不動産・住宅・住まいの探し方:中古住宅の利点と問題点(11.05.29)

諸外国と比べ、中古住宅の流通量が格段に少ない日本。建物の資産価値の目減りが豊かな家計の形成を阻害している一因にもなっており、現在、国は、新築偏重主義から中古住宅にも目を向け始めました。

その動きを見て、不動産業界でも、中古住宅への意識を高め、ビジネスにつなげようと動いております。(諸外国の中古住宅流通比率:60~80%、日本の中古住宅流通比率:10%ちょっと。)

中古住宅の良さは、なんといっても価格が第一に挙げられます。同じエリア、同じ広さであれば数段安い。同じ予算であれば都心に近づける。同じような住まいで、毎月の返済などの負担が軽く済む、など、不確実性な時代にリスクが軽減できる。

また、仮に、今回のような大震災で、住宅が被害にあっても、当初の投資額が小さいため、その後の立ち直りも比較的に容易である。同じ理由で、収入の変化(減少)にも耐えられる余力があることになる。

中古住宅の問題点としては、自分のオリジナル(希望)が反映されづらいという面があるが、これは、注文住宅にこそ劣るものの、おなじようなデザインや仕様の新築分譲住宅では、そう変わらないのではないか。

問題点は、住宅そのものよりも、現在の中古住宅市場の環境にある。現在新築されている建物は、さまざまな取り組みの結果、高品位で耐久性にも優れているが、この高品質な建物が中古住宅市場に出回ってくるまでには、今しばらく時間を要する。

現在売り出されている中古住宅は、絶対的な量も不足し、築年数にもよるだろうが、品質は劣る、もしくは、品質が不透明でわかりづらい。この傾向は、戸建のほうが、マンション以上に顕著である。

今後、高品質な住宅が多く形成され、それが中古住宅として売り出されてくる量が増加し、さらに、メンテナンス履歴などの品質が透明化されてくれば、今以上に、中古住宅を選択できるような時代になると思われます。

日々流れてくる不動産情報に目を通していて、「(中古住宅の資料を見ながら)これはいいんじゃない」と思う機会が増えてくることを願います。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ