不動産・住宅・住まいの探し方:パーソナルトレーナー活用から(06.08.20)

スポーツジムなどで、自分の目的や体質にぴったり合う 特別な運動メニューを求めて「パーソナルトレーナー」を 活用する人が目立ってきたとNIKKEIプラス1に紹介記事が掲載されました。

記事を読んでみますと、プロの運動選手の間で使われていた パーソナルトレーナー(個人指導)が一般にも広がり、 サービス向上を目指した企業の動きも出てきた。

費用はコースで受ける時は月2回で月会費2万円前後。 オプションで頼むときは1時間1万円弱。

東海大学の久保明教授は「受け手からのオーダーメードで医療や 疾病予防の方向を決める手法が現在ひとつの流れになっている。 トレーナー需要も、この反映だろう」と見る。

日本パーソナルトレーナーズ協会の吉永孝徳さんは 「トレーナー次第で結果は変わる。その人の心や考えに踏み込む能力が大切」と 指導者選びの重要性を強調。ポイントは、1.雰囲気 2.経歴、資格、指導歴 3.得意分野 4.初回のカウンセリングと料金

この記事を読んで、これからの住まい探しもこんな感じになるんだろうなと思いました。 この記事を将来の住まい探しに置き換えて考えてみますと次のような感じでしょうか。

不動産会社などで、自分の目的や生活にぴったり合う住まいを求めて 「パーソナルアドバイザー」を活用する人が目立ってきた。

FPなどの金融業界で先行していたが、不動産業界でも サービス向上を狙った動きが出てきた。

建築設計でも、依頼主からのオーダーメードで住まい方向性を決める手法が 現在ひとつの流れになっている。アドバイザー需要も、この反映だろう。

アドバイザー次第で結果も変わり、アドバイザーのスキルとして、 その人の心や考えに踏み込む能力が必要である。このアドバイザー選びがとても重要。

アドバイザーを選ぶポイントして

 1.相手の雰囲気
  ゆとりがあること。同年代であれば、同じような家族構成、住まい。

 2.住宅業界歴・資格・アドバイス歴
  業界でのキャリアや資格で信頼度とスキルの目安になる。

 3.得意分野、得意地域
  自分の求める住まいや地域が得意なアドバイザーを選ぶと良い。

 4.初回のカウンセリング
  初カウンセリング時に相性を重視し、自分の目的や考えを理解して
  もらえそうかをじっくり確認。合わない時は遠慮なくチェンジを。

健康はとても大事な基本です。住まいのとても大事な基本です。 この大事なことに費用を掛けてでも、自分に合ったものを求めていく傾向や意識、流れはとても良いことだと思います。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ