不動産・住宅・住まいの探し方:担当者を真剣にさせる「住まい探しシート」(07.12.01)

メモを作ったら、自己の住まい探しシート作成に挑戦してください。

家族全員の生まれてからの住宅履歴(住んでいた場所や住まい)から始まって、通勤・通学先、実家、出身、家族などの状況。年収、勤続歴、自己資金、資産などの資金計画。生活習慣や求める環境イメージ、教育や老後に対しての考えなどの生活スタイル。


しかし、ここまで手間を掛けるのが大変であれば、手軽な方法もあります。


不動産会社に問い合わせをすると、不動産の概略をまとめた資料(通称:販売図面)が送られてきます。

そこに、自分たちにとってのいい点、悪い点をチェックしておきます。

さらに、なぜ自分たちにとっていいのか、悪いのかを一言メモしておくとより効果的です。

その内容を見て、担当者はどういう住まいを求めているのか、どこに問題があるのかなどを探ることができます。


ここで一つ一つに対して親切に対応してくれたら、自分たちのことを考えてくれている担当者だと考えていいでしょう。


その後、改めて紹介・提案された内容に希望との相違が生じたら、改めて対話をしてみるのも一つの手です。

担当者に電話・メールなどでも構いません。思ったままに伝えてみましょう。その際に、担当者からの助言を求めると、次回以降の住まい探しもスムーズになります。

※このコラムは長文のため、読みづらいことが予想されましたので、内容を大幅に割愛し、まとめた内容となっております。全文を読みたい方のために全文をご用意しました。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ