不動産・住宅・住まいの探し方:WEBアプリを活用して不動産価格などを透明化する?!(16.11.02)

不動産業界で中古マンションの適正価格を人工知能(AI)で推定したり、各種サービスをIT(情報技術)で支援したりするベンチャー企業が増えています。つい先日、弊社リニュアル仲介(東京・新宿)でもセルフインスペクションアプリ「SelFin(セルフィン)β版」をリリースしました。

http://www.rchukai.com/selfin/

セルフィンの利用は無料で、不動産ポータルサイトの物件概要のページURLをコピー&ペーストするだけで、自動で物件情報が入力される入力補助機能なども用意されています。セルフィンを利用すると下記のような情報が判断できるようになります。

<セルフィンが提供する情報>

価格の妥当性の判定
対象不動産の流動性の判定
立地にようる資産性の判定
住宅ローン減税の対象か否かを判定
耐震性の判定
マンションの管理状況・修繕積立金の判定
土地の資産性の判定(戸建て)

商慣行などで不透明さが残る不動産業界だからこそ、このような便利ツールなどを通じて、弊社のお客様が増えてくれればと思います。

少し前には賃貸物件ではイタンジ(東京・港)では、架空や成約済みの賃貸物件をネットに掲載して客を呼び寄せ、別の物件を紹介するおとり商法を見破るサービスを提供しています。その他にもAIで中古マンションの適正な価格を推定するプロパティエージェント(東京・新宿)、ハウスマート(東京・渋谷)やHawMaなどの仕組みもあります。

そもそも不動産ITベンチャーが増えている背景には消費者意識の変化が挙げられるようです。ITに慣れ親しんだ1980年代から2000年代初頭生まれの「ミレニアル世代」が不動産の第一次取得世代の仲間入りを始めた事が大きいようです。ミレニアル世代はなんでもスマートフォンなどを活用して検索し、比較・検討する世代のため、ミレニアル世代の方には今回リリースしましたセルフィンを是非、ご利用いただければ幸いです。


仲介手数料半額・中古マンション

サブコンテンツ

このページの先頭へ