不動産・住宅・住まいの探し方:絶対的に評価した判断(10.07.17)

住まいの購入など、大事なことを決めるときになればなるほど、どれを選ぼうか大いに迷ってしまうものだと思います。購入を判断する場面に立ち会っていると、ほとんどの方は、さまざまな要素を比較検討し、相対的な評価による判断をしています。

土地の場合に当てはめてみると、

A「とにかく敷地が広い、日当たりがよさそうだが、駅から遠く、生活施設からも遠い、価格は安め」
B「駅が近く、生活施設も整っているが、日当たりはわるそうで、価格も利便性が高い分だけかなり高め」
C「駅から少し離れるが、生活施設からそこそろ近く、敷地もほどよい大きさで、平均的な価格」
D「駅から離れるが、生活施設も整った閑静な住宅地、敷地は少し広めで、価格も少し高め」

というように、それぞれの基準について個々の選択肢を評価し、最後に総合的な判断を考えます。上の例の場合、“特に悪いところのない”Cが選ばれがちです。Cを営業的に表現すると「バランスの取れた物件」ということ。言いかえれば無難。さまざまな要素を分析して、最終的には要素の多数決で「こっちを購入しよう」という結論になるわけです。

しかし、この方法には問題があります。多様な生活スタイルと価値観など、さまざまな要素が比較検討されるため「最も無難で、特徴のない選択肢が選ばれてしまうこと」ことと、高額で高度な要素の比較となるため「複雑になりすぎて、決められなくなること」です。

それでは、この相対的な評価による判断のほかに、どのような判断の仕方があるのか。それは、一点豪華主義のように、ある要素を絶対的に評価した判断です。

絶対的な要素で選ぶ場合、いちばん無難なCは、選択肢から外れ、敷地の広さ(価格)を重視したAか、利便性を重視したBか、住環境を重視したDのいづれかから、一番重要な基準に優れている物件を選びます。

自分たちにとって大事なのは、広さ、利便性、環境のどれだろう?という点を突き詰めて考えます。そして自分たちにとって最も大事な選択基準を明確にできれば、迷わない選択ができるようになります。

さまざまな要素が絡む住宅を決めるには、比較要素がやたらと多くなり、高額な買い物で、やり直しがしづらいことから、どれも捨てがたくなりがちです。

しかし、このような高額で比較要素が多い複雑な判断の住まいこそ、自分たちが一番大事だと思うポイントで判断する必要があります。

よく、住宅探し(不動産購入)は、結婚に例えられますが、

A:仕事が忙しく、家庭の時間は少ないが、高収入
B:安定したそこそこの収入で、家庭的だが、大人しくて内向き
C:明るく社交的だが、付き合いなどで、出費が多く、自分の趣味が最優先
D:のんびり気ままで気楽だが、世話を焼かせるイケメン

もし、あなたが結婚相手(旦那さん)を選ぶなら、どのようなタイプを選びますか。

おそらく、無難なBの方を選ぶ方も多いと思いますが、収入のA、楽しいC、かっこいいD、という選択をする方もいるでしょう。100人が100人、同じ基準を選ぶことはないはずです。住まいも同じように、一番大事な基準で判断するということがあってもいいのではないでしょうか。

住まいも結婚も、ひとそれぞれ、いろいろな考え方があってもいいと思います。自分の人生なのですから、他の人の選択や一般論で語られていることに囚われすぎないことも大事。もちろん、無難という選択、バランスという選択もありです。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ