不動産・住宅・住まいの探し方:不信感を持った会社から別の会社へ(07.12.05)

なかなか住まい探しが進展しないので別の会社へ依頼したい。こういうときにも、担当者がどんな気持ちなるかを考えて、伝え方を工夫しなければなりません。


今まで担当していた担当者は、購入希望者を放そうとしないことがあります。担当者から「なんとかします」と迫られれば、購入希望者はなかなか嫌だといえません。


しかし、嘘も方便です。親の知り合い、会社の提携、知人の紹介などです。いくらでも言い方はあります。

担当者との関係がこじれそうであれば、住まい探しを中断すると言う手もあります。こう持ちかけると、たいがいの担当者は解放してくれます。


いずれにしても、会社を替えたいと考えるときは、担当者に対して不信感を持っているときです。

相性の悪い担当者と無理して付き合うことはありません。思い立ったら遠慮せずに行動すべきです。それが住まい探しの近道です。

※このコラムは長文のため、読みづらいことが予想されましたので、内容を大幅に割愛し、まとめた内容となっております。全文を読みたい方のために全文をご用意しました。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ