不動産・住宅・住まいの探し方:良い物件に出会うために(12.11.11)

良い物件とは、物件の性能比較による優劣ではなく、自分や家族の生活と相性が良い物件である。

どんなに眺望が優れた高層マンションでも、価格が高い、庭が欲しい、のどかで緑豊かな場所で暮らしたい、など、性能面で優れていても、希望や生活に合致していなければ、良い物件とはならない。

不動産情報を集めるのは、一昔前と違い、不動産会社を数多く回らなくても、折り込みチラシ、住宅情報系の雑誌、インターネットなど、情報化時代の進展とともに容易となった。

しかし、無機質な情報が羅列されている物件情報だけを見ても、自分たちにとって良い物件かどうかは判別できない。山のように数を集めたとしても、良い物件には巡り合えない。(運よくはあり得る)

不動産情報を集める前にしなければならないことは、自分たちの希望条件を整理する、資金などの購入状況を確認する。この事前準備がとても大切である。

希望条件の整理とは、通勤や生活の利便性、住環境などから探すエリアをリストアップする、一戸建てなのかマンションなのか、新築なのか中古なのか、生活スタイルやイメージから検討する、ことなど。

購入状況とは、自己資金や住宅ローンの購入資金、返済開始後の家計といったお金のこと、現在の住居、家族のことなどから、購入するタイミングなど。

これらのことを、自分の頭の中で考え、家族で話し合い、希望条件を整理し、さらに、必須となる最優先事項、希望となる優先事項の他、気にしなくてもいい事項など、順位付けをしっかりすることが肝になる。

この希望条件の整理に加え、資金計画や購入のタイミングなどが決まれば、不動産情報を集め、候補となる物件を選定していく。

可能性がありそうな物件をリストアップするより、ダメな物件を切っていくスタイルの方がおススメ。

不動産情報の選定作業までは、不動産業者が関わらなくても、ご自身たちでできなくもない。しかし、視点が狭くなること、現実の状況に即していないこと、など危ない面もある。

ご性格やお考え方により、好まれるかどうかはわからないが、希望条件の整理、購入環境の確認などに、プロが関わるようにしたい。

感情が入らず、客観的な視点で、多くの経験から広く深い視野で、住まい探しがぐっと深まること間違いない、と言い切りたいが、担当者次第なのが実情。

お客様第一、と高らかに宣言している会社が多いが、言わなくても当たり前のこと。売上至上主義のバリバリの販売会社よりも、対話を大事にする会社や担当者を選びたい。

人を見る目はお任せです。あえて、判断の目安を言えば、しゃべりっぱなしの人、長所・良いことばかりを言う人、ノルマに焦り熱く前のめりになっている人、任せてください・頑張りますと精神論を言う人は、避けるべきでしょうか。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ