最適な住まいは?


 不動産購入応援サイト「プレシーク」 -- http://www.preseek.jp/ --

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

   ◆□◆初めてでも失敗しない不動産の買い方◆□◆

   第101号  平成22年3月4日   発行 株式会社プレシーク

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□


 読者のみなさま。こんにちは。
 不動産購入応援サイト管理人の 柴田 誠 です。

 温かくなったり、寒くなったりと、
 季節の変わり目は体調を崩しやすくなりますので、お気を付け下さい。
 私は、言い伝えの通りで、風邪はひかないみたいですが。

 今週は、依頼、相談が一段落したので、
 最近、疎かになっていたコラムに注力しています。
 明日は忙しいので、その分も、と、本日2本もコラムを書いたら、
 ちょっと疲れちゃいました。

 もしかしたら、昨日、
 エレベーターのない5階建ての団地で、
 5階まで昇り降りを繰り返した疲れかもしれません。
 年齢、体力不足なのでしょうか。

 このような昭和の高度成長期に建てられた団地には、
 高齢者の方が多くお暮しになり、建物の老朽化など、
 さまざまな問題があり、昨日のTVで、
 ニュータウン再生が取り上げられておりました。

 建て替えに進む場合、計画が立ちあがってから、
 建て替えが完了するまで10年以上の年月が必要となります。

 高度成長期に建てられた団地が多く所在するニュータウンでは、
 今後、このような動きが活発になることでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇最適な住まいは?

 住宅を購入しようと思ってみたものの、
 ほんとうに購入した方がいいのか、やっぱり賃貸のままがいいのか、
 悩まれる方も多いと思います。
(悩んだことがない人は、ちょっと悩んだ方がいいのかも)

 所有と賃貸を比べた情報で取り上げられるのは、
 分かりやすさもあって金銭的な面からの切り口が多くなります。
 支払い総額などは設定や購入の状況などによって変わり、
 金銭面で一律の判断はできません。

 また、賃貸は資産価値がない、とも言われますが、
 住宅ローンを背負っていれば、
 債務超過(売却想定価格よりも住宅ローン残高が多い)になることも多く、
 住宅ローンが完済した後、どの程度の金額で売れるかも、
 何十年先となれば分かりません。

 そこで、所有と賃貸を使い勝手で比べますと、
 所有の場合、リフォームなどの可変が自由であるや使い方も自由になるなど、
 自分の意思で動くことができます。

 賃貸の場合、リフォームができず使用にも制限があります。
 しかし、賃貸であれば、生活に合わせて
 住まいを変える(引っ越し)することも容易くなります。

 諸所の事情や生活を考え、住宅を購入しようとした場合に大きく分かれるのが、
 一戸建てにするか、マンションにするか、でしょうか。

 所有と賃貸との比較にも重なる部分がありますが、
 マンションの場合、共同住宅になることから、
 生活でも所有(管理)でも、他の人との関わりが大きな要素を占めます。

 管理費や修繕積立金の有無も大きな違いです。
 ただし、これは費用が発生することだけを取って
 マンションが否定されるものではなく、
 管理費を払って組合(管理会社)に管理を頼み、
 修繕費用を計画的に積み立てるか、
 自身で管理し、自身で修繕費用を手当てするかの違いです。

 マンションの最大の良さは、立地の良さになります。
 同じ立地なら購入費用を抑えることができ、
 また、同じ予算で利便性の高い地域で購入できます。

 ただし、敷地内(駐車場から玄関)や
 建物の内の移動(上下)などの使い勝手は落ちます。
 高層階なら一戸建てでは得られない眺望が望め、
 防犯面もマンションの方が少し高いでしょうか。

 マンションにしろ、一戸建てにしろ、種別が決まった後に分かれるのが、
 新築にするか、中古にするかでしょうか。

 新築の良さは、最新の建築基準や設備が整った建物になること、
 売主(施工)が法人となることから保証が整っていることでしょうか。
 あとは、誰も使っていないという気持ちの部分です。

 中古は、新築と比べてコストパフォーマンスに優れています。
 同じ敷地で同じ建物であれば、築年数分だけ価格が抑えられる(はず)。
 あと、新築の場合、入居まで待たされるが、
 中古の場合、すぐに入居が可能な物件も多いこと、
 間取りや大きさには制約がある場合もあるが、
 内装や設備はリフォームなどで改善することができます。

 以前の中古物件は、資料の紛失やメンテナンスの履歴不備などから
 不安感を持たれる方も多かったかもしれませんが、
 建物調査会社などの充実などにより、状況は改善されました。

 所有と賃貸、マンションと一戸建て、新築と中古、どの比較でも、
 どちらかの長所は反対の短所になり、物事には裏表がある通りです。
 自分たちにあった関わり方と住まいがいいということですね、
 身も蓋もない結論ですが。


 本日もう一つのコラム:住宅ローン貸し出し状況
 http://www.preseek.jp/column/loan-news/100304.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【しばたのつぶやき】

・一度、こんなことが起こって大騒ぎになれば、
 不動産取引の改善や近代化に繋がるのでしょうか。
 何か騒ぎが起こらないと動かない行政に根本的な問題があるのかもしれませんが。
 「商談中2:ブログ版/不動産業界の歩き方」http://bit.ly/dBSyhf 

・今朝の日経、高卒の就職難を伝える記事が掲載された。
 新卒者の中にはフリーターでもという方もいるが、
 無理をしてでも、希望を下げても、社員として、何年間は頑張った方がいいと思う。
 採用する側から見ると、高卒(大卒や大学中退でも)後、
 フリーターをしている方の印象は悪い。厳しい将来になりそう

・当たり前のこと。何かを依頼しお願いした後、お礼や報告の連絡をする。
 会社の内外問わず、何もなくても、報告しづらいことでも、
 まめな連絡や報告ができること。
 この当たり前のことが、きちんとできているかできていないか。
 これが営業としても仕事人としても大きな分かれ目になると思う。

 この他のつぶやきは:http://twilog.org/preseek_shibata

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【住宅購入サポート受付中】

 不動産,住宅ローン,家計など、住まいを購入する際のさまざまな場面にあわせて
 多彩なサービスをご用意しております。まずは資料をご請求ください。

 ≪住宅購入サポートで得られる3つのメリット≫
 ◆仲介手数料優遇特典(費用の軽減)
 ◆ワンストップサービス(手間の軽減)
 ◆安心して住まいの購入(不安の軽減)

  詳細はこちらにてご確認ください住宅購入サポート
  http://www.preseek.jp/main/sapo.html

 住まい探しの主役は不動産ではありません。皆さまが主役です!
 不動産の優劣を比べるのではなく、生活との相性を見極めましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行責任者】

 柴田 誠(不動産コンサルティング技能登録、ファイナンシャルプランナー)

・昭和44年1月25日生まれ A型 船橋市立小室中→千葉県立八千代高
・船橋市小室町にて、男の子二人と妻・母の五人暮らし

・千葉県内で40年の生活と19年の不動産営業から地域情報に精通し、
 ファイナンシャルプランナー業務から住宅ローンに強い住宅購入アドバイザー。
 セミナー・小冊子などによる初めての不動産購入者へのアドバイスに注力して、
 住まいの購入サポートを中心に携わっています。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【初めてでも失敗しない不動産の買い方】 

 購読中止・変更 :http://www.preseek.jp/
 発行システム  :まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ )
 解除はこちらから:http://www.mag2.com/m/0000137258.html

 ☆物件をお探しの方だけでなく、不動産・住宅ローンの相談もお気軽に。

【発行元】
  株式会社プレシーク 千葉県知事(6)第10682号 
  〒277-0053 千葉県柏市酒井根5-2-1 TEL 04-7176-1611
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ