不動産・住宅・住まいの探し方:オススメ情報!掘り出し物!(15.07.27)

「なにかオススメ情報が入ったら連絡して」

最近、特に、お客様よりこのお言葉をいただくことが多くなりました。良い物件の情報を欲しいと思うのは当然のことと思います。

しかし、漠然とオススメをとお伝えいただくよりも、「こういう物件、こういう条件に合う情報があったら」と具体的、明確にお伝え頂いた方が、ご紹介しやすく、結果的にオススメ情報を得ることができます。

冒頭のような発言の場合、状況や事情など、もっと言えばお客様の印象などにより、営業担当者の熱意も変わり、その後の連絡が一切ない、ということもあります。

それならば、担当者が判断しやすいように「この条件!」と遠慮なく言い切った方がよい結果に繋がります。


これと同じような話で「掘り出し物があったら教えて」というのもあります。誰しも、有利な条件で購入したいというのは共通です。

しかし、相場よりも割安な物件があれば、不動産会社かその関係者が購入します。情報をいち早く得ることができるのですから当然です。

では、一般の人が掘り出し物に巡り会うにはどうすればよいのか。

単純には、売り出されている物件に値引き交渉をして、掘り出し物にしてしまうこと。たまたま、早く売らなければいけない事情や状況などから、思った以上の交渉結果が得られ、結果的にお得になったとする。

もう一つは、物件の見方を変えてみること。

土地価格のみで販売されている古家付の売地や中古住宅を購入し、建物をしばらく利用する、生き返らせて価値をつける。

内装状態がよくないマンションを購入して、リフォームして生き返らせる。イメージが良くないと販売が思うようにいかず、割安になることも。


オススメ情報、掘り出し物を、労力なく、他人頼りで、巡ってくることはありません。なにかしらのリスクを背負う、労力をかける、考え方を転換するなど、工夫が必要になります。

これを一般の方が独力で行うには、少しハードルが高く、時間や手間も難しいことがある。ここにプロの出番があります。

スキルや意識など信頼出来るプロを見つけ、上手に活用することが購入成功の秘訣。オススメ情報、掘り出し物に出会えることになります。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ