不動産・住宅・住まいの探し方:単純売却・単純購入と買い換え(17.03.16)

次に暮らす家のことを考えずに売却できる単純売却、今住んでいる家のことを考えずに購入できる単純購入であれば、それぞれ、売却するだけ、購入することだけを考えて判断すればいいが、売って買ってを同時に行う買い替えの場合、進め方によって良し悪しが生じます。

なお、売らなくても買える方は、単純購入と単純売却の組み合わせのため、今回のケースから除外します。

売り先行(売却先行)

メリットは、売却金額が決まることにより買い替えの資金計画が立てやすく狂いが少ない、また、売却が完了するまで次に進まないため慌てずに済み、途中で中断することも可能となります。

デメリットは、すぐに次の家が見つかりスムーズに進むならよいが、タイミングにより仮住まいが必要となるため、費用や手間が増加します。また、すぐに購入する物件を見つけなければならない場合など、選定する時間や機会が減少します。

買い先行(購入先行)

メリットは、次の住まいが見つかっているため、仮住まいなどの手間や費用は必要なく、行き先に対しての安心感が得られます。また、購入先が見つかるまで慌てることなく、途中で中断することも可能となります。

デメリットは、購入物件に対しての支払いに売却資金を充てることができないことも多く、資金調達をしなければならない、住宅ローンの場合、売却が完了するまで二重の負担となることもある。また、売却金額が決まっていないため、資金計画に狂いが生じることもあります。

自己資金に余裕がある、売却物件に住宅ローンを利用していない(完済)、圧倒的な収入があるなど、資金的に余裕がある場合は、購入を先行してもよいと思います。

しかし、一般的には、売却を先行して、資金計画の面で安全を図る方が賢明です。特に、不動産市場が低迷し、下落基調にあるときは、売却金額に狂いが生じやすいため、なおさらとなります。

それでも購入を先にということであれば、これなら確実と思われるくらい売却想定金額を低く設定しておくことをお勧めします。


仲介手数料半額・中古マンション

サブコンテンツ

このページの先頭へ