不動産・住宅・住まいの探し方:土地・地域の見方(06.03.12)

各地を歩き回り、司馬遼太郎氏からも敬愛された民俗学者宮本常一が 父から送られた言葉・教えに、土地や地域を見る際に役立つ言葉があります。

1.汽車に乗ったら窓から外をよく見よ、田や畑に何が植えられているか、 育ちがよいかわるいか、村の家が大きいか小さいか、瓦屋根か草葺きか、 そういうこともよく見ることだ。 駅へついたら人の乗りおりに注意せよ、そしてどういう服装をしている かに気をつけよ。また、駅の荷置場にどういう荷がおかれているかをよく見よ。 そういうことでその土地が富んでいるか貧しいか、 よく働くところかそうでないところかよくわかる。

2.村でも町でも新しくたずねていったところはかならず高いところへ上ってみよ、 そして方向を知り、目立つものを見よ。峠の上で村を見おろすようなことが あったら、お宮の森やお寺や目につくものをまず見、家のあり方や田畑の あり方を見、周囲の山々を見ておけ、そして山の上で目をひいたものがあったら、 そこへはかならずいって見ることだ。高いところでよく見ておいたら道に まようようなことはほとんどない。

3.金があったら、その土地の名物や料理はたべておくのがよい。その土地の暮らしの高さがわかるものだ。

4.時間のゆとりがあったら、できるだけ歩いてみることだ。いろいろのことを教えられる。

 (中略)

10.人の見のこしたものを見るようにせよ。その中にいつも大事なものがあるはずだ。あせることはない。自分のえらんだ道をしっかり歩いていくことだ。

引用元:宮本常一『民俗学の旅』

時代背景の違いもあり、言葉はあてはまらなくても、根本は変わらなく、 とても参考になる内容です。現代風、土地見学風に直してみますと、 風景や人を見てその地域を知ること、高いところ(地図も参照)から 大きく全体を見ること、五感などをフル活用して感じることとなるのでしょうか。

そして、最後の言葉は、住まい探しの基本に通じるかもしれません。



住宅購入サポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ