不動産・住宅・住まいの探し方:担当者に「希望する物件はない」と言われた(07.12.07)

購入希望者を前に担当者が口を開きます。「残念ですが、ご希望に適う物件はありません」言うのも聞かされるのもつらいですが、本当に希望する住まいは存在しないのでしょうか。


実は、不動産の世界では「物件がない」という言葉には三通りほどの意味があると考えられます。

一つ目は「今、売り出されていない」
二つ目は「希望する予算ではない」
三つ目は「物理的にない」というものです

もしかすると、「あなたのような購入希望者の担当はしたくない」という意味で使われているのかもしれません。


要は、担当者が「物件がない」と口にしている真意を探らなければならないということです。


もちろん、他の会社や担当者に聞いてみるべきですが、その前に「物件がない」と断言した担当者に「ほんとに物件がないのですか」と、しつこく聞いてみることです。


この問題に関して、購入希望者の立場になって考えてくれる担当者であれば、希望条件の整理、精査、優先度合いなどをトータルで考えてくれます。

担当者の「物件がない」という言葉にあきらめないことが大切です。

なお、今はないという場合は、待つか待てなければ条件見直し。物理的にないのであれば、どんなに優れた担当者でもダメです。

※このコラムは長文のため、読みづらいことが予想されましたので、内容を大幅に割愛し、まとめた内容となっております。全文を読みたい方のために全文をご用意しました。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ