まったくの白紙からどう考えるか


 不動産購入応援サイト「プレシーク」 -- http://www.preseek.jp/ --

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

   ◆□◆初めてでも失敗しない不動産の買い方◆□◆

   第104号  平成22年5月27日   発行 株式会社プレシーク

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

 読者のみなさま。こんにちは。
 不動産購入応援サイト管理人の 柴田 誠 です。

 今年に入ってから、
 このメルマガの発行間隔があいてしまい、
 大変申し訳ございません。
 (待ってねぇ~よ、などは言わずにしまっておいてください)

 1週間に1度は発行しようと思ってはいるのですが、
 購入希望者からの依頼が増加し、
 1ヶ月に1度となってしまっております。

 例年であれば、GWも5月の連休は休める日もあったのですが、
 今年は、なんだかんだと、休みなしとなってしまいました。

 住宅版エコポイント、
 住宅ローン減税、
 不動産価格の下落、
 住宅ローン金利の低下(フラット35の優遇)、
 などなど、
 さまざまなきっかけがあったかと思いますが、
 やはり、一番多いのは、
 生活環境の変化(子供、結婚、同居など)でしょうか。

 よく、
 今は買い時ですか、
 というような相談まででもない質問を受けますが、
 いつもお決まり文句の、
 購入したい、購入しても支障がない、
 のであれば、購入しやすい環境は整っていると思いますよ、
 と答えております。

 本日もこれから、住宅ローン相談の方がお見えになります。

 世界的な株安もあって、
 長期金利は、またまた下がっております。

 住宅ローンをお組になる方にとって、
 とても有利な環境は整っておりますが、
 この先どうなるか、私には分かりません。

 金利動向について、
 この先、絶対こうなるからこうすべき、
 と断言できる方がいたら、
 それは神か嘘つきかでしょう。

 いろいろなケースを想定し、
 どのような場合でも対応できるか、
 その際、どのような考え方で捉えるか。

 環境の変化がリスクではありません、
 変化を想定していないことが最大のリスクです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇まったくの白紙からどう考えるか

 なにをきっかけとするかは分かりませんが、
 住まい探しを始める時、必ず、
 「よし、家を買うか」と、思い立つはずです。

 そう思い立った時、
 自分(家族も含め)、これしかない、
 と思いこんでいる方も多いと思います。

 マンションしかありえない、
 一戸建てしかありえない、
 このエリアしかありえない、
 新築しかありえない、

 思い込む内容はさまざまだと思いますが、
 けっこう決めつけておられるケースがあります。

 弊社の場合、
 まったく白紙でどうしたらいいか、
 地域を知らないので教えてほしい、
 というような相談を受けているので、

 他の不動産会社よりも、
 思い込んで決めつけている方は少ないかもしれませんが、

 通常の不動産会社の場合、
 ネットや広告で不動産の紹介をし、
 住まいの内容を決めてきている方から
 問い合わせが入るため、
 住まいの内容を疑うことなく、
 そのまま購入へと進むことになります。

 もしかしたら、
 深く考えない、ことで、
 自分たち家族にとって最適な住まいを知らないままでも、
 それはそれで幸せなのかもしれません。

 でも、
 自分たち家族にとって、
 どのような住まいが最適なのか、
 それぞれに良し悪しがあって、
 それを理解したうえで選択する方が、
 きっと後悔しないと思います。

 住まい探しでは、知らないこと、
 それが最大のリスクになります。

 分かったうえで購入するのであれば、
 それはリスクではなく、対応や割り切りも可能で、
 後悔することにはなりません。

 100点を目指すと、なかなか購入できるものではありませんが、
 70点、80点の評価がある際、残りの20点、30点が、
 どのようなものなのか、知っているのであれば大丈夫です。
(例:マンション、一戸建て、として絶対避けられないものはある)


 弊社では、来年度に新社会人となる大学生を
 インターンシップとして受け入れました。

 弊社を卒業する時の課題は「どのような住まいを選択するのか」
 約1年間、弊社で働きながら、
 よ~く考えて、自分なりの答えを出してみます。

 人それぞれですので、
 選択した住まいが、誰にでもいいということにはなりません。

 最終的なゴールにたどり着くまで、
 どのようなプロセスをたどるのか、
 皆様の住まい探しにも、刺激と参考になると思います。
 ご興味がある方はご覧になってみてください。

 住宅購入アドバイザー研修日記:http://intern.house-adviser.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【しばたのつぶやき】

・押し売りはしないが最後に背中を押すことも。
 ただし、その人の考えや状況をきちんと押さえておくことが必要で、
 なにも分からずやみくもにお薦めはしない。

・どっちつかずはお客様にとっても時間の無駄となってしまう。

・なにかが変わるとき、
 思想家が世の中に大きな影響を与え、
 薫陶を受けた実行家が推進し、
 実務家が仕上げる。
 自分は一般庶民かな。

 この他のつぶやきは:http://twilog.org/preseek_shibata

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【住宅購入サポート受付中】

 不動産,住宅ローン,家計など、住まいを購入する際のさまざまな場面にあわせて
 多彩なサービスをご用意しております。まずは資料をご請求ください。

 ≪住宅購入サポートで得られる3つのメリット≫
 ◆仲介手数料優遇特典(費用の軽減)
 ◆ワンストップサービス(手間の軽減)
 ◆安心して住まいの購入(不安の軽減)

  詳細はこちらにてご確認ください住宅購入サポート
  http://www.preseek.jp/main/sapo.html

 住まい探しの主役は不動産ではありません。皆さまが主役です!
 不動産の優劣を比べるのではなく、生活との相性を見極めましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行責任者】

 柴田 誠(不動産コンサルティング技能登録、ファイナンシャルプランナー)

・昭和44年1月25日生まれ A型 船橋市立小室中→千葉県立八千代高
・船橋市小室町にて、男の子二人と妻・母の五人暮らし

・千葉県内で40年の生活と19年の不動産営業から地域情報に精通し、
 ファイナンシャルプランナー業務から住宅ローンに強い住宅購入アドバイザー。
 セミナー・小冊子などによる初めての不動産購入者へのアドバイスに注力して、
 住まいの購入サポートを中心に携わっています。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【初めてでも失敗しない不動産の買い方】

 購読中止・変更 :http://www.preseek.jp/
 発行システム  :まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ )
 解除はこちらから:http://www.mag2.com/m/0000137258.html

 ☆物件をお探しの方だけでなく、不動産・住宅ローンの相談もお気軽に。

【発行元】
  株式会社プレシーク 千葉県知事(6)第10682号 
  〒277-0053 千葉県柏市酒井根5-2-1 TEL 04-7176-1611
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ