不動産・住宅・住まいの探し方:土地探しのフライング(09.10.12)

3連休はいかがお過ごしでしたか。私は、先日のSWほど、皆さまお出かけにならなかったのか、時間が余らない程度には依頼がございました。

毎週、同じような流れで過ごしますが、週明けは、週末の打ち合わせに基づいて、フォロー業務が多くなります。

先ほど、3連休最後の依頼が終わり、さて、明日からの準備でもしようかと思ったときに、大手建売業者の方から、「売れて売れて、在庫がないので、土地を仕入れたい」との連絡が入りました。

先日発売された東洋経済の不動産市場分析記事でも、新築戸建て市場では、販売計画棟数を大幅に上回るペースで売れているとの内容。

これを裏付けるような結果となりました。


また、一週間ほど前、木曜日に売り出された土地を、週末にお客様へご紹介し、一緒に現地に行ったら、やはり、知り合いの建売業者の方が現地にいらっしゃって、いや~な予感がし、恐る恐る、どうしたのか尋ねてみると、「ここ買うことにしたんですよ」と。

確かに、売れそうな条件が整っており、土地そのものは、仕入れをしても間違いはないと思いますが、市場に出ている価格、一般の方が検討するような価格で、建売業者が買うなんて。そこまで在庫がないのか、と、不思議な感じです。

数年前もありましたが、こういう状況になると、一般の方の土地探しは難航します。

価格面では、以前のように地価が吊り上がっていくことはないと思いますが、土地検討の時間は競争になります。

建売業者の場合、売れるかどうかだけの判断であり、たくさんいるお客様の中で誰か一人だけでも、ここで暮らすことを希望すればいいだけですから、購入のハードルはぐんと下がります。

一般の方と比較すれば、この土地でいいのかな、と悩むことは当然で、スピード勝負になったら、建売業者には敵いません。

※資金面での悩みも一緒です。

くれぐれも注意しておきたいのは、このスピード勝負に挑まないこと。早くしないと売れちゃう、と焦って購入し、暮らした後に後悔するのは最悪です。


でも、良い土地が早く売れてしまうことには、何かしらの対処はしないといけないわけですが、これはフライングするしかありません。

フライングと言っても、土地情報の入手を早めるということではありません。早く入手すれば、それだけリードできるのは確かですが、日々、業務として土地探しをしているプロに、一般の方が仕事をしながら敵うわけがありません。

フライングとは、検討できる内容を、土地の情報を入手してからではなく、土地探しをする前から行っておくことです。

検討できる内容とは、資金計画、探すエリア、希望する条件、弛めてもいい条件、親御さんへの確認や相談、建物のプランや依頼するメーカー、などです。

土地の固有の要素は、土地情報の入手をしてからでなければできません。これは仕方ないですが、これ以外の内容を、情報を入手し、現地を確認してから、ようやく検討するのでは、時間がかかります。

・検討すべき内容を検討もせず買う・・×
・予め検討できる内容は検討しておく・・○

具体的な土地がない時の方が、冷静に、焦ることなく、考えることができます。

土地を見てから検討すると、土地が気に入っちゃって、土地を買うという結論を出すための検討になってしまいます。

物事なんでも、導きたい結論があったら、理由なんて、どちらにも考えられるものです。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ