不動産・住宅・住まいの探し方:担当者とのコミュニケーション(08.11.21)

大勢の方がそれぞれに異なる担当者から住まいを購入している。 購入をするという大きな決断をするには、 担当者との良い関係が築かれていなければならない。 信頼関係のない担当者から購入するということは、皆無と言っていいのではないか。

このことを考えると、不動産営業に携わる人は皆、 信頼できる良い担当者となるのだが、現実的にそう言われることはない。 これは、ある人にとっては良い担当者でも、 違う人にとっては良くない担当者となってしまうように、 顧客によって異なるからである。

信頼を得られる担当者は、他の人からも信頼を得られる可能性は高く、 周りの評判で判断するのも一理あるが、周りの判断よりも、 主役である自分自身から見て良い担当者は誰?と判断した方が良い。

自分自身にとって良い担当者となるのは、もともとの相性などもあると思われるが、 それ以上に、担当者と出会ってからのコミュニケーションによるところが大きいと思われる。 言葉を変えれば、コミュニケーションで良い担当者に育てるもの。

担当者は不動産のプロであるが、不動産のことなら何でも解決できるほどの万能ではない。 地域、種別、態様など、それぞれに得意分野が複合的に絡み合い、担当者の個性を形成している。 例えば、都内・事業系の賃貸物件に強いプロに、 千葉の自宅用の中古マンションの購入を依頼しても、うまくいかない。

不動産のプロだからと丸投げするのではなく、目の前にいる担当者が 自分たちの求める分野を得意としているのかを見極めること。 それを知るためにも、余計な気を使わず、自分たちの状況や考え、 他の会社に依頼していることや具体的な情報提供・物件の見学などをしたことも、 包み隠さず伝えることが大切になる。

自分たちの住まい探しに一生懸命であることが担当者に伝わると、 担当者としても一生懸命お手伝いしようとなるのも事実。 担当者といえども人間なので、信頼や感謝をされると、 さらに、きちんと対応しなければという緊張感も生まれる。

このようなコミュニケーションから、良い担当者は生まれるのである。 不安があれば正直にぶつけ、疑問があれば聞いてみる。 あるべき姿ではないのかもしれないが、担当者に決め細やかな配慮を期待するよりも、 先に自分から情報提供することが成功の秘訣である。

逆に、依頼する不動産会社や担当者をコロコロ替えるのは良くない。 やはり担当者は人間であることから、「他からも情報提供されているだろう」 「うちには頼まないのだろう」と思ってしまうのも事実で、 情報の継続性はなくなるし、対応そのものが雑になってしまう。

不動産業界は社員の出入りが激しい業界で、 良い担当者に育つ確率が悪い人は辞めていくことになる。 出入りが激しいのは入ってくる人も多いが辞めていく人も多いということ。 目の前にいる人物が誰でも良い担当者に育つとは限らないという事実でもある。 もともとダメな人をお客様に育ててもらうというのは筋違いである。 ダメだなと思ったら粘らずに切り替えることも大事。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ