不動産・住宅・住まいの探し方:マンションか、一戸建てか。(11.01.30)

賃貸か購入か、と並び、住宅購入の際、究極の選択シリーズの定番「マンションか戸建か」。この他の選択シリーズをあげてみると、新築か中古か、変動か固定か、建売か注文か、などでしょうか。

今回のテーマを考えるあたり、身も蓋もないことをいえば、どっちが正解というのはない、住まいの種別で優劣がつくことはないということです。それぞれの良し悪し、良い面の裏には悪い面があり、議論をしても平行線のままです。

マンションの良さをあげてみると、都心や生活の利便性が高い、管理を任せられて楽、防犯面で優位、眺望が良い、ワンフロアの動線、など。

一戸建ての良さは、日照や通風を確保しやすい、隣家との干渉が少ない、クルマとの連携が楽、自宅を思う通りに使えたり変えたりできる、土地の価値が残る、など。

それぞれ、予算や個々の物件により、良し悪しが入れ替わったり、また、良さの裏返しに短所となる場合もあります。必ずしも、上記を満たすとはなりませんが、イメージとしてはこんな感じでしょうか。

この長所(短所)を考慮して優劣を考える際、なにかしらの基準を持たなければ判定できません。その基準は、実際にお暮しになる方の生活や価値観などです。

共働きのご夫妻であれば、都心や駅に近い利便性重視、留守がちな生活から防犯重視となり、マンション向きかもしれませんし、自然に囲まれのびのびと子供を育てたいご家族なら、郊外の一戸建てかもしれません。

マンション、一戸建て、このどちらがいいか、ということより、どちらが自分たちに合っているか、ということです。だから、他の方が何を言っても、それはその方の基準ですので、違う方には当てはまらないこともあります。

もちろん、暮らしたいエリア、購入後のご生活を考えた資金計画との兼ね合いもあります。最終的には、住まいそのものに加え、地域、予算の3つを総合的に考える必要があり、そのうえで、住まい探しを始めることが肝心です。

親族、知人、友人だと、客観性よりもその方々の主観が入りがちですので、客観的な意見を聞いて検討されたい方は、弊社のような住宅購入相談を受けてくれるプロに相談してみるとよいかもしれません。

余談ですが、先日ご契約頂いたご夫妻は、共働きのため、両家のご両親全員から、マンションの方がいいだろう~、と当然のご意見を頂いておりましたが、ご本人の一戸建て志向を尊重し、かつ、マンションの良さも兼ね備えたお住まいをご購入されました。なお、当然ですが、予算は予定よりも超過しております。(ご返済計画には無理がありません)



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ