかね。
 この業界に携わって20年ちかく経つけど、
 聞いたことないのは、たまたまなのか、運がいいのか。

・「せっかく買うなら、多少高くても間違いのないものを」
 「先行き不安だから、極力予算は抑えて」
 の二極化かな、購入者の動きは。

・不動産取引程度のカバーを建築業界でもしないと。
 賃貸でもガチガチに法規制があるのに、
 500万円以下のリフォームは無法だなんて。

・今年も住宅購入の買い時が続くのでしょうか。
 ただ、社会的な環境の買い時よりも、
 ご自身にとっての買い時かどうか、買ってもいいのか。
 持ち家願望があって、買える条件が整っているなら。
 今年もいいかも。

この他のつぶやきは:http://twitter.com/#!/preseek_shibata

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【住宅購入サポート受付中】

 不動産,住宅ローン,家計など、住まいを購入する際のさまざまな場面にあわせて
 多彩なサービスをご用意しております。まずは資料をご請求ください。

 ≪住宅購入サポートで得られる3つのメリット≫
 ◆仲介手数料優遇特典(費用の軽減)
 ◆ワンストップサービス(手間の軽減)
 ◆安心して住まいの購入(不安の軽減)

  詳細はこちらにてご確認ください住宅購入サポート
  http://www.preseek.jp/main/sapo.html

 住まい探しの主役は不動産ではありません。皆さまが主役です!
 不動産の優劣を比べるのではなく、生活との相性を見極めましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行責任者】

 柴田 誠(不動産コンサルティング技能登録、ファイナンシャルプランナー)

・昭和44年1月25日生まれ A型 船橋市立小室中→千葉県立八千代高
・船橋市小室町にて、男の子二人と妻・母の五人暮らし

・千葉県内で40年の生活と19年の不動産営業から地域情報に精通し、
 ファイナンシャルプランナー業務から住宅ローンに強い住宅購入アドバイザー。
 セミナー・小冊子などによる初めての不動産購入者へのアドバイスに注力して、
 住まいの購入サポートを中心に携わっています。

 facebook:http://www.facebook.com/shibata.makoto

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【初めてでも失敗しない不動産の買い方】

 購読中止・変更 :http://www.preseek.jp/
 発行システム  :まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ )
 解除はこちらから:http://www.mag2.com/m/0000137258.html

 ☆物件をお探しの方だけでなく、不動産・住宅ローンの相談もお気軽に。

【発行元】
  株式会社プレシーク 千葉県知事(6)第10682号 
  〒277-0053 千葉県柏市酒井根5-2-1 TEL 04-7176-1611
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ